「マジンガーZ」や「デンジマン」の歌も……小池一夫のもうひとつの偉業

「マジンガーZ」や「デンジマン」の歌も……小池一夫のもうひとつの偉業

パリで開かれる「キャラクターアート MANGA パリ展」発案者で漫画原作者の小池一夫さん(2008年04月14日) 産経新聞社提供

『ルパン三世』(’67年)の原作者、モンキー・パンチの訃報から数日と空かず『子連れ狼』(’70年)の原作者・小池一夫の訃報が届いた。新元号の令和を前に、二時代前となった昭和の大作家が二人も続けて亡くなったことで、つとに「昭和は遠くなりにけり」の感を強くする。

 去る2019年4月17日、漫画・劇画原作者、作詞家として著名な小池一夫が逝去した。死因は肺炎。満82歳だった。小池は1936年5月8日生まれの秋田県大仙市出身。本名は俵谷星舟、旧名は俵谷譲。モンキー・パンチは絵とストーリーの両方を描く原作者だったが、小池一夫は漫画・劇画の設定とストーリーを担当する、言葉の意味合いどおりの原作者だった。

 先に『巨人の星』(’66年)や『タイガーマスク』(’68年)等で世を席巻した梶原一騎ともども“漫画(劇画)原作者”の知名度を上げ、広く世間に浸透させた。“一夫”の筆名は1976年からでそれまでは“一雄”名義で筆を執っていた。後進の育成にも力を注ぎ、幕末の思想活動家・吉田松陰の私塾・松下村塾にちなんだ“劇画村塾”を開設。高橋留美子、原哲夫、堀井雄二、さくまあきら、山本直樹らの才能を輩出した。その業績の多くは先の『子連れ狼』を筆頭に『御用牙』(’70年)、『修羅雪姫』(’72年)、『弐十手物語』(’78年)など主にアナーキズム溢れる時代劇作品に集約されるが、そのいずれもが幾度も映画やテレビドラマ化され、映画監督のクエンティン・タランティーノやジョン・ウーなどに世代・国境を超えて愛され続けている。

■小池一夫のもう一つの“顔”

 そんな原作者・小池一夫には作詞家の顔もあった。大ヒットしたテレビ時代劇『子連れ狼』の主題歌も小池の作詞だ(小池一雄名義)。とりわけ吉田正・作曲、橋幸夫と若草児童合唱団の歌唱による第3部の主題歌「子連れ狼」は大ヒットした。なかでも「しとしとぴっちゃん」というフレーズは当時の流行語にもなったが、そぼ降る雨を擬音と効果音の口述で表現したそのフレーズは、同時に今日も父親の生還を信じて待つ幼い大五郎の心情をも表現しており、作家・小池一夫(雄)の底力を世に知らしめた。なお、歌詞の2番は「ひょうひょうしゅるる」で3番は「ぱきぱきぴきんこ」。それぞれ風と霜(氷)を表現していた。

 意外に知られていないのが『マジンガーZ』や『電子戦隊デンジマン』(’80年)などのアニメ・特撮の主題歌だ。そんなに数はないが、どれも今なお歌い継がれている名曲ばかり。『マジンガーZ』では副主題歌「ぼくらのマジンガーZ」(歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会)と挿入歌「Zのテーマ」(歌:水木一郎)を作詞した。『マジンガーZ』は’72年に放送され、日本中に一大ロボットアニメーション・ブームを巻き起こした金字塔的作品。“超合金”という名の亜鉛合金製人形や全長1メートルはあろうビッグサイズの玩具「ジャンボマシンダー」は飛ぶように売れた。2018年には新作長編アニメーション映画も劇場公開され、その健在ぶりを示していた。そんな歴史的大ヒットアニメ作品の副主題歌、挿入歌の歌詞も小池一夫の筆によるものだったのだ。

■完成度の高さゆえに……

 じつは挿入歌「Zのテーマ」は当初、主題歌として作られたものが、その詞の完成度の高さゆえに“子供番組の主題歌としてはやや難解”との理由から挿入歌に変更されたという経緯を持つ。小池はそのときの経験を悔しく思い、続編の『グレートマジンガー』(’74年)では「子供にも分かりやすくパンチのある歌詞を」と心懸けて作詞に臨んだ。その結果、見事『マジンガーZ』に匹敵する大ヒット曲となって大いに喜んだ心情を後年自らのエッセイで吐露しており、なんとも微笑ましかった。この『グレートマジンガー』の主題歌「おれはグレートマジンガー」の歌詞では小池が生前一貫して訴え続けていた、“作品の命はキャラクターにあり”が体現されていて興味深い。タイトルどおり「おれは涙を流さない、ロボットだから、マシーンだから」と、主人公の操縦者・剣鉄也ではなく主役メカ・グレートマジンガーの一人称で詞が綴られており、まさしくグレートマジンガーがキャラ立ちしている。「必殺パワー! サンダーブレイク」等のスペックを歌って覚えられることで子供たちに好評を博し、当時は『マジンガーZ』の主題歌以上に大ヒットしたものだ。

■「まさか小池一夫が……」その後も様々な作品の主題歌を手がける

 そして小池は『電子戦隊デンジマン』、『大戦隊ゴーグルV(ファイブ)』(’82年)、『科学戦隊ダイナマン』(’83年)の東映『スーパー戦隊』シリーズ3作品の主題歌・副主題歌も手懸けている。こちらは小池一夫名義。この時代になると“大人向けの劇画原作者”として知られ過ぎ、「まさか小池一夫が子供番組、それも戦隊シリーズの作詞などするはずもない」と、勝手に同姓同名の別人と思い込まれていた方も多いと聞く。『デンジマン』の「戦いの海は牙でこげ」や『ゴーグルV』の「めざめよ若き獅子たちよ」などのフレーズに小池らしさを感じる。なお、『マジンガーZ』の主題歌歌手・兄キこと水木一郎は健在だが、『デンジマン』主題歌「ああ電子戦隊デンジマン」を歌った歌手・成田賢も去る2018年11月13日に73歳で亡くなっている。

 ほかにも特撮ヒーロー番組『宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)』(’71年)の企画立ち上げ時に参加していたり、『電人ザボーガー』(’74年)の原案に名を連ねていたりと、その活躍は原作者・作詞家の範疇にとどまらない。

 人は誰しも別の顔を持っている。偉人の死に際してその別の顔、別の才能を改めて紐解くことも大切且つ必要なことではないだろうか。小池は「Zのテーマ」の歌詞中で「人の命はつきるとも、不滅の力マジンガーZ」と綴っていた。その詞のとおり、たとえ小池一夫が逝去しても、小池作品もまたいつまでも不滅なのである。

(岩佐 陽一)

関連記事(外部サイト)