おばあちゃんとかデブとかブスとかに興奮しちゃうんですよ 水道橋博士×カンパニー松尾×しみけんによる業界ウラ話(3)

おばあちゃんとかデブとかブスとかに興奮しちゃうんですよ 水道橋博士×カンパニー松尾×しみけんによる業界ウラ話(3)

おばあちゃんとかデブとかブスとかに興奮しちゃうんですよ 水道橋博士×カンパニー松尾×しみけんによる業界ウラ話(3)の画像

★(2)よりつづく

「ムラっとびんびんテレビ」をやるのは世間から白い目で見られたいから! 気焔をあげる水道橋博士の芸人・AV論から、カンパニー松尾監督によるしみけんの生き方指南まで。どこに行くかはわからない、AV業界深堀り座談会のその3です。

◆◆◆

■水道橋博士が憧れたAV男優の潔さとは

博士 今、昭和から平成のAV女優の変遷って語られますが、男優も最初は人間のクズというか、変態の極みみたいなのが集まってて……。

松尾 はははは。

しみけん 今でもそうですよ(笑)。

博士 それがだんだん、ヒエラルキー化されて汁男優とか作られたりするんだけれど、俺らのころは無責任の極みみたいなやつばっかが男優をやってた。芸人からすると、芸人よりも、さらにもっと開き直っていて全てをさらしてやっている潔い男たちの集団なんだって思えて憧れたのよ。たけし軍団をこのまま続けようか、それともAV男優になろうかって本当に思ったよ。

*AV男優の世界は下の階層から、エキストラ、汁男優、フェラ男優、男優、印紙男優、トップ男優となる。汁男優は本気でAV男優を目指す人の登竜門になる(しみけん『光り輝くクズでありたい』より)。

しみけん 先輩の話とか聞いているとめちゃくちゃで、とにかく酒なんですよ、出演料が取っ払いだから、もうその日のお金はその日のうちに使っちゃうので、よくお酒を飲んで高円寺とかの駅前で酔いつぶれている。で、本当に酔いつぶれると人って重たいし、みんな無責任だから先輩を置いて帰る。で、キャバクラから出てきた別の先輩がその先輩を拾ってまた飲みに行ったりとか、酒の数珠繋ぎなんですよ。

松尾 言い方は悪いけど、女からも結構搾取してたよ。

博士 当時は、彼らにプロ意識がないからさ、プロダクションが管理してないから。たけし軍団も、AV女優と仕事の絡みがあって、飲みに行こうってなったら、基本的に全員ヤッちゃうのよ。そのころ、たけし軍団はそういう、ヤッてもいい集団だったから。昔はAV監督も女優さんを送っていったらさ、その後はどうしてもヤろうとする。今はスタジオで管理されたセックスをするだけだけど、昔はAV女優と恋愛をしようとか隙あらばヤろうとしていた。

松尾 90年代はそうですね。2000年に入ってきちゃうとだいぶ変わってくる。要するに、ソフトオンデマンドができたのと同じくらいから企業概念が生まれて。エロ本あがりのワンマン社長がやっていた会社が、企業化された。それまでは業界自体が一匹狼みたいな人ばっかりという感じでしたから。

しみけん 時代を区切ると、博士はフィルム、松尾さんはビデオの創成記、ぼくなんかはDVDの時代だから、やっぱり新しいんですよね。ビデオ時代は60分で1本の作品なんですよね。その60分の中に1絡みないし2絡み入れる。ビデオ時代の男優さん、例えば沢木和也さんは展開が早いんですよ。だから、コスプレものなのに、下から上をカメラで煽(あお)ったときにもう裸になってましたから、すげえ早いなあ、と。でもこの方はビデオテープの時代を生きた方だからそうなんだと。

松尾 それを補足すると、ビデオテープ時代は全体の尺が短いんだよね。45分とか60分で1作品なんですよ。90分、120分になるとテープ代が高くなるから。DVD時代になると、120分、130分までは同じ価格なんです。だったら長いほうがいいっていうことになる。

しみけん それでぼくは出てきた男優なので。

松尾 1絡みに35分尺40分尺とか使ってって言われるもんね。いまだに「尺どれくらいですか?」みたいなやりとりが絡み前にあるの?

しみけん もちろんあります。これ全体が何分作品ですか、というのも訊きますし。

松尾 だから今、男優さんがすごいんだよね。男優さんが構成を組み立ててくれますし。時計とか置いとくの? それとも腹時計でやるの?

しみけん 時計を置いとくところもありますし、でも9割は腹時計ですね。

松尾 だよね、自分の感覚で35分とか40分とかのタイミングで。ノーカットだったら、それに応えなきゃならないじゃん。時計を見ている見ていないにかかわらず、この人たち時間通りにちゃんとやるんだよね。1分違いくらいで、ほとんど狂わない。

しみけん 40分で絡みをやってくれと言われたら、39〜 40分の間にはやります。

松尾 だから俺からみれば、今の男優はすごいなと。シビアですよ。

しみけん シビアなほうが乗り越えるときに面白いですからね。500円玉拾ったと思ったらパチスロのコインだったとか、基本そんなすかしばっかりだから。それでも面白いんですよね、すかしたコインが大当たりすることもありますし。

■高橋しょう子からイネヨネまで。男優は逞しく

松尾 乗っかってみないとということね。

博士 たかしょー(元グラビアアイドルで人気セクシー女優の高橋しょう子)ともできるし。

しみけん かと思えば、イネとヨネの双子のおばあちゃんが来たりもするし。そこの温度差が楽しいですよね。男優は逞(たくま)しくないと。

松尾 あのさ、男優も人それぞれだと思うけど、相手がよけりゃいいじゃん。でも仕事だと相手がさ、うん? というときもあるじゃない。男優の立場としては、そういう時しみけんは相手に左右されないようにどうやってるの?

しみけん ぼくはおばあちゃんとか、デブとかブスとかくると興奮しちゃうんですよ。

松尾 そうか―それは強いよね。逆にこんなブスが? というのも絶対あるし、こいつ絶対芯入ってないっていうのもあるじゃん。

しみけん ありますあります。逆にそれも興奮します。芯入ってないのに、ぼくヤレてると思うじゃないですか。

松尾 ああー。

しみけん 芯入ってたらやれるのは当たり前ですから。でもまったく底上げもせずに最初からすごいエンジン積んでるタイプっているじゃないですか。容姿端麗でやる気マンマンで、っていうのが逆にぼくだめです。唯一、完全無比な女の子はだめですね。

松尾 俺もね、入れ乳している子とか整形している子とか嫌いじゃないんですよ、なんでいじっているんだろうこの人、とか思って。車もなんで車高あげたりホイル履かせたりしてるんだろうってなる。やっぱりコンプレックスだと思うんですよ。そういうところを含めると、なんか素の状態よりもちょっとあがっていたほうが、違うほうが面白い。インタビューでは素を出せって言っているから、絡みに関しては矛盾しているんだけど。

博士 そうなの。この人盛り乳しているんだとか、ここ改造しているんだとかさ、なぜするんだという興味がぐっと湧くのは、俺が芸能でずっとやっていることなんだよね。こんな華美な洋服を着て踊ったりして、この人は何のために人を喜ばせているんだろう、芸能ってなんだろうとずっと考えていたから、決して、そういう変身、改造が、悪かろうではなくてそれが面白いの。人間ってなんだ、華美な格好をして、素の自分じゃないものまで装いながら、かぶきたい、人を笑わせたい、人に見せたいという人間の欲求はなんなんだ、と。それを観察して、過剰な欲求を笑っているのが俺たちなんだよ。

松尾 ヅラにしろ整形にしろ、変えていたってよく見ればわかるじゃないですか。わかってしまうのにそれを乗りこえてまでやるという精神性が相当じゃないとだめで、それがなんだろうという興味がある。

博士 マツコ・デラックスなんかは、人と違うというところの異形さを見せて笑われることで、今やメインロードをいっているわけじゃん。それで理路整然と明晰なことを言っていて、そこが芸能として成り立っているからこそ、テレビの需要がある。そんなことを間近で観察しているっていうのが、俺がやっている職業なんだよね。それは面白いね。

水道橋博士(すいどうばしはかせ)
1962年岡山県生まれ。ビートたけしに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、87年に玉袋筋太郎と漫才コンビ・浅草キッドを結成。90年のテレビ朝日「ザ・テレビ演芸」で10週連続勝ち抜き、92年テレビ東京「浅草橋ヤング洋品店」で人気を博す。幅広い見識と行動力は芸能界にとどまらず、守備範囲はスポーツ界・政界・財界にまで及ぶ。著書に『はかせのはなし』『藝人春秋』他多数。

カンパニー松尾(かんぱにーまつお)
1965年愛知県生まれ。87年にAVメーカーのV&Rに童貞のまま入社。翌88年、監督としてデビュー。2003年に自ら「HMJM(ハマジム)」を立ち上げ、社員監督として活躍している。代表作はハメ撮りを駆使した『私を女優にして下さい』シリーズ。『劇場版テレクラキャノンボール』『劇場版BiSキャノンボール』が社会現象といえるほどの一大ブームになった。

しみけん
1979年千葉県生まれ。男優歴19年、経験人数9000人、年間500本の作品に出演する、日本のAV業界におけるトップ男優。ゲイ雑誌「Badi」でグラビアデビュー後、「ザ・ナンパミラクル」シリーズで一躍有名になる。地下クイズ王としても名を馳せる。著書に『SHIMIKEN's BEST SEX 最高のセックス集中講義』『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』がある。

(水道橋博士)

関連記事(外部サイト)