「最高33.2%、最低4.5%」『めちゃイケ』歴代視聴率のエグい振り幅――フジ片岡飛鳥の告白

「最高33.2%、最低4.5%」『めちゃイケ』歴代視聴率のエグい振り幅――フジ片岡飛鳥の告白

フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏

 フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第10回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の10回目/ #1 、 #2 、 #3 、 #4 、 #5 、 #6 、 #7 、 #8 、 #9 、 #11 公開中)

◆◆◆

■「視聴率を獲らなければテレビじゃない」だったら『チコちゃん』も『池の水』も生まれてない

<「楽しくなければテレビじゃない」というフジテレビ80年代のキャッチフレーズ (→#2) をDNAとして受け継いだ『めちゃイケ』はクレームとの戦いの歴史だった側面もある。常に「子供に見せたくない番組」の上位に挙げられていたりもした。>

 ここからはあくまで僕個人の考えですけど、どんなに時代が、とか、どんなにスポンサーが、コンプライアンスがって言われても、自分たちが面白いと思うものっていうのは簡単には変えられないんですよね。もちろん、長い歴史の中ではクレームもたくさんあるし、大人なのにびっくりするくらい怒られたこともあるけど(笑)、そのときは「自分たちが面白いと思うことを表現したつもりが、“突き抜けなかった”」と反省するようにしていました。“突き抜けなかった”、イコール面白さが足りなかった、イコールあまり笑えなかった、イコール後味がよくなかった、みたいな。

 逆に“突き抜ける”というのはどんな感覚か、ですか?……さっきも言いましたけど、僕自身は番組というのは作り手の価値観から始まるべきだと考えています (→#7) 。まずはディレクターの見方とか考え方で「こういうことが面白いと思う」っていうのが投影され、そこに演者やスタッフが共鳴しあって、思いっきり世にぶつけていく。うまくいけばそのオリジナリティが見た人の記憶に残り、うまくいけば「面白かったから次も見よう」という気持ちにつながっていく、みたいなイメージですかね。その“突き抜ける”感じがないと、他の人が作る番組と何がどう違うんだってことになってしまう。

 だから「楽しくなければテレビじゃない」というフレーズを過去のものとして、あまりに軽視するのもどうかと……。というのも、もしその「楽しく」の部分をサボって、「視聴率を獲らなければテレビじゃない」という考え方から番組を作り始めたら、たとえば『チコちゃんに叱られる!』も『池の水ぜんぶ抜く(大作戦)』も生まれてないと思うんですよ。きっとどうすれば視聴率を獲れるかよりも、どうすれば面白くなるかが先にあったはず。もっと細かく言えば「どうすれば自分たちが面白がっていることが“突き抜けて”、たくさんの人にも面白がってもらえるか」と。小松(純也 ※1)がチコちゃんの動きひとつでも「違う!もっとこう!こう面白く!」って自分でやって見せてるのが目に浮かぶ(笑)。

 そういう時間をかけながら、『チコちゃん』も『池の水』もNHKやテレビ東京のひとつのブランドとして認知されていく。それは作ってる側のものの見方や考え方、オリジナリティ溢れる価値観が前面に出ているからこそだと思うんです。『水曜日のダウンタウン』だって決して高視聴率ではないのかもしれないけど、ディレクターの独特な目線を見せてくるから、他局のどの番組とも違うブランド性を感じますよね。きっとそこにはファンが生まれる。ただ、より強く“突き抜けよう”とする感性には、反動のクレームもあると思います。

■「子供に見せたくない番組」なのに子供から人気だった理由

 僕が思うにそういう作り手の感性って、きっと19〜20歳くらいまでに出来上がる。大人になってから磨かれるわけじゃない。どんな部活に入って、どんな先輩がいて、どんな親で、どんな恋人と付き合って、どんな漫画を読んで……みたいなもので決まっていく。で、その自分の感性を信じて演出を突き詰めていけばそこに初めてオリジナリティらしきものが生まれ始める。結局のところディレクターという商売は、最終的に「いかに他人と似てないものを作るか」に尽きる。

 逆に自分の感性に自信を持てずに、番組の会議なんかで「このタレントはみんなが好きらしい」とか「この店はみんなが行ってるらしい」とか「最近、業界では誰もがそう言ってるから」みたいな?……いわば「他者の評価」でものを作るようになってしまうと、タイムテーブルはどんどん似たような顔つきの番組になってしまう。いくら売れていたって長嶋一茂なんか使いたくないというタイプのディレクターがテレビ界にとってはいかに貴重か(笑)…………僕は使いますよ(笑)。面白い人だから。

<「子供に見せたくない番組」というレッテルを貼られ、怒られることも多かったという『めちゃイケ』。実際に2000年に生まれた大人気コーナー「七人のしりとり侍」は、視聴者からのクレームに対応した当時のBPO(現・放送倫理・番組向上機構)の審議の上で、「暴力やイジメを肯定しているとのメッセージを子供たちに伝える」と判断され、テレビ放送の歴史上で極めて前例の少ない「コーナー打ち切り」に(2018年3月31日の最終回では17年ぶりに一夜限りの復活)。
 しかしその反面、岡村の「オファーシリーズ」(→ #2 、 #7 、 #8 )が時に感動的だったり、番組の最後のナレーションがやけに教育的だったり、『めちゃイケ』が子供に優しく寄り添っていた印象があるのはなぜなのだろうか。>

 あの『めちゃイケ』が実は子供たちに優しく寄り添っていた……なんかいい話ですね(笑)。あえて分析するなら、僕の子供の頃の家庭環境が、まあ……いろんな意味で劣悪でして(笑)。ひとりで面白いテレビを見ている間だけ救われていたと言いますか、そのあたりに起因するのかもしれないです。

 寂しいと思っていた子供がゲラゲラ笑ったり、こういう大人になっちゃいけませんよということがあったり、ああ、岡村さんみたいにがんばろうと思ったり。バラエティですから表現方法は色々あっても最後は笑いで、その番組を見た子供の人生がちょっとだけ変われば、それでいいのになあと思いますけど……。

 誤解の無いように言っておきますが、僕は何も「クレーム上等」とは思ってないし、コンプライアンスも大切だと考えています。これだけ敏感な時代に、それを無視してわざわざ笑いづらいものを作る意味もない。「アレもコレもダメ」と考えないで、「アレとコレ以外は全部OK」という発想をすれば今も面白いものは作れるはずで……けど、じゃあ、誰からもクレームが来ないものを作れますかと言われれば、それは別の話。

■最初はわからなかったタモリさんの「臭いだろう?」

 ちょっと前に“変な番組”って表現をしたけど (→#6) 、人から見たら「何、これ?」というのが僕は大事だと思うんです。たとえば「しりとり侍」のゲームが始まるときの「『フォッフォッ、フォフォフォ』って何だよ?」みたいな(笑)。最初は100人見て99人が「何、これ?」と言った後に、少しずつ「え、でも面白いじゃん」となっていくのが理想の反応のような気がして。逆に100人が最初からわかるものを作ろうとすると、さっきの「みんなが好きらしいよ」っていう“オリジナリティの放棄”に陥る気がしますね。

 昨年タモリさんが有働(由美子)さんと『news zero』で対談したときに「わからないことこそが面白い」って言ってましたよね。まさに真理だと思いました。人間、わかっていることはつまらない。

 ……そういえば僕がタモリさんに昔のいいともの遅刻 (→#4) を謝りに行ったときに、六本木のウイスキーバーに連れて行ってもらったんです。あの人はウイスキーマニアだから。で、次から次へすすめられるままのものを飲んでいたんですけど、その中に「ボウモア」というとてもクセのあるウイスキーがあった。僕は飲んだことなかったんですけど、強烈な消毒液みたいな匂い。

「何すかコレ?」って聞くと「臭いだろう?」ってタモリさんが言うんです。「でもこの臭さがいいんだよね〜」って。もうコージー冨田ばりの言い方で(笑)。ただあまりの匂いに正直タモリさんの言っていることはわからなかった。ところが、その夜は他にも美味しいお酒をいっぱい飲んだけど、翌日になっておぼえていたのは、そのクセのある「ボウモア」の味だけだったんですよ。最初は「わっ、臭っ! 何これ?」と思ったはずなのに、今では若いスタッフに「この臭さがいいんだよ」ってすすめてる(笑)。いろんな蒸留所や年代で飲み比べたり、「アードべッグ」や「ラフロイグ」もすごく美味しいし、最初は「タリスカー」ぐらいから飲めば……あれ? 何の話でしたっけ(笑)?

■女子ウケを狙ってみたら、まさかの視聴率4.5%!

<片岡飛鳥は「他者の評価」で番組を作ることは“オリジナリティの放棄”だと強調する。それでもテレビ番組は視聴率を獲らなければならない。そのために自分たちの番組の個性を放棄し、「視聴率を獲りやすい」とされているような企画やキャスティングに目が奪われることはなかったのか?>

 これも誤解のないように、僕、普通に視聴率獲りたいと思ってますからね(笑)。だから『めちゃイケ』も後期はそういうことに陥りがちな瞬間があったんです。街ブラ系の企画をひんぱんにやってみたり、イケメンもたくさん出しといたほうがいいんじゃないのってキャスティングしてみたり。そんなある日に女子力が高いコーナーも作ったほうがいいんじゃないのって鈴木紗理奈MCの「サリナンデス!」って企画をやったら、まさかの視聴率4.5%(笑)。

 紗理奈はすごく一生懸命やってくれたんですけど、おそらく番組にも人格みたいなものがあって、『めちゃイケ』には女子力とか全然似合わなかったんですよ(笑)。実験は大切だし、1個のチャレンジではあったんですが、コアなファンの「いや、『めちゃイケ』に求めているのは、そういうことじゃないから」というのが聞こえてくるような気がした。紗理奈が「スミマセン!」って謝ってましたけど、こっちこそ彼女に土下座して謝らないといけない(笑)。

 でも、そんなダッチロールもさんざんあったからこそ、冒頭で言ったように「これぞ、『めちゃイケ』!」っていう「オファーシリーズ」をやることでようやく最後の「シュウ活」に向き合えたんだと思います (→#2) 。

 そんな「シュウ活」の半年間を過ごした『めちゃイケ』の最終回は、湘南の茅ヶ崎で終わったんですけど、美しい海岸線にサザンが流れる中でエンドロール、番組を卒業した17人が走り去っていく後ろ姿……でも、そこには落とし穴が空いてないと恥ずかしくない?っていうのが、僕の価値観。「なんで最後にまた余計なことするの?」って思う人もたくさんいたと思う。「だからクセが強いって言われるんだよ」みたいな。でも事実、そのクセで長いこと続いてきたんだから。「ボウモア」みたいに(笑)。

■「テレビは、起こっていることを見せるんじゃなくて、起こりそうなことを見せればいい」

<『めちゃイケ』の最高視聴率は33.2%(2004年10月9日放送の「国立め茶の水女子大学付属高校抜き打ちテスト」&「数取団VS氣志團」)。この数字はテレビバラエティ史における歴代視聴率ベスト10で『8時だョ!全員集合』『欽ちゃんのどこまでやるの!?』『笑点』など錚々たるタイトルと肩を並べ第9位にランクインしている。しかし、最低視聴率が4.5%(16年1月30日放送の「サリナンデス!」)だった。いくら長い歴史があるといってもこれだけ振り幅がある番組は例がない。>

 面白すぎるでしょ、29%ダウンは即終わらないとダメ(笑)。結局、今回のようにテレビ番組を振り返って語るのが難しいのは、視聴率っていうのはその時々の水物というか…まあ、少なくとも僕にとっては科学じゃないので。だから、もし今日も視聴率の話をしていたとすればそれはすべて後付けにすぎないんですよ。あくまでも自分が話せるのは、どうやって視聴率を獲ったのかじゃなくて、面白い番組を作るためにどんなことを考えていたか、ぐらいなんです。

 ただひとつ、大先輩の言葉で印象的な表現があって、萩本欽一さんがどっかのインタビューで「テレビというのは、起こっていることを見せるんじゃなくて、起こりそうなことを見せればいい」って言ってたんですよ。ちょっと禅問答みたいですけど(笑)。僕としては、次に何かが起こる“かもしれない”というワクワク感を見せ続けるのがいいテレビなんだと勝手に理解した。欽ちゃんがわざわざ「素人」という不確定要素を使う理由もこのへんのような……「素人」はものすごい失敗をする“かもしれない”ですよね。

 同じように「オファーシリーズ」では岡村の奇跡が起こる“かもしれない”。『イッテQ』のイモトさんの登山には危険がある“かもしれない”。あと年末の『絶対に笑ってはいけない○○』こそ、常に誰かが笑う“かもしれない”ってシステムですよね。

 ただし、“かもしれない”って簡単にはマネできないんだと思います。なんと言えばいいか、その「かもしれない状態」に突入していく番組の現場には、あらゆる想定とか判断とか準備とか、たくさんの覚悟が必要で、そのあたりの演者やスタッフの熱量が画面から見ている人にも伝わるんだ!……とは信じています。ただし「サリナンデス!」に“かもしれない”は無かった(笑)……この視聴率はいつかナンチャンにも謝ります(笑)。

#11 「さんまさんを人間国宝に!」ネット時代にテレビディレクター片岡飛鳥が見る“新たな光”とは?(最終回)  へ続く

#1 『めちゃイケ』片岡飛鳥の告白「山本圭壱との再会は最後の宿題だった」
#2 「岡村さん、『めちゃイケ』…終わります」 片岡飛鳥が“22年間の最後”を決意した日
#3 「早く紳助さん連れて来いよ!」 『ひょうきん族』で片岡飛鳥が怒鳴られ続けた新人時代  
#4 「飛鳥さん、起きてください!」 『いいとも』8000回の歴史で唯一“やらかした”ディレクターに
#5 「160cmもないでしょ?」『めちゃイケ』片岡飛鳥と“無名の”岡村隆史、27年前の出会いとは
#6 「ブスをビジネスにする――光浦靖子は発明をした」『めちゃイケ』片岡飛鳥の回想
#7 「『めちゃイケ』はヤラセでしょ」という批判 フジ片岡飛鳥はどう考えてきたか
#8 「加藤のマラソンが間に合わない…」『27時間テレビ』片岡飛鳥がナイナイの前で泣いた日
#9  「僕が岡村を休養まで追い詰めた…」『めちゃイケ』片岡飛鳥の自責と“打ち切りの危機”

※1 小松純也…1967年生まれ。『ダウンタウンのごっつええ感じ』、『笑う犬シリーズ』などの演出を担当。この春、フジテレビを退社しフリーディレクターに。『チコちゃんに叱られる!』や『人生最高レストラン』などを手がけている。片岡とはお互いが若い頃からの同僚で、一時は管理職としても机を並べた盟友である。

聞き手・構成=てれびのスキマ(戸部田誠)
写真=文藝春秋(人物=松本輝一)

(片岡 飛鳥,てれびのスキマ)

関連記事(外部サイト)