「なつぞら」のウッチャンを欽ちゃんが絶賛 朝ドラ”珠玉の語り8選”

「なつぞら」のウッチャンを欽ちゃんが絶賛 朝ドラ”珠玉の語り8選”

増田明美 ©文藝春秋

 北海道・十勝を舞台にした、広瀬すず(20)がヒロイン・なつを演じるNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」が最高視聴率を更新中(4月17日に23.6%)。放送開始当初から話題となっているのが、ウッチャンこと内村光良(54)の“語り”だ。まだ内村は登場こそしていないが、戦争で亡くなったなつの父親役という設定で、奮闘する広瀬に毎朝エールを送っている。

■「もっと声張って元気にいっちゃってください」

“語り”は朝ドラの見所のひとつ。“語り”を務めたことのある4氏に、当時の思い出と、忘れられない“珠玉の語り部”は誰だったかを聞いた。

 2017年の「ひよっこ」の語りに大抜擢されたスポーツジャーナリストの増田明美氏(55)は、半年間、大好きなお酒を控えたという。

「選手のときは脚さえ痛めなければと思って、脚だけ大事にしてたんです。でも、この語りのときは脚なんてどうでもいい、とにかく口内炎にだけならないようにと体調に気をつけました。スタジオで1週間分をだいたい1時間半くらいで録るんです。物語の邪魔しちゃいけないと思っていたら、ディレクターさんに『もっと声張って元気にいっちゃってください』って言われて、いつもテンションを上げてやっていましたね(笑)」

■亡くなったお父さんの声が天から届いてくるような

“語り”の大役を果すとNHKからの“朝ドラ特需”が待っていた。

「私のマラソン解説は小ネタが多すぎて、NHKからはそれまでお声が掛からなかったんです。でも、『ひよっこ』のおかげで、今ではNHKの駅伝の事前番組や『増田明美のキキスギ?』というラジオ番組をやらせていただいてるんです。本当にNHKの仕事が増えました。ずっと競争の世界にいたので、人の気持ちに寄り添って声を出すということをこれからの仕事でも大事にしたいと思います」

「声に表情がある人が好き」という増田氏が推す語りは次の3人。

「『ちゅらさん』(2001年)の平良とみさん(故人)の語りはドラマに入り込んでいて、あの声に生き様を感じました。温かみとおおらかさが舞台の沖縄にぴったりでした。『てっぱん』の中村玉緒さん(79)も独特の声に存在感があってよかったです。あと、やっぱり今作『なつぞら』の内村さんは上手いなあって。亡くなったお父さんの声が天から届いてくるような。彼女のことをずっと見守っている感じですよね。紅白歌合戦の司会も上手だし、天は二物を与えるんですね」

■落語の“地の語り”と似ていた

 人気アニメ「タッチ」で声優を担当し、2012年の「梅ちゃん先生」で語りを務めた落語家の林家正蔵氏(56)は、こう話す。

「大河ドラマ『真田丸』や、今回の『なつぞら』を手掛けている演出家の木村隆文さんと以前お仕事をしたことがありまして、たまたま私がナレーションをしていたドキュメンタリー番組をご覧になっていたようで、『今度撮る朝ドラと正蔵さんの持っている声の感じがとても合うので語りを引き受けてくれないか』という電話をいただいたんです。私は声優のお仕事も舞台のお仕事もしているんですが、語りということで、お仕事をさせていただくのはとても名誉なことだと思いました。

 落語の、会話の部分ではなく風景を描写したり、登場人物の気持ちの説明を語っていく“地の語り”と朝ドラの語りはとても似ていて、やっていておもしろかったです」

 ヒロインの夫役・松坂桃李(30)とはこんなエピソードも。

「飽きが来ない。それでいて、毎朝さわやかに気持ちよく皆さんがお仕事に出かけられるような、声色を意識したのは覚えています。毎日のようにモニターで松坂桃李くんを見ていたので、ある日、別の撮影所でお会いしたときにすごい親近感があって、思わず『桃李くん!』と私が声を掛けたら、『あっ、師匠!』という感じで返してくれました。打ち上げでしか会ったことがなかったのに、今でも仲良くしていただいてます」

 5月からはBS時代劇「大富豪同心」の語りも務めるという正蔵氏。オススメの語りは選びきれないという。「作品ごとに時代も設定も地域も違い、毎回、作品と声が合っているので、どの語りもすごい」。

■ドラマの現場リポーター的な役割も

 元NHKエグゼクティブアナウンサーの山根基世氏(71)は「天花」(2004年)の語りを担当。ドラマのナレーションでは、2013年の大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)でも話題となった。

「大河ドラマのナレーションなんかはやっていたんですけど、朝ドラは初めてで、緊張感と責任を感じました。でも、語り手として認められたという名誉なことだとも思いました。語りはドラマの中の案内人というか、『ほらほら見て』と、ドラマの現場リポーター的な役割もありますし、主人公がどういう心理でいるのかをしっかり伝えることが大切ですよね。今でも後輩たちが読んでると、『がんばれー』とつい応援しちゃいます」

 山根氏がイチオシに挙げたのは個性豊かな3人。

「『花子とアン』(2015年)の美輪明宏さん(83)は、すごく上手いですよね。あの声で美輪さんの顔が浮かんで、存在感が表に出てくる。アナウンサーはああいう語りはできないし、すると少し違和感が出てしまう。『ひよっこ』の増田明美さんもよかったです。意外性があったし、邪魔にならずにドラマの流れに寄り添っていました。昨年の『半分、青い。』の風吹ジュンさん(66)は自然で癖がない。主人公の祖母としての温かい語りになっていましたね」

■仕事って気分がいいと記憶に残らない

 萩本欽一氏(77)は「ひまわり」(1996年)の語りとして出演。主人公一家の愛犬・リキの心の声という設定だった。

「バラエティをやっていると朝ドラは相当遠い番組ですからね。思いもよらないお声掛けをいただいて、うれしいやらビックリやらで心地よい驚きでしたね。語り手として比較されると、みんなお上手なんで、犬役ということで別扱いしてくれているなと。仕事って苦労すると記憶に残っていくんですけど、気分がいいと記憶に残らないんです。記憶にない番組なので心地よい番組でした。バラエティをやっていますと、オーバーになっていきますので、でしゃばったり、目立っちゃダメよと思ってやってましたね」

 また、現在「なつぞら」にも出演中の、ヒロイン・松嶋菜々子とのこんな一幕も。

「打ち上げパーティに来て下さいと言われて、声の出演だったので目立たないように遅れて行ったんです。一番後ろにいたら、ヒロインだった松嶋菜々子さんがちょこちょこっと歩いてきて、素敵なお顔で『お疲れ様でした』って言ってくれた。まさに“ひまわりのような人だ”と思いました。こんな遠くにまで目が届く人って、素敵な人だなと思いましたね」

■「ウッチャンには拍手を贈りたい」

 そして、同じコメディアンで朝ドラの語りに選ばれたウッチャンを絶賛する。

「僕の中で朝ドラはテレビの最高峰という位置づけ。『欽どこ』(『欽ちゃんのどこまでやるの!』テレビ朝日系)でもドラマパートは15分しかやらなかった。まさに朝ドラの教えをいただいた構成になっているんですよ。

 僕はドラマというのはほとんど見ませんけど、朝ドラに声を掛けてもらえたのは嬉しかったな。同じように、俳優でもアナウンサーでもない、一人のコメディアンとして、ウッチャンが選ばれたことはとても嬉しいし、彼には拍手を贈りたい気持ちなんです。ウッチャンに会ったら、『よかったな! 朝ドラから声が掛かると嬉しいよな!』って、伝えたいと思います。それじゃーね」

■玄人筋のイチオシは……

 ちなみに、ドラマ業界の玄人筋に取材したところ、多くが口を揃えて挙げるのは、「だんだん」(2008年)の竹内まりや(64)と、「ゲゲゲの女房」(2010年)の野際陽子(故人)だった。

「今年でデビュー40周年の竹内まりやさんですが、テレビ出演は滅多にありません。しかし、『だんだん』は舞台が島根県ということで、出雲出身の竹内さんはオファーを快諾。落ち着いた魅力的な声でした。また、野際陽子さんは『ゲゲゲの女房』以外にも、『京、ふたり』(1990年)、『ほんまもん』(2001年)と3作品の語りを務めています。女優としての印象が強い野際さんですが、元々はNHKのアナウンサー出身。深みのある安定した声がドラマを引き立てていて、3作品とも好視聴率でした」(ドラマ業界関係者)

 昨年、一昨年と紅白歌合戦の総合司会も務めたウッチャン。今後、「なつぞら」劇中にサプライズ出演するのではないかと業界関係者は注目しているという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)