【ソフトバンク】「ポスト森福」ホークス嘉弥真新也という男・後編

【ソフトバンク】「ポスト森福」ホークス嘉弥真新也という男・後編

©松中みなみ

 みなさんこんにちは、松中みなみです。

 最近、梅雨を通り越して夏のような天気が続いてますね。屋外の球場で野球観戦される方は熱中症に気をつけて下さいねっ☆

 さて今回は、「ポスト森福」ホークス嘉弥真新也という男・後編をお送りします♪

■嘉弥真「画伯」の衝撃的作品

 軽く、嘉弥真投手とは……をご紹介すると、JX-ENEOSから2011年ドラフト5位で入団した、今年で6年目の27歳。ほぼ同じ身長で、同じ左の中継ぎ投手、さらに今年からサイドスローに転向したこともあり、巨人に移籍した森福允彦投手のポストを期待されてる1人です。

 前編のコラムで、新婚ほやほや嘉弥真投手の奥さまの似顔絵を公開し、さらには今年1月に誕生した長男くんの似顔絵を描いて下さい☆ と無茶ぶりしましたが(詳しくは前編をご覧ください♪)、早速その続きから。

 サイン色紙にマジックで自分の子どもの顔を描く嘉弥真投手。

「あれ……? やばい、これはやばい(笑)。本当はもっと絶対可愛いんですよ!」と何度も念押しされて出来たのがこちらっ♪

 だいぶ肝が据わってそうな男らしい赤ちゃんの絵になりました(笑)

 似顔絵を描きながら解説してくれましたが、髪の毛はけっこうふさふさで顔もはっきり系!

「目は僕似ですね。というか全体的に98%、僕に似てるんですよ」と。

 確かに嘉弥真投手っぽい……よだれかけついてなかったらほぼ嘉弥真投手だ!

 子どもが産まれてから、優先順位が子どもになったそうで、普段からよく遊んだり、お風呂に入れたりと新米パパとして奮闘しつつもかなり息抜きになると、本当に嬉しそうに話してくれました☆

 ……いいなぁ(笑)

 嘉弥真画伯は健在だったということで、無茶ぶりに応えてくれてありがとうございました!

■対左打者を徹底して一人立ちへ

 さて、真面目な野球トークに戻ります。5月に入って、少し左打者に打たれるシーンが目立ち、現在、今季初めて2軍で再調整中ですが、課題は対左打者。

「2軍に落ちたことは悔しいけど、工藤監督の『上を目指してまた上がってこい』というメッセージだと思ってます」

 自分の問題点、やらなきゃいけないことが明確な分、気持ちは前向きで安心しました☆

 左打者対策……。

 ニィニィ(松中信彦)が現役の時、嘉弥真投手に左×左について質問され、「インコースに厳しい球をうまく使ってこそ外の変化球(スライダー)がいきる。ビシビシ厳しい所を攻めないと」とアドバイスしたそう。

 嘉弥真投手が1軍登録を抹消された後、ニィニィと電話でその話しをしてたんですが、「サイドスロー転向1年目だし、まずは慣れ。サイドスローに変わったらより一層、インコースに厳しくいかないといけないから『どれだけインコースにシュートを投げられるか』を意識することが成功への秘訣だな!」と教えてくれました。

 可愛い後輩(カラオケ仲間)をいつも気にかけてるニィニィ。その想いも届きますように☆

 今、1軍での成績は16試合登板して防御率0.71!

 しかし、これに対して嘉弥真投手は「主に、五十嵐投手、岩嵜投手、森投手に助けられた数字。3人には申し訳ないと思ってるし、強くなって逆に3人がピンチの時は助けられるようになりたい。いつまでも3人に頼ってられない、一人立ちしないと!」と力強く話してくれました☆

 まだ負けてる試合で登場することが多いけど、自身の目標でもあるシーズン50試合登板へ着々と前進しているし、サイドスローにより磨きをかけて、また1軍のマウンドでビシビシ相手打者を抑えて「ピンチの時は嘉弥真投手!」と言われる投手になってもらいたいです☆

 そして尊敬する先輩、森福投手を超えて下さい。応援します! みなさんも応援して下さい!

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2647でHITボタンを押してください。

(松中 みなみ)

関連記事(外部サイト)