八木亜希子が語る「壊れた大人がいっぱいいた」バブルとフジテレビ

八木亜希子が語る「壊れた大人がいっぱいいた」バブルとフジテレビ

(c)榎本麻美/文藝春秋

「テレビはつまらない」「テレビ離れ」など、テレビにまつわる話にはネガティブなものが多い。

 しかし、いまなお、テレビは面白い!

 そんな話をテレビを愛する「テレビっ子」たちから聞いてみたいというシリーズ連載の4人目のゲストは、元フジテレビのアナウンサーで、現在はフリーとして活躍する八木亜希子さん。

 報道や情報、音楽、トーク、バラエティ番組はもちろん、朝ドラや大河といったドラマまで、あらゆるジャンルのテレビ番組に出演している「テレビの申し子」と言っても過言でない存在です。

 そんな八木さんに、まずは子供の頃のテレビ体験やアナウンサーになるまでの話を伺いました。

■『翔んだカップル』のエンドロールでやってた「NG集」が大好きだった

―― 子供の頃って、テレビって好きでしたか? 

八木 このシリーズの記事を前もって読んでいたので、その質問くるんだろうなって思って考えてたんですけど(笑)、私が子供の頃は、好きとか嫌いとかそういう概念すらなかったんです。当たり前のようにテレビを見る。一家団欒の中心にテレビがあって、父が阪神ファンだったから、夏のゴールデンタイムはずっと野球がついている。『ザ・ベストテン』(TBS)の時間になると、兄も姉も好きな歌手が違ったから、それぞれ応援したり。姉が絵がうまかったからジュリー(沢田研二)をハガキ10枚綴りで大きく描いて、番組で紹介されてワーッとなったり。それが普通の光景でしたね。

―― クラスではテレビの話とかってしてましたか? 

八木 テレビの話しかしてなかったです(笑)。スポーツも含めて、テレビで前の日に見たいろんな話でみんな盛り上がってましたね。休み時間になると、クラスの中のビューティ・ペアだとかピンク・レディーが現れて、みんなで歌う。あとは漫画ですよね。小学生の頃は「じゃあ私は『なかよし』買うから、あなたは『りぼん』」って、みんなで月刊誌を回し読みしたりしてましたね。高校ぐらいまではテレビが中心でした。

―― 特に好きだったテレビ番組とかってありますか? 

八木 子供の頃は、やっぱり『ベストテン』。あと、今でも鮮明に覚えているのは『翔んだカップル』(フジテレビ、1980〜81年)っていうドラマです。確か映画では鶴見辰吾さんと薬師丸ひろ子さんだったんですけど、それがヒットしてドラマでもやったのかな? その時、エンドロールにNG集が付いてたんです。初めてNG集っていうのを見たのがその瞬間だったと思うんですけどそれがすごく面白くて。

―― 『NG大賞』って、フジテレビが一時期よくやってましたよね。

八木 その先駆けだと思います。それはすごく印象深いですね。あと、『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日)の「クロ子とグレ子(小堺一機・関根勤)」が大好きだったんですよ! だからなんかオマケが好きだったのかもしれないです。オマケって言ったら「クロ子とグレ子」に申し訳ないですけど、番組では前座が終わりでお客さんをあたためるような役回りでしたよね。隅々まで得する感じが好きでした。

―― アナウンサーになろうと思ったきっかけは何だったんですか?

八木 就職試験のときに心理学専修だったんでマーケティングとかそういう方向の会社とか、ミュージカル研究会もやっていたので、エンターテインメント系の会社がいいなって思ったんです。それで、当時としまえんのCMがすごく面白かったり、東京ディズニーランドがオープンしたばかりだったりして遊園地の企画をやる会社に行きたいと思ってたんです。その延長で、マスコミとかテレビ局も受けてみようって思ったんですけど、どちらかと言うと記念受験に近かったんです。それでマスコミセミナーに行ったら、いろんな先輩が講演に来てくれるんですよ。その中でニッポン放送のアナウンサーの方が「アナウンサーはいろいろな人に会えて、インタビューできる仕事だ」って話しているのを聴いて、心理学にも通じるのではないかって思ったのがきっかけですね。

―― アナウンサーという仕事に対するイメージはあったんですか?

八木 全然。露木茂さんと露口茂さんがごっちゃになってたぐらい(笑)。「なんで山さんがアナウンス室にいるんだろう」って。

―― あははは。全局受けたんですか?

八木 TBSはスポーツアナウンサーしか採ってなかったので、TBSは受けず。で、テレビ朝日は試験が遅かったんです。その前に、当時は日本テレビとフジテレビが早めに春セミナーみたいなのをやってたんです。だから、まずは日本テレビ、フジテレビを受けたんです。そうしたら、日本テレビに落ちて、フジテレビで受かったので、じゃあもういいやって、あとは受けなかったんです。

■私の大学卒業公演ミュージカルを見にきてくれた福澤君

―― 当時のフジテレビのイメージってどんなものでしたか? 

八木 フジテレビのイメージは、楽しくて元気っていうイメージ。「ひょうきんアナウンサー」のイメージが強いから、「ひょうきんアナとかになっちゃったりして」みたいなことを、みんながあり得ないこととして言うみたいな感じでした。

 局全体のカラーで言ったら、試験を受けていろんなOG訪問とかをしている時に、「日テレ向きだね」ってよく言われたんですよ。フジテレビは、例えば長野智子さんみたいな、楽しくてたくましいイメージがあったから、確かにフジテレビ向きじゃないって思った記憶はありましたね。あんまり元気もなかったし(笑)。日テレは真面目できっちりしてるイメージ。あくまでアナウンサーのイメージですけど。

―― ミュージカルの道に進もうというのはなかったんですか? 

八木 ないです、ないです! 友達に誘われてミュージカル研究会に入って、2年楽しく過ごしたんですけど、その結果分かったことは、音痴で体が硬いっていうこと(笑)。だから、プロにはちょっと程遠い。だけど、趣味で続けていけたらなっていう思いはありました。

―― 実際、舞台にも立たれたんですか? 

八木 在学中は。1年目、2年目と、卒業公演で。3年の時は心理学専修で、心理学科が結構忙しくて出られなくて。早稲田って演劇研究会はそうそうたる人がいっぱい出てるんですよ。第三舞台が当時一番華やかだった時代。そういう主流の人たちからするとお遊びサークル的ではあったんですけど、それでも公演前になると1カ月とか授業を休まなくちゃいけなくて。「あなた、授業に出るの?」みたいな。授業に出る時は申請してサークルを休む。なんか逆なんじゃないかなっていう(笑)。

―― 同期の福澤朗さんも演劇をやられてましたよね?

八木 彼はもうサークルどころか、「演劇集団 円」でプロの世界に足を踏み入れてたんじゃないですかね。

―― もうその頃知り合っていたんですか? 

八木 就職活動で知り合って。福澤君も日テレとフジを受けてて。日テレの試験の時にはもう会ってたと思うんですけど。で、フジの試験の途中で日テレに彼は受かって、遠くに(笑)。逆に私は日テレに落ちて、フジの試験の最中に面接官に「落ちてしまいました」って号泣するっていう。でも、交流はあって卒業公演とか見にきてくれましたよ。今思うと、「円」だった人がよくあんなひどい舞台を見にきてくれたなっていうか、見させちゃったなって思うけど。彼の記憶から消し去りたい(笑)。

■「今の『が』の使い方は違うね」って教えてくれた逸見さん

―― 実際入られたフジテレビというのはどんな雰囲気でした?

八木 賑やかでしたね。当時、『ひょうきん族』の収録が確か水曜の夜だったんですよ。で、生放送の『夜のヒットスタジオ』もその日にあって、メイク室がすごい賑やかになるんです。その時にうっかりメイク室に行くと大変なことになって。当時、同期の(有賀)さつきが、「『ここには壊れた大人がいっぱいいるんだよ』って上の人が言ってた」って話してくれたのを覚えてますね。「ホントだね」「常識が崩壊しそうだよね」って2人で盛り上がって。私、意外と普通の環境で育ってたんで「ここにいられるんだろうか……」って。

―― フジテレビという環境に不安みたいなものを持ってたんですか?

八木 常に不安を感じてましたね。「私、大丈夫かな?」って。当時って、コンプライアンスっていう言葉がなかったですから。今思うといろんな衝撃的なことがありました。フジテレビの勢いが一番すごい時に入社してるから、たぶん上の人も調子に乗ってるんですよね(笑)。だから、下の人間からすると無謀なことをいっぱい要求されることが多くて。

――ちょうどバブルの時代ですよね、その頃は。

八木 そうなんです。だから、私含めて当時ぺーぺーだった同世代の人たちって、バブルにいい思い出ないんですよ(笑)。下働きでひどいことをいっぱいさせられたし、特にADさんとか本当に大変だったと思う。私たちも無謀な要求とかに葛藤してましたね。

―― 最初の仕事からヒドかったって聞きましたけど。

八木 4月に入社して、5月30日まで研修やって、5月31日にフジサンケイグループのゴルフ大会のプレゼンターをやるっていうのが最初の仕事だったんですよ。その時に「バニーガールの格好でやってくれ」って言われたんです。アナウンス部長もその場で自分で断ってくれればいいのに「どうする?」って。「『どうする?』じゃなくて!」って思いましたけど(笑)。それで同期の3人で相談したんですけど、新入社員だから断っていいのかも分からなくて「せめてテニスウェアなら」みたいな、なんかよく意味が分からないお願いをして(笑)。女性からするとバニーガールとはだいぶ違うんですよね。結局、ゴルフウェアになったので、全然問題なかったんですけど。そういう時代だったんです。

―― バブルの時代ってみんなが楽しかったわけじゃないんですよね。

八木 つらかったです。そういう思い出がいっぱいあって、思い出話は楽しいです。あの世代で会うと、バブルの頃の取材とか、現場でされた無謀な要求自慢になってきたりしますから。「今は絶対あり得ない!」 みたいな感じで。普通に、朝出勤してきたら、玄関に倒れている人がいましたから。で、大丈夫かなと思うと、寝てるんですよ。そういうのがゴロゴロ普通にいましたね(笑)

―― 厳しかった先輩はいましたか?

八木 先輩はみんな厳しくて優しかったですね。怒る時は怒って、でも、普段は楽しくてっていう感じ。試験の時の逸見(政孝)さんが怖かったのは覚えてます。自己紹介でみんな自由に話すんですけど、「今の『が』の使い方は違うね」って言われたりして話すのに緊張しました。実際に仕事をご一緒した時は、ほんわかした雰囲気で楽しくやってくださいました。ご本人はとってもきちんとした方で、後にも先にもそういう人を他で見たことないんですけど、バラエティの生番組で自分のストップウォッチを持ってるんですよ。

―― え、自分専用の?

八木 スタッフの秒出しとは別に自分の時計も見て時間を確認している。「どうしてバラエティでも持ち歩いてるんですか?」って聞いたら、「生放送だから、何かが起きた時に人のせいにしないため」って。

―― へえー、スゴい!

八木 そんな素敵なことを聞きながら、私は持ったことがないっていう(笑)。

やぎ・あきこ/1988年早稲田大学文学部卒業、フジテレビに入社。「おはよう!ナイスデイ」「めざましテレビ」「スーパーニュース」「明石家サンタ」など、報道・バラエティほか様々な番組を担当。2000年3月にフジテレビを退社し、02年結婚、アメリカに渡り、07年に帰国。09年から「BSフジLIVEプライムニュース」でメインキャスターを担当した。女優として『あまちゃん』『真田丸』『カルテット』などに出演。映画『みんなのいえ』ではアカデミー新人俳優賞を受賞している。著書に『その気持ちを伝えるために』。

写真=榎本麻美/文藝春秋

ヘアメイク= 井上まみ

(てれびのスキマ)

関連記事(外部サイト)