シュートが決まったことにはあえて触れない!? バスケットボール中継の秘密とは

シュートが決まったことにはあえて触れない!? バスケットボール中継の秘密とは

松本圭祐アナ。スポーツを仕事にしたいと早稲田大学スポーツ科学部に入学。ラグビー日本選手権での母校の勝利をきっかけにスポーツ実況を志す。

 今はあらゆるスポーツを一日中、テレビやインターネットで見られる時代になった。中でも「激変」が起こったのはバスケットボールの視聴環境だ。

 2016年9月のBリーグ開幕以後、インターネット放送のバスケットLIVE(旧スポナビライブ)を中心に、B1・B2の全カードが放送されている。5月11日に開催されるチャンピオンシップ決勝戦は、NHK総合で生中継も行われる。今夏のワールドカップ、そして2020年の東京オリンピックでも、バスケは広く放送されるだろう。

 そんな時代に、バスケを伝える側は何を考えているのか――。

 今回は松本圭祐アナウンサーに、実況の極意を語ってもらった。彼は野球、ラグビーなど他競技の実況経験も持っているが「バスケ濃度」は放送界でも随一。自らも部活、サークルでプレーを楽しんでいた。

■野球は“間”がある。バスケは“間”がない

 単刀直入に問う。バスケ中継の特徴とは何か?

「野球は決定的に“間”があるんです。でもバスケはタイムアウト、フリースローくらいしか間が無い。資料を見る時間もほぼ無い」

 特に試合の後半は「流れ」以外のコメントをする間が無くなっていく。もっとも間があれば入れたい情報は当然ある。シーズン途中に加入した選手なら、経歴や特徴を伝えねばならない。選手のフリースロー成功率、3ポイントシュート成功率も需要の高いデータだ。

 ただしバスケはとにかくテンポが速いスポーツ。紙をめくって情報を探す時間がない。松本は生年月日、身長体重、出身校など両チームの情報を、極小のフォントで1枚にまとめている。一般人にはとても読めない「プロ仕様」の資料だ。

■シュートが決まってもすぐ次に行く

 サッカーならばアナウンサーは得点者を必ず伝える。しかし松本のバスケ実況は「シュートを打った」を伝え、「決まった」ことは簡単にしか触れない。次のプレーがすぐ始まり、2、3秒で次の得点が決まる場面もある競技だからだ。

 松本は言い切る。

「僕はすぐ次に行きます。手から離れた瞬間に、選手の名前を言えていないと遅れるんです。決まった瞬間に“誰それのシュート”と言っても遅い」

■選手を見分けられるという“特技”

 試合中、松本はモニターでなくコートを凝視している。選手を特定できなければ、お話にならない。2ポイントシュートと3ポイントシュートの判別なら、審判の「指」まで見る必要がある。

 一方で体型や風貌の似た選手がコートに立つと、判別が難しい状況も起こる。外国人選手は特に区別がつかない。しかしNBA、ユーロリーグと世界のプレーも見てきた松本にはこんな特技がある。

「アイドルとかは分からないんですけど、バスケ選手だったら外国人でも分かるんです(笑)。まずはシルエット、髪型……。あとドリブルの突き方が人によって違う」

■解説者に聞くとき効果的な一言

 解説者との掛け合いも大切だ。競技の専門家でも放送に慣れているとは限らない。松本はこんな鉄則を明かす。

「あるディレクターが初めて解説をする人に『ワンセンテンスを短めに』と言っていました。それをやってくれると僕はやりやすい。文章が短ければ次の話題に行くのか、話を膨らませるのかの判断を自分ができる」

 33歳の松本が「話が長いので短めに」と解説者に要求するのは立場的に難しい。しかし彼はこんなテクニックを使う。

「『一番は何ですか』と聞いたら、ポイントを絞った話をしてくれます。『一番を』という聞き方には汎用性がある」

 バスケはまだ放送の「定石」がなく、松本やスタッフは今も様々な模索を続けている。目由紀宏(さっかゆきひろ)氏は彼がオススメする解説者で、中継を録画して言い回しを学ぶことがあるという。NBA中継の英語表現から「パクる」場合もある。

■飲み屋で予習復習の日々

 アナウンサーに限らず、Bリーグの中継を担当するプロフェショナルは、水面下で努力を重ねている。松本は2017-18シーズンまで主に新潟アルビレックスBBの試合を担当していた。彼は当時をこう振り返る。

「金曜に長岡入りして、練習取材をしていました。制作の方も設営などの準備があるので前日入りしています。だから長岡駅近辺の飲み屋で『マイナス第1クォーター』です。試合後の夜はパソコンを持ちこんで、映像を見ながら第5クォーター。スイッチャー、ディレクターなど10人くらいでやっていました」

 試合はもちろん第4クォーターまでだが、プロの努力はその前後にもある。真剣な没頭が放送をレベルアップさせていく。松本に理想のバスケ中継を尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「もっと駆け引きを伝えられたらいいと思います。ただ入った、入らなかったではない“それ以上”を伝えたい。守り方をこう替えたから、このプレーを選びましたとか――。解説者のコメントを拾って、噛み砕ければいいですね」

 松本はこう続ける。

「映像には優位性があります。だから『その場面を見てみましょうか』と拾えれば分かりやすくなる。それをさっと出せるように、制作みんなのレベルが上がればいいと思いますね」

 中継もコート内と同様にチームを組んで行うもの。質を上げるには、そこに携わる全員がバスケを深く知る必要がある。その深さが放送を通して視聴者に伝われば、日本のバスケ文化はより豊かで楽しいものになるだろう。

写真:深野未季/文藝春秋

(大島 和人)

関連記事(外部サイト)