羽生善治は60歳になってもタイトルを獲れるか? 将棋・大山康晴&囲碁・藤沢秀行の“最年長伝説”

羽生善治は60歳になってもタイトルを獲れるか? 将棋・大山康晴&囲碁・藤沢秀行の“最年長伝説”

現在48歳の羽生善治九段。タイトル奪還を目指す ©文藝春秋

 頭脳格闘技の将棋と囲碁。将棋では16歳の藤井聡太から71歳の桐山清澄九段、囲碁では10歳の仲邑菫初段から92歳の杉内寿子八段が現役棋士として戦っている。盤に向き合うものは老若男女を問わず、びっくりするような年齢で記録を打ち立てることも珍しくない。

 昨年、48歳の羽生善治は竜王を失い、27年ぶりに無冠になった。将棋界で最年長タイトルホルダーは、35歳の渡辺明二冠。広瀬章人竜王と佐藤天彦名人は30代、ほかのタイトル保持者3人は20代だ。16歳の藤井聡太がタイトル戦に登場すれば、ますます競争は激化し、百戦錬磨の羽生といえどもタイトル獲得は容易ではない。だが、将棋でも囲碁でも、60歳を超えてもタイトル獲得や棋戦優勝を果たした棋士がいた。

 今回は、将棋と囲碁のタイトル保持の最年少、最年長記録を比較していく。取材に協力してくれたのは、毎日新聞社の山村英樹さん。毎日新聞社(将棋は名人戦・順位戦と王将戦、囲碁は本因坊戦を主催)で将棋と囲碁を担当して、30年以上がたつ。

 まず押さえておきたいのは、将棋界と囲碁界で「タイトル獲得」の数え方が違うこと。将棋界は、8つのタイトル(竜王、名人、叡王、王位、王座、棋王、王将、棋聖)獲得と棋戦優勝を分けて数える。囲碁界は、七大タイトル(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)獲得と棋戦優勝を合わせて計算する。

◆◆◆

■タイトル獲得の史上“最年少”記録は?

将棋→屋敷伸之の18歳6カ月(1990年度前期の第56期棋聖戦)
囲碁→井山裕太の16歳4カ月(2005年度の第12期阿含・桐山杯)

 1989年、羽生善治が初タイトルの竜王を獲得。19歳2カ月のタイトル獲得は当時の史上最年少記録を更新したが、1年もたたないうちに塗り替えたのが屋敷伸之だった。

 1989年、第55期棋聖戦五番勝負で中原誠棋聖にタイトル初挑戦。17歳10カ月でのタイトル挑戦は、現在でも史上最年少のタイトル挑戦だ。五番勝負はフルセットのすえに敗退したものの、第56期も挑戦権を獲得。今度は2連敗から3連勝し、18歳6カ月でタイトルを獲得している。1991年1月、森下卓の挑戦を退け、タイトル防衛の最年少記録(19歳0カ月)も達成した。

 藤井聡太は2002年7月19日生まれで、現在は16歳9カ月。屋敷の記録を更新するには、ここ1年が勝負となる。

■仲邑菫が目指すべき最年少記録は?

「囲碁では、井山裕太四段が2005年に達成した16歳4カ月です。決勝の相手は、数々のタイトルを獲得した小林覚九段。数ある強豪を破っての優勝で、この結果はみんなびっくりしたんじゃないですか。いまでいえば藤井聡太さんの朝日杯優勝に匹敵する活躍です。井山さん本人も、阿含・桐山杯の優勝が飛躍の原点で自信につながったとおっしゃっています。

 ちなみに阿含・桐山杯はエントリー制で、さらにアマチュアの代表選手が20人も出ます。アマチュアに負けると、囲碁の棋士は将棋界以上にダメージを受けますね。教えているところで色々といわれてしまうので。今年はアマチュアが負け越しましたが、勝つときは五分五分くらいまでいったことがあります」(山村さん)

 将棋の棋戦優勝(全棋士参加棋戦)の最年少記録は、藤井聡太の15歳6カ月(2018年の第11回朝日杯将棋オープン戦)。佐藤天彦名人、羽生善治竜王らタイトル保持者を次々と破った。2019年は決勝で渡辺明棋王をくだし、2連覇を達成している。

「参考記録になりますが、囲碁のタイトル獲得で女流棋戦を含めると、2014年に藤沢里菜さんが会津中央病院杯(女流立葵杯の前身)で優勝した15歳9カ月です。また、もし将棋と同じように囲碁の棋戦を七大タイトル戦と一般棋戦にわけると、タイトル獲得の記録は2009年に井山さんが名人戦で達成した、20歳4カ月になります」(同前)

 2016年4月、井山は七大タイトルの独占を成し遂げた。同年11月に名人を失って七冠の牙城を崩されるも、2017年に名人を奪い返し、2度目の七冠独占を達成している。

 藤沢里菜は現女流三冠。史上最年少棋士の仲邑菫も、まずは藤沢里菜の棋戦優勝記録更新を目指すことになりそうだ。ちなみに、藤沢里菜は次に取り上げる藤沢秀行の孫にあたる。

■ではタイトル保持の史上“最年長”記録は?

将棋→故・大山康晴の59歳11カ月 (1983年3月、第32期王将戦で失冠)
囲碁→故・藤沢秀行の68歳4カ月 (1993年11月、第41期王座戦で失冠)

 将棋の最年長タイトル保持の記録を作ったのは、故・大山康晴十五世名人で59歳11カ月。その大山は1983年3月、第32期王将戦七番勝負で米長邦雄棋王に1勝4敗で失冠したが、もし第5局を勝てば、還暦の誕生日をタイトル保持者として迎えることができた。

 大山が凄まじいのは、そこから全棋士参加棋戦のNHK杯で優勝(1984年、60歳10カ月)、史上最年長のタイトル戦登場(1990年、66歳11カ月で棋王戦挑戦)を成し遂げ、1992年に69歳で亡くなるまで、トップクラスの竜王戦1組、順位戦A級に在籍したこと。現在の羽生は48歳なので、大山はそこから20年近く、第一線で活躍した大棋士ということになる。

「囲碁の記録は、藤沢秀行(ふじさわ・しゅうこう、現名誉棋聖)さんの68歳4カ月です。秀行さんのメイン舞台は、1977年に第1期棋聖戦でタイトルを獲得してから6連覇したこと。秀行さんはアルコールが切れない方で、番勝負の前から断酒するらしいんですが、それがなまじの努力ではなくて、幻覚が見えるらしいんですね。林海峯(リン・カイホウ、現名誉天元)さんが挑戦者になったときは、事務所で秀行さんが寝静まったところ、林さんが火の用心をして『先生、対局するまではお元気で』って帰ったらしくて(笑)、林さんがいかによい人だったかがわかりますね。

 秀行さんは『初物の秀行』と呼ばれまして、棋戦ができると第1回の優勝経験が多かったです。気合を入れれば、ここ一番の力は他の追随を許さない人でした。

 秀行さんと将棋界で付き合いがあったのは芹沢さん(故・芹沢博文九段)で、何人かのベテランの棋士は『芹沢さんが短命で終わったのは、秀行先生の真似をし過ぎて、朝からワインを飲んで、競輪競馬をやったせいだろう』と話していました。秀行さんの競輪は1回あたりの賭け金が100万以上、それを一日何レースも賭けるわけで、ある競輪場にひしまげた金網があるそうです。かなり借金も抱えて、日本棋院に借金取りが来て対局料が差し押さえになったそうですが、棋聖戦で勝って借金を返したといわれていますから、本当に命懸けだったんですね」(同前)

 大山も藤沢も、ガンの手術を受けながらもタイトル戦の舞台で活躍している。息長く活躍するには、超人的な生命力も条件のひとつなのだ。

■若手棋士を集めて『秀行塾』を開いた晩年

「秀行さんの碁は、将棋の升田幸三(ますだ・こうぞう、実力制第四代名人)と比較されますね。新手が多く、独創的な考え方をされるので。升田幸三のライバル、大山康晴に匹敵するのは、坂田栄男(さかた・えいお、二十三世本因坊坂田栄寿)さん。坂田藤沢は大山升田より対抗意識が強く、盤上では死闘を繰り広げていました。

 坂田さんは大山先生と違って、毎晩、銀座でボトル2本空けていた人です(笑)。昔、四谷の料亭『福田家』で2日制の対局を打ったときは、打ち掛けの夜も銀座に行ったことがありました。対局を控えているので、ボトル1本か1本半に抑えたそうですが。私の先輩の囲碁担当記者だと、坂田さんが地方対局のときに『最高の酒と女性を用意してくれ』と頼まれて、よいバーやクラブを探しておいたそうなんですね。でも、もしお店にそれなりのお酒がなかったら困るので、担当者は『ジョニ黒』を必ず忍ばせていったと聞いています。で、地方から東京に帰ってきたら、お車で銀座に直行して、また飲んだそうです。

 銀座で70歳まで金を払ったことないのが坂田さんの自慢でして、必ず囲碁ファンがいて払ってくれたそうです。当時は文壇に囲碁ファンが多かったですからね。それを聞いた趙治勲(チョウ・チクン、現二十五世本因坊治勲)さんが面白がって『銀座は不案内なので、ご紹介していただけますか』と坂田さんと飲みにいき、会計で『さすがに先生、自分で払いますよね』といったという(笑)。坂田さんに『しょうがない。俺は払ったことがないのにな』って払わせたそうで、のどかな時代ですよね」(同前)

 無頼派で知られた藤沢秀行だが、長い期間に渡って若手の囲碁から学んだそうだ。

「晩年は若手棋士を集めて『秀行塾』を開きました。将棋の『米長道場』みたいなものですが、若手が秀行さんの目の前で碁を並べると『その手はなんだ!』『もうここから先は並べなくていい』と叱りつけたそうです。ただ、これは囲碁棋士の皆さんがおっしゃっていたんですけど、秀行先生も年を取ってから伸びるために若手の考えを吸収する機会を作ったんだけど、なかなか対等な立場でというわけにはいかないから、ビシビシやっていたんじゃないかといわれています。実際に、若手棋士の考えを吸収して、最高齢のタイトル獲得につながりました」(同前)

■中国・韓国にも影響を与えた藤沢秀行

 米長道場とは、1989年に故・米長邦雄(よねなが・くにお、現永世棋聖)が開いた、出入り自由の研究スペース。若手棋士や奨励会員が研究の場として大いに活用した。

 1985年、米長は41歳の時に四冠を達成するも、谷川浩司や1980年にプロ入りした「(昭和)55年組」の台頭に押され、86年には無冠になっていた。米長道場を開いたのは、中終盤を重視していた自分の将棋を変えるために、若手の将棋から最先端の序盤戦術・感覚を学ぶためといわれている。その甲斐もあって、1993年に念願の名人を7度目の挑戦にして初獲得。「50歳名人」を達成した。

 米長道場に参加していた棋士は、羽生世代の棋士が多い。山村さんによれば、秀行塾は国内だけでなく、中韓にも大きな影響を与えた。

「いまの中韓の隆盛を作った人達は、秀行さんの薫陶を受けました。『囲碁に国境はない、強くなりたいやつは、いつでも来い』と、秀行塾に中韓の人も招き入れたんですね。これも半分は本当なんですけど、やっぱり新しい感覚を身に着けるために、彼らを呼んだんじゃないかと思います。

 中韓との交流の碁は、途中は日本が圧勝していたんですけど、『中国、韓国は怖いぞ。あの熱心さでこられたら、日本は勝てなくなる』といいはじめたのも、秀行さんなんですよ。

 私が囲碁の担当になった、34年前は日本がまだ勝っていたんですけど、はっきり劣勢になったのは、韓国の李昌鎬(イ・チャンホ、現九段)が出てきて、誰も勝てないだろうという話になってからです。趙治勲さんは『韓国の碁は3時間なので、日本の2日制でやったら日本のほうが上なんじゃないか』とおっしゃっていて、趙治勲と李昌鎬の七番勝負をあるスポンサーが企画して、やる寸前までいったことはあります。趙治勲さんも乗り気でした。若くて強い人と対局したいのは、棋士の本能ですよね。対ソフトだって、自分より強いと聞いたらやりたいと思うでしょう。その気持ちをなくしたら、棋士じゃないといえます」

(小島 渉)

関連記事(外部サイト)