【画像】皇室ゆかりの美術品に見る、紡がれ続けてきた日本の美の「粋」とは

皇室ゆかりの美術品に見る、紡がれ続けてきた日本の美の「粋」とは

《唐獅子図屏風》(右隻)狩野永徳 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館

この写真の記事を読む