元ドロシーリトルハッピー高橋麻里が語るアイドルの苦境「歌やダンスより特典会が最優先されて……」

元ドロシーリトルハッピー高橋麻里が語るアイドルの苦境「歌やダンスより特典会が最優先されて……」

元ドロシーリトルハッピー高橋麻里さん

『デモサヨナラ』でアイドル戦国時代を席捲した、仙台のローカルアイドル・ドロシーリトルハッピー。

 しかし、2015年7月12日に行われた中野サンプラザホール公演で秋元瑠海、富永美杜、早坂香美の3人が卒業。2017年7月23日には白戸佳奈が卒業し、メンバーは高橋麻里だけになった。

 ひとりになってもドロシーを守ってきた高橋だが、2018年12月16日にグループを卒業。それでも彼女は「アイドルとして歌いたい……」という想いを抱き続ける。(全2回の2回目/ #1へ )

◆◆◆

■本格的ブレイクに至らなかった要因とは?

――アイドルファンの間で『デモサヨナラ』がアンセムとして知られていますが、一方で「代表曲」の呪縛は感じませんでしたか?

高橋 アーティストにとって代表曲があることはありがたいけど、ファンの方は「また『デモサヨナラ』?」と思うこともあっただろうし、ドロシーの名前は知ってるくらいの方は「『デモサヨナラ』をやってほしい」と思うはず。その葛藤はありました。私たちも「『デモサヨナラ』を歌ってください」というオファーがあった時に「新曲を出したばかりなのに……」と思うことはありました。「『デモサヨナラ』を超える曲を作らなきゃ」という焦りから、「いま流行ってる曲調に寄せたほうがいいんじゃないか」と思ったこともあるけど、スタッフの方たちは「ドロシーらしさ」を大切にしてくれました。

――2ndアルバム『STARTING OVER』でその葛藤も払拭された。

高橋 そうですね。全曲シングルカットできるようなアルバムを作ろうというテーマがあったんです。とくにリード曲『STARTING OVER』は仮歌を聴いた時に、5人が歌って踊っている絵が頭に浮かんで、そのままを表現したら多くの方に評価していただきました。まわりが求めているドロシーリトルハッピーと自分たちができることが一致したんです。

――メインボーカリストとしての自負はありましたか?

高橋 『STARTING OVER』からはメンバーそれぞれがメインの曲ができはじめて、それがドロシーの新しい魅力につながると感じたと同時に、メインボーカルの私はもっと頑張らなきゃいけないと思ったんです。「あの子がかわいい」とか「曲がいい」とか、ドロシーが好きになるきっかけは様々だけど、そのひとつに「まりちゃんの歌声がいいね」があるといいなって。

――高橋さんが歌っている姿に自信がみなぎっているように見えました。

高橋 センターに立って歌わせてもらっているのに、自信がなかったら他のメンバーに申し訳ないじゃないですか。だったらマイクをおけよという話で(笑)。自信を持ってステージに立つことが自分を輝かせることにつながると思ってました。

――『STARTING OVER』で手ごたえを感じたものの、本格的なブレイクには至りませんでした。何が足りなかったと思いますか?

高橋 お金のかけ方じゃないですかね(笑)。振り返って思えば「こうすればよかったのかな」ということはあります。でも、あの時のまっすぐさじゃないと超えられなかったこともあったと思うんです。

■5人のラストライブでケンカになったワケ

――2015年7月12日に行われた中野サンプラザホール公演をもって秋元さん、富永さん、早坂さんがグループを卒業しましたが、ステージ上で5人の間での行き違いがあって口論になってしまいました。コミュニケーション不足だったんでしょうか?

高橋 そうだったと思います。大人の方の考えもあって、メンバー同士でコミュニケーションをとれない時期があったんです。そのままの状態で中野サンプラザのライブを迎えてしまったので感情が爆発した、という感じでした。

「メンバーだけで話さないように」と言われていたけど、大人の言うことを真面目に聞きすぎていたと思うんです。その真面目さが悪い方向に動いてしまったのかもしれないです。いま思えばそんな決まりは気にせずに話せばよかった、5人で話せばよかったんですよね。

――あの場で高橋さんは中立のスタンスでしたよね。

高橋 どちらの言い分もわかるから心が痛くなって泣きそうでした。ただ、ファンのみなさんに見せていいものじゃないので、ステージ上で言い合うことは間違っているなと思って。5人のドロシーとして最後までやりきりたかったんです。歌とダンスで幸せを届けるという原点に戻りたかったから。

■5人から1人になっても「ドロシーリトルハッピーでいたかった」

――ドロシーは高橋さんと白戸さんの2人体制になりました。

高橋 5人でやっていたことを2人でやるって単純に人が減ってマイナスになった、ということになってしまうじゃないですか。最初はどうマイナスに見せないようにできるか考えていたけど、「マイナスに見せないのもおかしいんじゃないか」と思いはじめたんです。3人がいたことは事実で、その影を消すことはできないから。5人のドロシーも大切にしつつ、2人で新しいドロシーを作っていきたいという気持ちが強かったです。

――離れてしまうファンの方もいましたか?

高橋 だいぶ“サヨナラ”した方が多かった気がしますね(笑)。3人を応援する方、2人を応援する方、両方を応援する方、それぞれいたんですけど、そのまま離れてしまう方も多かったと聞いて。寂しさもあったけど、「5人のドロシーを好きでいてくれたんだな」とも感じました。それだけ5人のドロシーが魅力的だったのかなと思ってます。

――さらに白戸さんが卒業されて(2017年7月23日)、高橋さんひとりでドロシーリトルハッピーを名乗ることになります。ここでドロシーをおしまいにする選択もあったと思いますが。

高橋 ひとりになってできることなんてあるのかなと思っていたけど、もうちょっとドロシーリトルハッピーでいたい、という気持ちだけでした。ドロシーリトルハッピーが自分の苗字だと思っていたので、失くしてしまうことが考えられなかったんです。

――ひとりでグループを背負う重さもあったと思います。

高橋 責任が重かったです(笑)。でも続けると決めたからには、ドロシーリトルハッピーの名前をもっと知ってもらえるように頑張らなきゃいけないから。活動していくなかで「ドロシーってひとりになったんだぁ」という声は心に刺さりました(笑)。言われて当然のことだけど、ネガティブに受け止めてしまったんです。

――それでも笑顔で活動していたわけですよね。

高橋 そうですね。歌とダンスで観ている人を幸せにしたいという気持ちが勝っていたので。

■5人の再会「あの時のリゾットめちゃくちゃ美味しかった」

――そして、2017年8月27日の@JAM EXPO 2017で5人のドロシーによる1回限りの復活ライブが行われます。

高橋 声をかけていただいた時は、やりたい気持ちとそうじゃない気持ちの半々でした。ファンの方は絶対に喜んでくれると思ったし、5人でやりたい想いはあったけど、怖かったんですよね。みんな5人がいいと言うに決まっているし、盛り上がる自信があったから。でも、次からはまたひとりでステージに立たなきゃいけないじゃないですか。

――何が決め手になったんでしょうか?

高橋 メンバーに会いたいな、歌いたいなという気持ちですよね。かなちゃん(白戸佳奈)は引退していたので、このタイミングを逃したら5人が会わないまま一生を終えてしまうんじゃないかと思ったんです。

――実際、ステージに立つとしっくりくるものがありましたか?

高橋 リハーサルですぐにしっくりきました。立ち位置を移動する感覚までビックリするくらい覚えていたし、横一列になった時も少しもズレないんですよ。中野サンプラザで終わっていたら、あの感覚を思い出すこともなかったんだろうなって。

――callme(現:Kolme ※先に卒業した秋元瑠海、富永美杜、早坂香美)の3人とも話すことができましたか?

高橋 ライブ前に顔合わせを兼ねた食事会があったんですよ。しかも、仕事の都合で遅れて到着することになっていたので、「みんな無言だったら……いや、ケンカしていたらどうしよう」と想像してお店に入ったら、めっちゃ笑い声が聞こえてきてホッとしました。私のことも「久しぶり!」と迎え入れてくれて本当にうれしくて。あの時に食べたリゾット、めちゃくちゃ美味しかったですもん(笑)。

■事務所と意見が合わなくなって卒業を決めた

――よかったですねぇ。2017年あたりからアイドル、とくに中堅グループの解散が続いてますが、高橋さんはその現状をどう受けとめてますか?

高橋 一緒に頑張ってきた仲間たちなので単純に寂しくて。それと同時に、月日が経ったんだなとも思いました。みんな大人になったから決断することもできたんだろうなって。グループ卒業後も芸能の世界で頑張ってる子を見ると「私も負けていられない」と思います。アイドル戦国時代を生き抜いた子たちを集めた大きな同窓会ができたら面白そうですね(笑)。

――そして、高橋さん自身も昨年2018年12月にドロシーから卒業します。

高橋 ドロシーとしてやりたいことはたくさんあったんですけど、アイドル業界全体が苦しい時代のなか、事務所の方と意見が合わなくなることが続いたことで卒業を決断しました。アイドルって歌やダンスでみんなを楽しませることが一番だと思っているんですけど、特典会や話題性を最優先されてしまうことに葛藤があって。スタッフの方と足並みがそろわなくなったんです。

■「アイドルになりたい」と思わせないような出来事も増えてますが……

――最近は「アイドルになりたい」と思わせないような出来事も増えてますが、アイドルに憧れてアイドルになった高橋さんはどう感じていますか?

高橋 寂しいですね。アイドルって本当に素晴らしいものだし、私はアイドルであることに誇りを持っているから。アイドルはもっと輝いてる存在になってほしいです。

――「アイドルはこうあるべき」というのはありますか?

高橋 今、アイドルの子にアドバイスをするなら、自分を安く売らないでほしい。みんなの憧れの存在という自覚を持ってほしいです。将来的に後輩を育てたい気持ちもあります。アイドルを卒業した子もグループが解散した子も、いろんなことを経験しているので、現役アイドルの子たちに向けた講義をやってもいいと思うんです。

――ドロシーリトルハッピーはアイドル戦国時代を駆け抜けて、確実にその足跡を残したと思います。

高橋 私はドロシーリトルハッピーを尊敬してますし、メンバー自身がそう思えるグループでよかった。ドロシーが大好きなまま卒業できて幸せです。

――卒業を発表した時点でその後のビジョンはあったんでしょうか?

高橋 卒業するまではドロシーとしてやり切ろうと思って。その後は声優としてのお仕事を頑張りながら、歌うことも続けていきたいなと考えてました。

■「アイドルをやめて声優になったわけではなく」

――17年から声優の仕事もはじめてましたからね。

高橋 5人の時はソロの仕事よりもグループの仕事が優先すべきだと思っていたけど、2人になった時に挑戦したい想いがフツフツと沸き出して。ひとりになった時に「アイドル以外の活動も頑張らなきゃフェードアウトしてしまう」と危機感を抱いたんです。ワークショップで勉強するところからはじめました。

――現在の声優業界は若くてビジュアルがよくて歌もダンスもできる方が多いじゃないですか。そんな世界で戦うのも大変だと思います。

高橋 アイドルの世界以上に高いスキルを持った子が多いなと感じました。しゃべりも上手いし、楽器を弾ける子だっていますから。私の武器は、アイドル業界で学んだ仕事に対する意識やまわりの方に対する礼儀だと思ってます。

――「歌うことも続けていきたい」ということですが。

高橋 みなさんから「アイドルを辞めて声優になった」と言われるんですけど、私にとっては「グループ卒業=アイドル卒業」じゃなくて、ずっとみんなのアイドルでいたいと思ってます。またアイドルとして歌いたいです。

――「アイドル」という肩書が取れたわけではないと。

高橋 そうですね。一生アイドルだと思っているので。アイドルからは卒業できないです(笑)。

写真=川しまゆうこ

【#1から続く】

橋麻里(たかはしまり)…12月15日生まれ、宮城県仙台市出身、血液型O型

?

プロフィール  http://object-co.jp/cast/takahashimari.html

ツイッター  https:/twitter.com/takahashimari15

インスタグラム  https://instagram.com/takahashimari15

(大貫 真之介)

関連記事(外部サイト)