【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

【阪神】西岡剛から伊良部秀輝、村田兆治、たけし軍団まで? 阪神とロッテの妙な縁

©文藝春秋

■パ・リーグ最下位のロッテだが、阪神にとっては怖いイメージ

 今年もセ・パ交流戦のシーズンがやってきた。我が阪神にとって初陣となる三連戦の相手は千葉ロッテだ。今季ここまでのロッテはパ・リーグ最下位に沈んでいるものの、交流戦に関しては過去12年間で二度の優勝を誇り、通算159勝127敗14分けと、12球団でソフトバンクに次ぐ2位である(阪神は143勝147敗10分けの7位)。

 正直、虎党の私としてはロッテに弱いイメージなんかまったくない。阪神VSロッテの交流戦通算対戦成績も、昨年までは阪神の24勝21敗(5分け)と勝ち越しているが、それでもロッテのユニホームを見ると、直感的に手強い相手だと思ってしまう。

 それはもう、2005年の日本シリーズが原因だ。詳細は割愛するが、とにかく阪神がロッテに四タテを食らって大惨敗した悪夢が今も脳裏に焼きついている。いやあ、あれは本当につらかった。阪神のリリーフ左腕・江草仁貴(現広島)がロッテ・ベニーに対して1打席3暴投という、藤浪晋太郎もびっくりの大荒れ投球を見せたときなんか(私は勝手に「江草・ベニーの3球」と呼んでいる)、チーム全体が呪われているような気がしたものだ。あれがもしゲームだったら、「今のなし!」と言ってリセットボタンを押していただろう。

■西岡、久保、伊良部……阪神でも活躍した元ロッテ戦士たち

 さて、そんな虎の難敵・ロッテであるが、過去を振り返ると元ロッテの人気選手が移籍等によって阪神に入団したケース(他球団を経ても含む)も少なくない。近年では西岡剛や小林宏之、久保康友(現DeNA)といった、なにかとキャラの濃い面々が印象的で、もっと遡ると2003年の阪神リーグ優勝に大きく貢献した伊良部秀輝が思い浮かぶ。

 あのとき、メジャー帰りの伊良部はとにかく衝撃的だった。なにしろ1990年代のロッテで一時代を築いた剛速球投手が、速球派が極めて少なかった阪神投手陣に加わったのである。全盛期とピッチングスタイルは変わっていたものの、あの大きな体と小難しい顔で丁寧に投げる阪神・伊良部の姿は、見る者を黙らせる独特の色気があった。

 当時、エースへの階段を上っていた若き日の井川慶は、伊良部の投球哲学に大きな影響を受けたという。影響を受けすぎて井川もメジャー志向となり、その後の悲しい顛末につながるのかもしれないが、それよりなにより一番悲しいのは、今はもう伊良部本人の口からどんな話も聞けなくなったことだ。

 さらに古くは、阪神が日本一に輝いた1985年に陰のMVPと称される活躍をしたリリーフ左腕・福間納や、いぶし銀の二番打者として働いた外野手・弘田澄男も元ロッテであった。また、それから5年後の1990年オフに遠山昭治(当時)との交換トレードで阪神に入団した高橋慶彦も、全盛期を過ごした広島からロッテを経ての移籍だった。

 当時の私は高橋の阪神入団におおいに興奮したことを覚えている。なにしろ、球界屈指の人気を誇ったスピードスター・ヨシヒコである。阪神入団時はすでに晩年に入っていたため、期待通りの働きができなかったのは残念だったが、オープン戦の始球式でタレントの山田雅人さんから死球を受けるなど、どうでもいいことは強く印象に残っている。

■1982年、ロッテの大エース・村田兆治の阪神移籍騒動

 そんなヨシヒコ以上のビッグネームとしては、ロッテ史上屈指の大エース・村田兆治の阪神移籍騒動なんてこともあった。1982年10月21日付のスポーツニッポン一面に「村田が阪神へ移籍」という、まるで決定事項のような記事が掲載されたのである。

 同記事を読み返してみると、村田は「いつかセ・リーグの人気球団に移籍して、満員の球場で投げてみたい」「どうせなら、郷里・広島に近い阪神がいい」などという、実に人間くさくて生々しい希望をロッテ球団に訴えていたという。郷里が広島ならカープでいいじゃないかと思うのだが、そこはマサカリ兆治のこだわりだったのか。

 なお、このトレードは阪神からの交換要員で揉めるという、最初から予想がつきそうな理由で破談となった。もしも成立していたら、球界の歴史が変っていたことだろう。

■阪神とロッテの縁、極めつきは「たけし軍団」

 そんなことを振り返ると、そもそもプロ野球史に残る世紀の大トレードと言われる、1963年の「小山正明⇔山内一弘」の交換トレードも、阪神とロッテが主役だったことに気づいた。ご存知、小山は当時の阪神を村山実とともに支えていたエースで、山内はロッテの前身である大毎オリオンズの主砲。この翌年(1964年)、山内は31本塁打を放ち、阪神をリーグ優勝に導いているのだから、ロッテには感謝するべきだろう。

 一方、阪神から東京オリオンズ(1964年、大毎から改名)に移籍した小山も、1年目にいきなり30勝を挙げてパ・リーグ最多勝に輝くなど、新天地の投手陣を長く支えた。この阪神からロッテへの移籍パターンでは、近年の今岡誠や1990年代の仲田幸司などが虎党には印象深いことだろう。二人とも、ロッテで大活躍したわけではないけれど。

 いずれにせよ、1964年の阪神優勝には山内がいて、1985年には福間と弘田がいて、2003年には伊良部がいて、2005年には日本シリーズで4連敗を喫した。そう考えると、虎党の私はロッテに妙な縁を感じてしまう。しかも、ロッテの本拠地である千葉はミスタータイガース・掛布雅之の出身地(生まれは新潟)。両者の縁は古く深い、そして時に苦い。

 ちなみに1990年代の阪神暗黒時代を象徴する珍事として、1991年秋のファン感謝デー内で行われた「阪神VSたけし軍団」の野球対決がある。あくまで遊びの試合ではあったものの、当時万年最下位のダメ虎などと揶揄されていた阪神が、たけし軍団にまで「2-4」で負けたものだから、弱い阪神を茶化すためのネタとして話題になった。

 実はその翌年、ロッテも同じくファン感謝デーでたけし軍団と野球対決を行い、「1-2」で負けているのだ。当時、東大卒として話題になっていたロッテの左腕・小林至が、ポップコーン正二に綺麗なセンター前ヒットを打たれている。

 もちろん、本気ではなかったはずだけど、こういう茶化しやすい出来事が実際に起こってしまうあたり、やっぱり阪神とロッテには妙な縁を感じてしまう。阪神はそのまた翌年にも、シャ乱Qチームに負けているんだけど。

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2732でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 千葉ロッテマリーンズ(梶原紀章)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。

(山田 隆道)

関連記事(外部サイト)