「冷凍マグロ役」だった松本穂香が『ひよっこ』で夢を叶えるまで

「冷凍マグロ役」だった松本穂香が『ひよっこ』で夢を叶えるまで

(c)鈴木七絵/文藝春秋

 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。各地から集団就職で上京してきた“金の卵”が集まる乙女寮の中でも、ひときわ個性を放つのは福島出身の15歳の女の子・青天目澄子(なばため・すみこ)だ。彼女を演じているのは、現在20歳の新進気鋭の女優、松本穂香さん。澄子役でブレイクし、今や一気に注目を集める松本さんに3回に渡ってロングインタビュー。

 2回目は松本さんのデビュー前、演劇部に所属していた高校時代のお話を中心に、ドラマ『あまちゃん』や有村架純さんへの思いを語る!

■演劇部はオタクの男の子もいて楽しそうだったから

――高校時代は演劇部だったとか。

松本 そうなんです。高1から高3までずっとやっていました。

――小さい頃から演劇、お芝居に興味があったんですか。

松本 いや、それとはちょっと違うんです(笑)。高校に入学して、最初は軽音部か演劇部かで悩んで。軽音は単純にカッコイイ。ベースに憧れてたんです。クールでカッコいいイメージがあって。ただ、実際に見学してみると軽音部は私には向いていないかなと思いました。むしろ演劇部は変わった人ばかりがいて、ものすごく興味を持ったんです。アニメオタクだったり、サバゲーにハマってる男の子だったり、いろんな人がいて楽しそうだった。そういう中にいたら、自分も何をしていたって自由だし、楽じゃないですか。

――「みんなで一緒にやろう!」と何かを強制されることもあんまりなさそう。

松本 そうです、自分が好きなものに対して、恥ずかしいと思わずに好きといえる。そういう環境がいいなと思って演劇部に入ったんです。

――その選択が運命の分岐点だったわけですね。

松本 お芝居するのはまったく初めてだったんですけど、楽しかったです。喧嘩をしたこともあったけど、そういうのも含めて(笑)。オリジナルの脚本で、演劇部の大会にも出たりしていました。デビュー作は……高1のときに孤高の歌姫みたいな役だったと思います。そう言うとなんだかミステリアスですけど、お話はかなりギャグっぽくて、テレビ番組に出たらいろんな出来事が起こるという悪ふざけみたいなものなんですけど(笑)。

――そこは関西の学校の演劇部ということで……。

松本 笑いをとりにいこうとしがちなんですよ(笑)。今振り返ると、コントのネタみたいなものばかりやっていたと思います。でも、やってみてわかりました。笑いをとるのは本当に難しい。すべってばかりでしたね。

■出オチですよね、完全に。

――印象に残っている役は?

松本 マグちゃん。マグロの女の子です。築地から逃げてきた冷凍マグロが主役のお話で、私がそのマグロをやったんです。被り物をして、女の子なのでリボンをつけて。出オチですよね、完全に。それがとても受けたので、印象に残っています。おかげで、その後もずっと言われ続けました。校内を歩いていても、「あ、魚の子だ」って言われたり。マグロでもなくて魚なんだっていう(笑)。

――マグちゃん……なかなか振り切れた役ですね。

松本 そういうのが気持ちいいんです。私はクラスでも目立つタイプじゃなくて、手を挙げて発言することもなかった。でも、舞台では振り切って自分を出せるというか、そういう感覚があって楽しかったんです。

■高校時代は私だけずっと「松本さん」でしたから(笑)

――ステージに立って振り切れていたなら学校でも目立って、さぞかしモテたんじゃないですか? ファンもついたりして……。

松本 いやいやいや! まったくなかったです。一切モテないです。高校生だから男子も女子も下の名前で呼び合ったりしているんですけど、私だけずっと「松本さん」でしたから(笑)。特定の女子のグループにも入っていたわけではないし……。マイペースなタイプでした。喋りかけるなオーラを出していると言われ続けていたんです。人見知りが入っていたのかもしれないですね。

――だからこそ演劇部で弾けて。

松本 ステージの上でふざけたことをやって、違う自分を出せて。でも文系で演劇部ですから、すごくインドアな感じですね、私(笑)。

■『あまちゃん』ではストーブさんが好きでした

――そんな高校時代に、『あまちゃん』を見てどハマりしたらしいですね。

松本 高校2年生でした。すごいハマって、友達と毎日「今日ここが面白かったよね、あの小ネタとか」みたいな話をしてました。1話がたった15分なのに、泣いて笑って、すごく濃密。最後になるともう嗚咽ですよ(笑)。

――登場人物では誰が好きだったんですか?

松本 誰か選べないくらいみんな魅力的なんですけど……ストーブさんとか好きでした。なんかダメなんだけど応援したくなる。頑張れ、みたいな(笑)。

――小池徹平さんが演じてた役ですよね。理想の男性のタイプもストーブさんのような……。

松本 いえ……ちょっと違います(笑)。自分が支えてあげないとダメだなっていうパターンの人ですよね、ストーブさんは。

――どちらかというと頼れる人が好きなタイプ?

松本 一緒にいて楽しくて、尊敬できる。今は年上の方のほうが憧れますね。

――『ひよっこ』の登場人物で言うとどの男性が……。

松本 う〜ん、難しい(笑)。合唱指導の先生は頭でっかちでシンプルにダメだし、おまわりさんも警察官なのにいい人すぎる(笑)。ライン長もああ見えて意外と頼りなさそう。あ、みね子のおじいちゃん、いいですよね。

――古谷一行さんが演じられている。

松本 落ち着いていて、それでいてみんなを見守っている。頼れる感じですよね。あとは和久井映見さんが演じる愛子さん。チャーミングでいいことを言うときはホントにジーンとしちゃうほどステキです。

■澄子と私が似ているのは、岡田惠和さんのおかげ

――『あまちゃん』がきっかけで本格的に女優への道を?

松本 はい。そこから本格的にやりたいと思うようになって、応募して事務所に入りました。

――そして今ではご自身も朝ドラに出演されている。朝ドラに憧れた女の子が数年後には出演しちゃうというのがすごい話ですね。

松本 ずっと朝ドラに憧れていたので、今回出演させていただいたことはすごく幸せなことですね。『ひよっこ』のオーディションでは脚本の岡田惠和さんもいらっしゃっていて、澄子の役も私にあわせて「あて書き」みたいにして書いてくださっているんです。だから私も澄子に似ているところがあるなあって。岡田さんとは一度だけ会って、ちょっとお芝居を見ていただいただけなんですが、すごいって思います。芝居はそれだけ人が出るものなんだと改めてびっくりしました。

――『ひよっこ』主演の有村架純さんは憧れの存在とか。

松本 すごく尊敬しています。お会いしてお話をするたびにすごいなあと。まだ24歳で私より4つ年上なだけなのに、どっしりとした力強さ、安心感。本当に尊敬できる憧れの先輩です。同じ事務所の先輩なので、撮影の見学とかにも行かせてもらっていたんですけど、そのときも優しくしてくれて……。誕生日プレゼントをくれたりして、本当に優しい方なんです。

■いつか宮藤官九郎さんの作品に出演してみたい

――有村さんとは『ひよっこ』以前にも共演されていますよね。

松本 『いつ恋』(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)に少しだけ出させていただいて。でも、あのドラマでは絡むことがあまりなくて、ガッツリ一緒にやらせていただいたのは『ひよっこ』が初めてですね。

――アドバイスを貰うことも?

松本 見ているだけで勉強になることがたくさんあるし、すごく頼りになります。自信が持てなくて悩んでいる時に、「みんな澄子のことが大好きだから、大丈夫だよ」と言ってくださったのはとても嬉しかったです。

――ちなみに、有村さんは『あまちゃん』にも出ていましたが、その時はどう見ていましたか?

松本 『あまちゃん』のときは完全に役として見ていて、有村さんというよりは春子でした。なので、春子の有村さんと今お会いしている有村さんが同じだということがピンとこなかったり(笑)。だからこそ、そのドラマの世界の中で生きていたんだろうなと改めて思います。すごいなあと。

――きっと、今も『ひよっこ』で澄子を演じる松本さんを見てそう思っている方もいると思いますよ。

松本 どうなんでしょう。そうだとうれしいです(笑)。

――『あまちゃん』以外に大好きで観ていたドラマはありますか?

松本 『ごめんね青春!』も好きでした。

――『あまちゃん』と同じく、宮藤官九郎さんの脚本ですね。

松本 そうなんです。大好きなんです。いつか宮藤さんの作品にも出演できたらいいなあ……って思ってます。


次回は松本さんの「上京物語」をじっくりと伺います。

まつもと・ほのか/1997年生まれ。大阪府堺市出身。主な出演作品に映画『青空エール』(16年)、『MATSUMOTO TRIBE』(17年)、主演舞台『ヨミガエラセ屋』(16年)、テレビドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『ひよっこ』など。

写真=鈴木七絵/文藝春秋?

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)