とっつきやすいイラン映画 『セールスマン』はイヤミス風味

とっつきやすいイラン映画 『セールスマン』はイヤミス風味

(c) MEMENTOFILMS PRODUCTION–ASGHAR FARHADI PRODUCTION–ARTE FRANCE CINEMA 2016

 今年のアカデミー賞では、イラン人女優のタラネ・アリドゥスティが、アカデミー賞授賞式をボイコットしたのも記憶に新しいかと思います。彼女がアメリカに招かれていたのは、アカデミー賞外国語映画賞部門で、主演作『セールスマン』(16年)がノミネートされていたためでした。しかしタラネ・アリドゥスティはTwitterで、ドナルド・トランプ米国大統領が、一時的にイスラム国家7ヵ国からの移民制限や、イスラム教徒の多い国の出身者へ、ビザ発給を禁止する発令を行ったことに対し、人種差別であると非難しました。そして授賞式をボイコット。同作の監督のアスガー・ファルハディも、やはり抗議として欠席しました。

■日本で知られている「映画祭向け映画」だけがイラン映画じゃない!

 その『セールスマン』は見事、外国語映画賞受賞という栄冠を得ました。この映画、じつはとてもよく出来たミステリーなのです。アスガー・ファルハディがアカデミー賞でこの賞を手にするのは、11年の『別離』以来2度目。まだ40代半ばですが、ミステリーと緻密な心理描写を得意とし、娯楽と芸術性のバランスの良さで、アカデミー賞だけでなく、カンヌやベルリンの国際映画祭でも評価の高い、いま世界的に第一線を走る監督です。

 イラン映画って、皆さんはどういうイメージをお持ちでしょう? そもそも観たことのない方も多いかもしれませんが、アート系の映画が多い印象でしょうか。もちろん、監督ごとにタイプは異なっています。アッバス・キアロスタミのように、フェイクドキュメンタリー的手法に踏み込んだものや、厳粛な詩的映像で綴るバフマン・ゴバディ、そして国から映画を撮ることを禁じられたジャファール・パナヒのように、体制批判を孕んだ映画もあります。ただ、そういったイランの監督たちが日本で知られているのは、「映画祭向け映画」ゆえなんですね。アート色や政治性があり、いささか難解なストーリーラインが、高尚に感じられる作品。実際、イラン本国では「銀行強盗するゼー!」みたいな、娯楽アクション映画が興行収入を稼いでいたりするのですが、そういった作品は国際映画祭に呼ばれないので、世界に知られる機会はないのです。

■『セールスマン』はどんなミステリー映画なのか?

 しかし、アスガー・ファルハディはイラン映画のイメージを一新しました。これまで日本で観ることのできるイラン映画は、砂埃が舞う田舎が舞台のものや、日本人には理解しづらい、ストーリーが定型から外れたアート系の作品だったりすると多くありました。けれど、ファルハディの映画は事件が起こり、探索を進めるうちに心理の綾に踏み込んでいく、世界的に共通の感覚を持ったミステリーです。彼の映画は関係の壊れかけた夫婦が頻繁に登場し、怒りや恥、立場を取り繕うための嘘によって犯人捜しが難航するという、どこの国の人が観ても、とっつきやすいストーリーテリングなのです。

『セールスマン』の主人公は、エマッド(シャハブ・ホセイニ)と妻ラナ(タラネ・アリドゥスティ)の夫婦。二人は小さな劇団で役者をやっており、アーサー・ミラーの『セールスマンの死』を公演中です。彼らは建物の崩落危機からアパートを立ち退かねばならず、劇団仲間の紹介で新たな部屋を借りますが、そこには封印された一室にまだ、前の住人の荷物が残されていました。夫妻が住み始めてから初めて知った、前の住人の良くない噂。そして突然、ある悲劇が夫婦を襲います。

■「神秘的な円熟期」を迎えたチームによるイヤなミステリー

 タラネ・アリドゥスティと、シャハブ・ホセイニはファルハディ監督作品の常連で、彼らのコンビネーションは今まさに神秘的な円熟期を迎えています。夫婦は互いに引くに引けない状況にあり、犯人捜しに突き進めば関係の崩壊を引き起こし、曖昧にすれば疑惑を抱き続けることになる、どのみち息苦しい瀬戸際を描いたイヤなミステリー。こういった世界的に共通する感覚を持ち、見入ってしまうミステリー映画が、国籍に振り回されて、不要な波乱を招いてしまう状況は、なんてつまらないことでしょうか。

INFORMATION

『セールスマン』
監督・脚本:アスガー・ファルハディ 
出演:シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリドゥスティ   
公式サイト:www.thesalesman.jp
配給:スターサンズ/ドマ  

2016/イラン・フランス/124分/ペルシャ語/ビスタ/原題:FORUSHANDE/字幕:齋藤敦子

(真魚 八重子)

関連記事(外部サイト)