【巨人】プロ野球史上最も視聴率を稼いだ「巨人vs西武」の日本シリーズを覚えてますか?

【巨人】プロ野球史上最も視聴率を稼いだ「巨人vs西武」の日本シリーズを覚えてますか?

©文藝春秋

■“最高の巨人”と“最強の西武”が激突する日本シリーズ

「今日の午後は特別に視聴覚室で日本シリーズを観まーす」

 給食の時間に担任の原島先生はなぜかドヤ顔でそう宣言した。ここで「先生、あんたが観たいだけじゃねえか」なんて突っ込みは野暮だろう。純粋に「よっしゃあああああ!」とほとんど涙を流しながら絶叫する半ズボンの男子たち。「この人たち馬鹿じゃないの」と淡々と給食のソフト麺を食べ続ける女子たち。80年代後半から90年代初頭、まだ日本シリーズがデーゲーム開催だった時代の話だ。あの頃、俺らにとってブラウン管の向こう側の原辰徳や秋山幸二はどんな綺麗なおネエちゃんよりもキラキラしていた。

 自分たちは所沢で西武ライオンズがスタートした1979年に埼玉で生まれた、“ライオンズ・ベイビーズ”である。物心ついた時から巨人は憧れの東京のチーム、西武は地元の自慢のチームという感覚。セは巨人ファン、パは当然のように西武推しというケースが多く、夏休みのプール教室へ行く時はYGマークとレオマークの野球帽できっちり人気が二分されていたリアル。

 『ファミスタ』の対戦では延々とガイアンツ対ライオネルズが繰り返された放課後の風景。あれから30年近く経ち、今回の文春野球では、当時父親の運転する車のカーラジオから流れる『文化放送ライオンズナイター』でコメンテーターを務めていた中川充四郎さんとコラム対戦をすることになった。思えば、遠くに来たもんだ。俺もあなたもフ?ロ野球も。

 80年代から90年代にかけて人気最高の巨人、そして実力最強の西武が激突する日本シリーズはまさにナショナル・パスタイム、“国民的娯楽”だった。今のように交流戦や侍ジャパンもまだ存在しない球界の年に一度のガチンコ勝負。もちろんスマホもなければネットもない。意地でも会社をサボり喫茶店のテレビに群がるスーツ姿のお父さんたち、学校の視聴覚室でクラスみんなで拍手を送ったあの日本シリーズ。この時代、巨人と西武は83年、87年、90年、94年と計4回日本シリーズで顔を合わせているが、94年以外はすべて西武が巨人を下して日本一に輝いている。多くの巨人ファンにとって最強西武は、思わず「野球観が変わった」と岡崎郁ばりに呟いてしまうほど強かったわけだ。

■五輪やサッカーW杯級の視聴率を叩き出した黄金カード

 いったいGL決戦はどれほどの注目度だったのか? ビデオリサーチ社調べの日本シリーズ歴代テレビ視聴率ベスト10(関東地区)では、なんと10試合中6試合を巨人対西武が占めている。83年シリーズは第2戦41.0%、第5戦41.8%、第7戦40.2%。しかも5戦と7戦は平日昼間開催だ。マジでみんな仕事は大丈夫か……と心配したくなる異常な野球熱。もはやほとんどオリンピックとかサッカーW杯クラスの世間的な関心度と言っても過言ではないだろう。

 前年にサッカーJリーグが開幕して野球人気の危機が囁かれた94年の日本シリーズは30年ぶりの平日ナイター開催。するとまたもその平日3試合すべてが視聴率40%超え。凄いを通り越して、怖い。これぞ長いフ?ロ野球中継史における伝説のキラーコンテンツである。

 もちろん視聴率だけでなく、歴代シリーズの試合内容も名場面の連続だった。両チーム初激突となった83年は“史上最高の日本シリーズ”と称される逆転に次ぐ逆転のスリリングな展開。元巨人のスター選手、広岡達朗監督率いる西武は2勝3敗と王手をかけられながら、ビデオを擦り切れるほど見て研究した江川卓・西本聖の二本柱を打ち崩し執念の逆転日本一に輝く。

 その4年後の87年は、あの清原和博がドラフトで裏切られた相手「打倒・王巨人」を心に誓い、日本一直前に一塁守備位置で歓喜の涙。全国の野球ファンや放送席のゲスト吉永小百合も思わずもらい泣き。ついでに巨人ファンはクロマティの怠慢守備に男泣き。このシリーズ第3戦に先発した怪物・江川は現役最後の登板となった。

 3度目の対戦はバブル真っ只中の90年。時代は昭和から平成へと移り変わり、ローリング・ストーンズやポール・マッカートニーといった大物歌手が続々とジャパンマネーに吸い寄せられ初来日。そんな狂乱と喧噪の中で黄金時代を迎えていた西武は藤田巨人を怒濤の4タテ。戦力的にも絶頂期の西武の強さは圧倒的で、4試合とも4点差以上の圧勝。MVPはカリブの怪人デストラーデだ。そして90年代最後の対決となった94年、長嶋監督率いる巨人が4度目の対戦でようやく11年越しのリベンジを果たすことになる。MVP槙原寛己、優秀選手は桑田真澄と意外性の助っ人コトー。第2戦の9回表に飛び出したセンター屋鋪要のダイビングキャッチは今でも語り草だ。

■あの頃、巨人vs西武の日本シリーズに熱狂したすべての人たちへ

「(日本で覚えていることは)どこでも巨人ファンがいること。タクシーの運転手は巨人ファンばかりだし、レストランも巨人ファンばかり。巨人が勝てば日本全体が幸せという感じ。あれは面白かった」

 87年まで阪急ブレーブスに在籍した助っ人アニマル・レスリーは『ベースボールマガジン 懐かしき外国人助っ人たち』特集号で日本文化で印象に残ったことを聞かれ、そう答えている。なにせ毎試合ペナントレースを地上波ゴールデンタイムで生中継していた83年の巨人戦平均視聴率は27.1%だ。対する西武も工藤公康や渡辺久信といった若い主力選手たちが「新人類」と称され86年流行語部門・金賞受賞。そんな時代背景もあり、GL決戦は社会全体を巻き込む新・旧盟主対決と異様に盛り上がったのだ。
 
 日本プロ野球の黄金時代は、ON時代の戦後を背負った切実さもなく、野茂英雄渡米以降のメジャーリーグのリアリティもない、80年代から90年代前半だと個人的には思う。これはノスタルジーではなく、単なる事実だ。野球に関係のない仕事の打ち合わせの時、「フ?ロ野球は子どもの頃好きでしたよ」という人が多いことに驚かされる。

 20世紀の終わり頃、GL決戦に夢中になったけど、最近のフ?ロ野球はよく知らない。もしかしたら、このコラムを読んでいる人でもそういう元ファンがいるかもしれない。そんな人にこそ、今年の交流戦の西武vs巨人はオススメだ。だって、西武の新監督はあの辻発彦っすよ。さらに石毛宏典以来36年ぶりの新人遊撃手開幕スタメンを勝ち取った源田壮亮というニュースターも出現した。巨人だって、原辰徳の甥っ子菅野智之がいまやエースだ。フ?ロ野球は終わりのない連続ドラマである。何十年も前からストーリーはずっと続いている。

 昔は楽しかった。たぶんそうだろう。俺もそう思う。けど、今のフ?ロ野球だって面白いよ。

 あの頃、巨人vs西武の日本シリーズに熱狂したすべての人たちへ。2017年のGL決戦を捧げたい。

 See you baseball freak……

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2828でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 埼玉西武ライオンズ(中川充四郎)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。

(プロ野球死亡遊戯)

関連記事(外部サイト)