楽天・浅村栄斗の登場曲だった『やんちゃ坊主』誕生のきっかけ

楽天・浅村栄斗の登場曲だった『やんちゃ坊主』誕生のきっかけ

平安高校野球部出身のミュージシャン・強 ©かみじょうたけし

 2014年の秋だったか、知り合いの女性カメラマンがオープンしたカフェに顔を出した。お店はご夫婦で営んでいるが、その日は旦那さんが居らず、店内は女性カメラマン、僕、もう一人の男性客の三人であった。久しぶりに会えた嬉しさか、なかなか顔を出せていない申し訳なさなのか、ずっとモノマネで喋る僕がいた。

女性カメラマン「それ誰のモノマネですか?」

かみじょう「平安高校野球部の原田英彦監督ですやん!」

女性カメラマン「誰がわかるねん(笑)」

かみじょう「皆、知ってるし!」

女性カメラマン「あれ? あんた平安の野球部出身やんなぁ?」

かみじょう「いや、俺は違うから(笑)」

女性カメラマン「ちゃうやん、ツヨシは確かそうやんな?」

「はぁい」

 店内にいたもう一人の男性が答える。どうやら、偶然お店にいたもう一人の男性が平安の野球部出身だという。こんな偶然があるのか……。

■浅村栄人に贈った曲「やんちゃ坊主」

 話を聞くと野球部では3年生の夏、見事に甲子園出場しベスト8まで進出したのだという。「あの準々決勝で松山商業とやった時の平安の選手!?」。気づけば平安高校での厳しい練習の日々、僕の原田監督モノマネを野球部OBの皆さんも知ってくださっている事、甲子園でショートゴロに飛び出して挟まれた話など夢中になって聞いた。

女性カメラマン「あと、彼、今は歌手やってるんでまた応援してやって下さい」

 これがミュージシャン「強」との出会いだった。

 その後、僕がやっているラジオ番組にゲストで来てもらったり、強のライブにゲスト出演したりと交流を深めた。

 そして2015年の3月だった、埼玉西武ライオンズの浅村栄斗選手へプレゼントする「やんちゃ坊主」という登場曲を作ったからと音源を頂いた。そして歌を聴いて二人の関係をはじめて知ったのだ。

負けるんじゃねぇぞ お前の夢は

かつて共に涙を流した 仲間達の夢だって事を

忘れんじゃねぇぞ

どんな偉くなっても お前らしくあれよ

まさかこんなカタチで巡り会うなんて思ってなかった

あん時は二十歳でお前はあどけなさの残る少年だった

それが今では野球選手 あん時のコーチが歌歌ってる

ホンマ人生って何が起こるか解らんもんやな

「やんちゃ坊主」の冒頭の部分である。歌詞に出てくるコーチが強氏で少年こそが浅村選手本人だという。そう、この歌は実際に大阪都島ボーイズ時代の浅村選手と当時コーチだった強氏の物語を歌ったものだったのだ。兄のおさがりのグローブで日が沈んでもノックを受けていた事、母が作る濃いめの焼きそばが大好物である事など、歌詞には子供の頃の浅村選手を垣間見る事ができる。

■大阪都島ボーイズ時代の思い出

 そんな浅村選手をよく知るミュージシャン強氏に改めて話を聞いてみた。

かみじょう「『やんちゃ坊主』誕生のきっかけは?」

強「都島ボーイズ時代の浅村の友達から本人が曲を作ってほしいと言ってると連絡がありました 」

かみじょう「作るにあたって大変だった事は?」

強「浅村の兄ちゃんや、お母さんや、ボーイズ仲間に色々聞きまくりましたね。あと連絡もらったのが2015年シーズン始まる1ヶ月くらい前だから、本人には出来たらいいなくらいに思といてとはいいました」

かみじょう「どんな選手だった?」

強「とにかく守備が上手かったです。今のようにホームランを打つというよりは、右方向に打ったり、セーフティバントやったり、打順も2番でした。とにかく一番怒った選手ですかねぇ」

かみじょう「やんちゃ坊主だったって事?」

強「そんなむちゃくちゃ悪い事するわけではないですが、ランニングサボったり(笑)。根は真面目な子でした」

かみじょう「でも一番怒ったのは何かあったから?」

強「野球がうまいのに、勿体無い。自分にこれくらい才能があれば絶対プロ野球選手目指すのに! みたいな、歯がゆさもありましたね」

 言葉を選びながら、丁寧に当時の事を語ってくれた。

 歌詞の中に「ひたむきな姿に逆に教えられた」とある。全国大会を目指して頑張る姿を見て、自分は大学に通いながら何がやりたいんだ? 彼らに胸張って語れる夢はあるのか? 彼らに恥ずかしくない自分にならねばならない。これが歌手になるきっかけにもなったという。そして現在、強は甲子園球場でワンマンライブという夢に向かって邁進中だ。

 さて今シーズンから楽天イーグルスに移籍し、打率.286、本塁打12本、打点34と期待に応える活躍ぶりはさすがとしかいいようがない(5月22日時点)。そして5月15日の8点差の逆転劇では9回同点に追いつくホームラン、5月19日のマリーンズ戦では5−5の7回に勝ち越しのホームラン、9回にはダメ押しの2点タイムリーとここぞの場面での活躍がチームを助けている。しかしながらド派手な打撃と対照的にヒーローインタビューでは必ず「後ろに繋ぐ事を考えていた」と答える浅村選手がいる。

 強氏は歌の最後に、浅村栄斗へ、そして自分自身へのメッセージを込めた。

感謝出来る大人になれ おかげさまですよと謙虚であれ

人知れず流した涙の数だけ自信をもて

負けるんじゃねぇぞ

 まだまだ続く二人の夢をずっと応援したい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/11692 でHITボタンを押してください。

(かみじょう たけし)

関連記事(外部サイト)