ご存知ですか? 6月14日はマドンナが初めて来日コンサートを開催した日です

ご存知ですか? 6月14日はマドンナが初めて来日コンサートを開催した日です

マドンナ ©getty

 アメリカの歌手マドンナが、いまから30年前のきょう、1987(昭和62)年6月14日夜、大阪球場でコンサートを行なった。マドンナは1985年にもプロモーションのため来日していたが、日本での公演はこれが初めてだった。6月11日に大阪空港に到着したときには、約2000人のファンが殺到し、パニック状態となる。

 この日も、大阪球場には約2万5000人の観客が詰めかけたほか、チケットを買えなかった約3000人が場外にあふれた。球場周辺では厳戒態勢が敷かれ、なかにはマドンナを一目見ようと近隣のビルの屋上に上ったところ、警官に追われたファンもいたという。

 1時間半にわたるコンサートでマドンナは、1曲目の「オープン・ユア・ハート」をはじめ最新アルバム『トゥルー・ブルー』の収録曲を中心として、大ヒット曲「ライク・ア・ヴァージン」を含む16曲を披露する。衣装も、話題を呼んだ娼婦風のレオタードなど計7回着替えて登場。会場には9つのスクリーンを配置して、さまざまな角度からステージの様子が映し出され、好評だった。

 マドンナは翌15日に大阪での2回目の公演を終えると、16日は京都にしばし寄り道して上京。東京では後楽園球場で3公演を行なう予定だったが、初日(6月20日)は強風と雨のため、開演直前になって中止となる。球場外にはすでに約2万人が集まっていたが、あきらめきれない数千人がゲートに詰めかけ、警備員や警官と押し合うなどしばらく騒ぎが続いた。

 それでも21日と22日の東京公演は滞りなく実施され、マドンナのパフォーマンスは各公演で約4万1000人を魅了する。ワールドツアーの第1弾であった来日公演は総計11万人を動員、マドンナはさながら嵐のように日本を席巻して6月23日に離日した。

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)