斎藤工「ハチャメチャな悪ガキでした」――阿川佐和子のこの人に会いたい(後編)

斎藤工「ハチャメチャな悪ガキでした」――阿川佐和子のこの人に会いたい(後編)

©文藝春秋

3年前、ドラマ版『昼顔』で大ブレイクを果たした斎藤さんが映画版の同作に帰ってきた。自分には武器がないと悩んだ時期の葛藤から、映画への愛の深さゆえに自らが監督することになったいきさつもうかがいました。

(前編より続く)

◆ ◆ ◆

■転校して最初の授業が卒業遠足でしたから(笑)。

阿川 1学年あたり何人くらいいるんですか?

斎藤 いちばん多いときで7人ですね。授業が僕1人というときもありました。同級生が外国に留学してしまって、僕がやめたら学校自体を畳むという状況もありました。

阿川 1人のときがあったの!? ランドセルを背負って通うんですか?

斎藤 いえいえ。カバンも洋服も自分たちで布からつくるんです。編み物という授業もありました。食事も自分たちでつくる。面白いのは、田植えが授業としてあって。シュタイナースクールは世界中にあるんですけど、その国の伝統を尊重し国によってカリキュラムが違う。日本はやっぱりお米の文化なので、お米を植えて収穫して、バザーで人に売るところまでが授業でした。

阿川 教科書は?

斎藤 なかったです。教科書兼ノートを自分たちで作っていくんです。すごく面白かったです。あと低学年から詩や俳句を作ったり。とにかく自分の中でイメージしたものを形にしていくということが、感性教育につながるという考え方。で、毎月の発表会があって、そこで僕らは『外郎売(ういろううり)』の台詞などの、古典をやる。

阿川 面白〜い! 試験はあるんですか?

斎藤 なかったんです。成績は先生が総評を親に話していた様ですけど。

阿川 工君は、どういう評価でどういう子でしたか?

斎藤 最悪でしたね。ハチャメチャで、ボイコットもするし、悪ガキだったんです。

阿川 さっき、プライベートは地味だって言ってたのに(笑)。

斎藤 少人数だったので強く出られたんだと思います(笑)。女性の担任教師は英語の授業になると衣装を変えて、ミス・コンドウという設定で日本語を一切話さなくなる。その先生の着替えを捜し出して正体を暴いて、困らせてました。

阿川 怒られなかったんですか?

斎藤 ものすごく怒られましたし、親の拳骨ももらいました。それでも懲りなかったです。

阿川 それは学校がいやだったから?

斎藤 いやではなかったです。すごく楽しかったんですけど、決められたカリキュラムや、宗教的な厳格さに対して、結構敏感に反発していたのかなあと思います。

阿川 自由な感性を磨くためにはこのやり方、って押し付けられることにカチンと来てたっていうことかしら。

斎藤 はい。たまにおじいちゃんの家で『水戸黄門』だけは見せてもらえたんです。それがもう楽しくて、テレビが魔法の箱でした。ポテトチップスを初めて食べたのは小学4年生のときで、なんて美味しいんだ、体に悪いとされているけど、早死にしてもこれを食べたいと思いました。快楽は素晴らしいものだと(笑)。

阿川 リンゴの味を知ったアダムか!(笑) 中学は地元の学校だったんですか?

斎藤 はい。正確にいうと、小学校6年の3学期に転校しました。当時の僕はサッカーが好きで、地元の公立の強豪校に入りたかったんですが、シュタイナーは当時、学校法人として認められてなかったので、その中学に入るために無理やり転校したんです。実はシュタイナーはサッカーも禁じているんです。足でものを蹴るという概念をよしとしてないんですよ(笑)。

■最初は映画の裏方志望でしたが、原田芳雄さんの演技を見て役者に興味を持ちました。

阿川 面白いねえ(笑)。でも、小6の3学期に転校するって辛くなかったですか?

斎藤 辛かったですよ。最初の授業が卒業遠足でしたから(笑)。

阿川 いきなり卒業遠足!?

斎藤 しかも知らない同級生とディズニーランド。ほんとに地獄でしたね。また、当時流行りのゲームとか話題が合わない。人見知りが始まったのはその頃からかもしれません。

阿川 なるほどね。で、映画にはまったのはそういう環境のせいもあったんですか?

斎藤 父は映画に関してほんとなんでも知ってるんです。そんな父でも知らない映画を見つけたいと思ったのが始まりで、中高生の頃からたくさん映画を観るようになりました。地元のレンタルビデオショップの「あ行」から全部制覇しようと思って。でも最初の「あ」がものすごく多くてなかなか進まなくて(笑)。『愛の〜』というタイトルがたくさんありますし。

阿川 『愛のコリーダ』とか『愛と青春の旅だち』とかね。具体的にはどんな映画が好きだったんですか?

斎藤 特にATG(日本アート・シアター・ギルド)作品は好きでした。後で調べたら予算はないのに、作品に込められたエネルギーが違うんですよ。

阿川 大島渚さんが聞いたら、泣いちゃうよ(笑)。

斎藤 そうやって数多くの映画を観ているうちに映画にかかわりたいと思うようになりました。それまでも父が制作した映像に僕と姉が子供のときに出させられたことがあって、撮影現場に行ったことはありました。そのエンドロールに父の名前や優しくしてくれた照明のおじさんの名前があって、裏方の人たちがかっこいいなと思ったんです。高校卒業の際、映画の専門学校に進学したいと思って、父に相談したら、「机の上で勉強するものはない。お前は現場に出ることを考えなさい」と。

阿川 あ、最初は裏方志望だったんですか。役者に興味を持ち始めたのは?

斎藤 ATG作品で原田芳雄さん主演の『竜馬暗殺』に衝撃を受けてからですね。世の中に対しての怒り、反体制の意識があって、弱者の目線からなにかをいう。そんな心根を感じ、生涯かけて向き合いたい、この演技を継承していきたいと思ったんです。原田さんの演技って、台詞なのに言わされている言葉がまったくないのがすごくて。

阿川 斎藤君、熱いね〜。原田さんに会ったことはあるんですか?

斎藤 撮影はご一緒してないんですが、同じ『不毛地帯』というドラマに出させていただいたので、打ち上げでお目にかかりました。その席でトム・ウェイツが歌う主題歌をアカペラで歌ってくださって、それはもう絶対に忘れないと思って、ずっと耳の中に閉じ込めているんですけど。

阿川 他にはどんなお話を?

斎藤 「あと10年目茶苦茶やりなさい」とアドバイスをいただきました。もうすぐその10年になるんですけど。

阿川 目茶苦茶やったんですか?

斎藤 そうですね。目茶苦茶は、最近バラエティー番組でやりました(笑)。

阿川 ああ、大晦日の『ガキの使いやあらへんで!』で芸人のサンシャイン池崎さんが絶叫するネタを完全にコピーして話題になってましたね。

斎藤 ありがとうございます(笑)。

阿川 あれは驚きました(笑)。まあ斎藤さんがブレイクしたのはドラマ『昼顔』からかもしれないけど、決してポッと出じゃない。もうすぐ役者歴20年になるんだものね。

斎藤 そうです。これだけ長くやらせていただいているのに、試写を見ると、なんて自分は役者に向いてないんだと思ってしまいます。

阿川 ええーっ!? 何を今更!?

斎藤 デビューが2001年の『時の香り』という映画なんですが、そのときの自分のダメさ、恐怖がまだ残っていて、いまだに大丈夫かな、と不安で……。

■監督として長編映画を撮らせていただきました。

阿川 いやいや、できてるから(笑)。

斎藤 ずいぶんオーディションを受けましたけど、同世代は「○×やっています」とか強みを持っている中で、自分には特徴がないと悩んでいた時期が長かったんです。それがオーディションで好きな映画を聞かれると、マキノ映画とか同世代が知らないような作品を挙げているうち、僕に興味を持ってもらったことがありました。結局、自分の強みは映画をたくさん観てきたことしかないのかなって。

阿川 そんなことはないと思うけど、その知識を活かして、雑誌の『映画秘宝』で連載もお持ちで。

斎藤 そうです。WOWOWさんで映画紹介の番組もやらせていただいています。ただ、人さまの映画を紹介させていただく以上、自分で映画を作ったことがないのではフェアじゃないような気がしまして。せめて映画を作ったことのある人間なら聞く耳を持ってもらえるんじゃないかという思いもあって、昨年監督として初めて長編映画を撮らせていただきました。

阿川 長編映画を? 監督したの!? あら〜、すみません、存じ上げず!

斎藤 いえいえ。海外ではクリント・イーストウッドが監督を務めたりしていますが、日本では俳優が監督をやるニーズがないから話題にならないんです。僕が撮ったのは高橋一生さんに主演していただいた『blank13』という作品です。公開はまだで、いまは映画祭に出品したりしている段階。ただありがたいことにそこで賞をいただいたりもして。

阿川 スゲェ! でも演者と監督ってやっぱり違うでしょう? 出来るものなんですか?

斎藤 大それていますよね(笑)。もちろんスタッフの力を大いに借りていますが。映画制作の専門教育を受けてないので、僕はコンテも描けないんですよ。だからビデオコンテを作るんです。

阿川 ビデオコンテ?

斎藤 これはずるいんですけど、今まで観てきた数々の映画から、「このシーンはガス・ヴァン・サントの『エレファント』の淡い空気感で」と指示したりする。それをみんなで共有できるよう、既にある映画のシーンを録画してスタッフ間で共有するんです。

阿川 「あ、このテイストなのね」って伝わるようにってこと?

斎藤 はい。そうすることで僕が何を求めているかダイレクトに伝わる。映画をたくさん観てきて良かったなと思いました(笑)。これまで短編も含めて7作、監督させていただいていますが、まだやりたい企画がたくさんあるんです。既に企画書には起こしていまして。

阿川 企画書にまでしてるの!?

斎藤 はい(笑)。そういう変則的な、「あ、役者さんってそういうこともするんだ」と思われる飛び道具的な存在で僕はありたいです。

■一筆御礼

 お話を伺うにつれ、人生はつくづく、何が武器になるかわからないと思いました。幼い頃にコンプレックスだったこと、苦手と思いながら続けていたこと、自分だけの秘かな楽しみ、人見知りの性格、人との違いに思い悩んでいた期間……。それらすべてがマグマとなって、いつかほっこり花を咲かせることがある。だから人生は予測不能で面白いのですね。セクシーな部分ばかりが取り上げられてご本人としてはちょっぴり不本意なところもおありでしょうが、それもまた大いなる武器だと拝察いたします。セクシーでインパクトが強いのに地味。静かなのに意欲的。謙虚なのに情熱的。まさに『昼顔』に登場する蛍先生そのものです。これから俳優として監督として、ますますいい作品をつくりつつ、ときどきギョッと世間を驚かせ、にもかかわらず「はい、どいて!」と気づいてもらえない稀少なる斎藤工を貫いてください。サンダーバードよ、今日も行け!

さいとうたくみ/ 1981年、東京都生まれ。高校生のときよりモデル活動を始め、俳優に。2014年放送のフジテレビ系ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で大ブレイクする。主な出演作として映画では『無伴奏』『団地』『高台家の人々』、初長編監督作『blank13』、ドラマでは『アキラとあきら』など。最新出演映画『昼顔』は6月10日より全国公開。
http://hirugao-movie.jp/

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)