梅毒患者は水銀風呂に入れ! 泣きやまない子どもにはアヘンを! 本当にあった“残念”な医学

梅毒患者は水銀風呂に入れ! 泣きやまない子どもにはアヘンを! 本当にあった“残念”な医学

ロシア製の電気シャワー。見るからに怪しいが、電気を身体に流すことで万病が治ると、長年世界中で信じられていた。18世紀のフランスでは、「街中のみんなが感電したがっている」と、ある内科医が書き残している。

「頭痛がしたらこめかみに“焼きごて”を押し当てて解決」「大量に出血した患者にはブランデーを生で注射」「ヤギの睾丸を身体に移植してアンチエイジング」かつて実際に行なわれていた仰天エピソードがツイッターで話題になった『 世にも危険な医療の世界史 』を、大阪大学医学部教授で病理学の専門家、仲野徹氏が紹介!

◆◆◆

 あぁ、いまの世に生きていてよかった。この本を読んだ誰もがそう思うはずだ。かつておこなわれたことのある医療のオンパレード。いや、はたして医療といっていいのだろうか。そのほとんどは強烈な痛みや苦痛をもたらすものばかり。いやはや、恐ろしい時代があったものだ。

 第1部『元素』と第2部『植物と土』に記載されているのは、水銀、アンチモン、ヒ素、金、ラジウムとラドン、アヘン、ストリキニーネ、タバコ、コカイン、アルコール、土(!)。薬というよりむしろ毒物で、元気な人でも病気になってしまう。しかし、どうしてこのような物が医療に使われたのだろう?

■強烈な下痢と大量の唾液は好ましい「効き目」だった

 考えてみてほしい。お医者さんへ行ってお薬をもらう。なにも効き目が感じられなかったら、医師と患者、どちらも満足感がえられない。残念ながら、昔は、からだに何らかの影響をおよぼす物質というのがあまり知られていなかった。だから、たとえ毒であっても、何らかの「効き目」があれば、お薬として使われたのではないだろうか。

 そんなアホな、納得できん!と、思われるかもしれない。しかし、なんといっても、病気がどのようにしておきるかがわかっていなかった時代である。どんな作用であろうが、それにあわせて、都合良く、どのようにして病気に効くかの理由を考え出せばすむ問題だ。それに、毒を以て毒を制す、などという便利な言葉もある。

 たとえば、トップバッターで紹介されている水銀、16世紀から19世紀には、塩化第一水銀であるカロメルという薬剤があった。カロメルを服用すると、強烈な下痢が引き起こされ、口からは狂犬病にかかったかのごとく大量の唾液が分泌される。いずれも体液がだだ漏れになるのだから、からだに悪い。しかし、当時は便秘が病気の原因であると考えられていたため、下痢はありがたい治療効果と見なされた。また、唾液の垂れ流しも、体の中にある毒素が排出される好ましい治療効果と解釈された。カロメルこそが毒なのに…。

 水銀は、銀色に輝く性質が好まれたためか、それ以前から何100年もの間、万能薬として利用されてきた。秦の始皇帝は錬金術師の調合した水銀入りの「薬」を飲んだがために水銀中毒で亡くなった。エイブラハム・リンカーンも一時期は水銀中毒だった。梅毒患者は水銀の蒸し風呂に入れられた。どれもこれも気の毒すぎるエピソードだ。

 アヘンによる多幸感、アンチモンによる嘔吐、ストリキニーネによる神経症状、コカインによる興奮状態なども、毒物作用より、治療をもたらす好ましい効果と判断されたのだろう。アヘンやコカインは、患者も気持ちよかっただろうから、受け入れられやすかったような気がする。ただ、依存性があるので、後がとってもこわいのだけれど。

 薬の副作用がどのようなものかはちょっと想像しにくいかもしれない。しかし、第3部『器具』、第4部『動物』、第5部『神秘的な力』に紹介されている、瀉血、焼灼法、浣腸、ヒル(蛭です)、食人(!)、断食、電気などになってくると、おぼろげながらどれくらい怖いかがわかるだけに、いよいよ身の毛がよだってくる。

■風邪が長引いたら顎の下や首に、熱々の焼きごてを……

 どれもかなりなのだが、焼灼法は相当に恐ろしい。頑固な頭痛ならこめかみに、風邪が長引いたら顎の下や首に、熱々の焼きごてをあてて皮膚を潰瘍化させる。考えただけで熱くて痛い。たとえ効果があったとしても受けたくない「治療」だ。かの医聖・ヒポクラテスが、火で治らない病気は不治である、とまで言っていたらしいから、かなり広くおこなわれていたのだろう。

 ヒポクラテス以来、19世紀の半ばまでという長きにわたり、病気は体液の乱れによって生じると信じられていた。このドグマに基づいて、血液を抜く治療法である瀉血をおこなえば、体液の乱れを正すことができると考えられていた。瀉血は当時の医療パラダイムに合致していたのだ。とはいえ、どう考えてもからだによろしくない。

 からだの調子が悪い時に血を抜かれたりしたら、もっと悪くなること必定だ。それどころか、場合によっては命にかかわる。実際、モーツァルトは死ぬ前の1週間に2リットルもの血を抜かれているし、ジョージ・ワシントンは、風邪の治療に瀉血をうけて亡くなっている。

 瀉血専用の器具を使ったりメスで傷つけたりするのが一般的な方法だったが、その方が痛みがすくないという理由から、ヒルが使われることもあった。皮膚から血を吸わせるだけでは飽き足らず、口から飲ませたり肛門から入れたりもされたというから、想像するだにおぞましい。

 どの章でも、「ホンマですか?」と言いたくなるようなエピソードが満載だ。幸いなことに、現在の医療では、この本に紹介されているような「トンデモ治療法」は一掃されている。しかし、当時の医師たちは、大まじめに考えた末におこなっていたのだし、患者達も納得して受け入れていたのである。

 この本を読むと、人間というのは浅はかだと思うと同時に、たかだか200年くらいの間にいかに科学や医療が素晴らしく進歩したかに感銘をうけること間違いなし。いや、ホンマにええ時代に生きてますわ、わたしたちは。

仲野 徹 1957年、「主婦の店ダイエー」と同じ年に同じ町(大阪市旭区千林)に生まれる。大阪大学医学部卒業後、内科医から研究の道へ。京都大学医学部講師などを経て、大阪大学大学院・生命機能研究科および医学系研究科教授。専門は「いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか」学。著書に『エピジェネティクス 新しい生命像をえがく』(岩波新書)、『こわいもの知らずの病理学講義』、『(あまり)病気をしない暮らし』(いずれも晶文社)など。趣味はノンフィクション読書、僻地旅行、義太夫語り。

?

(仲野 徹)

関連記事(外部サイト)