AKB投票券の曲に感じた“拍子”の流行り廃りの必然――近田春夫の考えるヒット

AKB投票券の曲に感じた“拍子”の流行り廃りの必然――近田春夫の考えるヒット

願いごとの持ち腐れ/AKB48(キングレコード) 作詞は秋元康。総選挙投票課題曲かつ全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲。

『願いごとの持ち腐れ』(AKB48)/『ハニーアンドループス』(豊崎愛生)

 いわゆるAKB48グループだが、如何な理由を以てこれほどの巨大集金組織として我が国アイドルシーンに君臨するまでに至ったのか……。

 ま、そういってしまうと本当に身も蓋もない話なのだが、結局、かつてはその業界にも暗黙のうちにあった、(1)射幸心を煽る。(2)劣情を刺激する。という商道徳上の古典的禁忌(とまではいいませんけどね)を、むしろ堂々と運営の基本理念にすえてしまった(笑)ことに尽きるのではないか。私はそう思っている。

 しかしそれにしても恋愛禁止に握手会。じゃんけんと総選挙だよ! 坊やちゃんたちの劣情並びに射幸心のあまりの健気なといいますか、つましさについほだされては涙のひとつもこぼしそうなこの俺だが、気を取り直してそろそろ楽曲のチェックに入らねば。

『願いごとの持ち腐れ』。

 まず目に止まったのがこのタイトルであった。一体これはどんな願いごとで、どう持ち腐れているのか? 聴いてみたくなるではないか。うまい。まさに専業作詞家の面目躍如である。jpopによくありがちな、作曲担当の人がついでにテキトーに書いちゃいましたぁ! みたいな、ふわふわした雰囲気以外に何の意味も伝わってこないようなものとは違う。これはちゃんとコトバが仕事をしている。

 てか、それよりなにより、例によって秋元康の心情的近況が、きっとこの歌からも読み取れるに違いない。俺は下世話な好奇心を抑えられず、早速音源の再生を始めた。

 するとビックリ! なんと3拍子、まてよ6/8拍子ではないか。さすがの私もこれは予想していなかった。

 そういえばいつからか、ポップス歌謡曲問わず、6/8拍子や3拍子というのはすっかりその姿を消してしまっている。洋の東西を問わず、今や右も左も商業音楽といえばエイトビートか16ビート。4/4拍子その一色だ。

 そうした傾向の必然がこの曲を聴いているうちにちょこっと見えてきた気がした。

 ひとことで申すなら、もはや時代にそぐわないということである。無論この作品が、そうした古色蒼然たる世界を狙ってのプロデュース/企画なことぐらい俺にだってわかるよ。だが、そこのところの色付け、演出を差っ引いたとしてもだ。それでも6/8拍子なるものの本質が体感させてくれるのは、今となっては――セピア色とかいうんですかね――一種懐古の情でしかないんだなァと……。おっと、そっちに話がいっちゃうと頁に収まりきらなくなる。秋元康の歌詞はどーなっちょるのかね? に戻しますね!

 なのですが、聴けば今回は――やっつけとまではいいませんがね――かなり通り一遍。俺には、自身のうちにあるものの吐露というよりは無難な一般論に終始している風にも映ってしまい、退屈であった。あっ、合目的的ってことでは文句のつけようないですけど。

 豊崎愛生。

 あと俺も60歳若ければ楽しめたかも……。

(近田 春夫)

関連記事(外部サイト)