【ソフトバンク】届け、ピンクのエール! 今年も盛大だったタカガールデー

【ソフトバンク】届け、ピンクのエール! 今年も盛大だったタカガールデー

©松中みなみ

 あと1カードで終わっちゃうんですね、交流戦。早い……。

 ソフトバンクは交流戦2位で最終カードを迎えました。対戦相手は、交流戦もセ・リーグでも首位を走っている広島。16日の初戦をものにして、なんとゲーム差は0に。最後の最後に首位攻防戦になるなんて、交流戦の神さまってば……ドキドキさせてくれますね……。

 このカードをソフトバンクが勝ち越せば、交流戦優勝! 史上初のV3を達成……!!!

 常日頃から(監督就任した当初から)工藤公康監督が仰ってる「カード勝ち越し」の目標。

「監督が目指してるこのホークスの戦い方、いつやるの?! 今でしょ!」と、野球大好きの林修さんも言ってくれると思います。

■カープ神3とガールズ対決

「前回やった『とり』対決と同じように今回も対戦方式にしましょう」と村瀬コミッショナーに言われ、この野球コラムでは少ない女性同士の対決をすることに。

 最近は、さらに女性の野球ファンが増えて、女性限定イベントやサービスも一気に多くなりましたよね!

 球団別に、鷹ガール(ソフトバンク)、オリ姫(オリックス)、カープ女子(広島)TORACO(阪神)、ベイガール(DeNA)……といった呼び方もあるほど。

 オリ姫、トラコ、、めっちゃ可愛い。。

 こんなキラキラした日が来るなんて10年前は想像できなかった。

 野球を知らない子の野球に対するイメージって、「ルールはてな。やたら試合長い。お父さんが家のテレビを独占しててまじウザい」みたいな。そんなこと言ってた友達が今は一緒に球場に行ってくれるなんて……幸せ☆

■今年も盛大だったタカガールデー

 2006年から始まった“女子高生デー”が今はターゲットを広げて“タカガールデー”になり今年で4年目。

 このイベントが行われる試合は毎年満員なんですが、女性にはピンクユニフォームやフラッグが無料配布ということもあって男女比が半端ないんです。(私も大好きなイベントで、今年もしっかり参戦)

 2014年・2015年は観客の約3万8500人中、2万8000人がタカガール! 2016年は2万9500人……。球場の75%以上がタカガール! そして、今年は3万350人。ついに3万人越え!

“届け! ピンクのエール”のタイトル通り、まさに球場全体がピンク! ピンク! ピンク!!

 球場の中も外もインスタ映えアイテムでたくさん!

 試合が始まる前からボルテージが上がること間違いなしですが、このタカガールデーではもう一つ、大事な意味があるんです。

■「タカガール」に向けての啓発活動

 このタカガールデーでは、8年前の2009年から乳がんの検診を呼び掛ける“ピンクリボン運動”も同時に行っています。

 そのきっかけは鳥越裕介コーチの悲しい経験から始まりました。9年前にまだ34歳だった奥さまを乳がんで亡くされた鳥越コーチ。「本人も家族も辛い。この呼び掛けで1人でも早期発見、治療で助かれば……」と、鳥越コーチをはじめ、選手の皆さんが試合前、乳がんの検診を訴え掛けていました。

 私は大丈夫、な気がする。まだ若いから大丈夫。

 と思わず、定期的に検診を受けよう。と改めて気付かされる日でした。

 皆さんも、家族や友人、大事な人に「大丈夫? 検診受けてる?」と声をかけてあげて下さい。そういう事も改めて認識させてくれる、とても意味のある大切な大切な試合でした。

 鳥越コーチの思いが1人でも多くのタカガールに届きますように。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2973でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 広島東洋カープ(大井智保子)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。

(松中 みなみ)

関連記事(外部サイト)