「本が売れない時代」の作家デビュー。どう売ればいいのか?――『#電書ハック』配信記念#2

「本が売れない時代」の作家デビュー。どう売ればいいのか?――『#電書ハック』配信記念#2

『#電書ハック』(柳井政和 著)

10年後には紙の本ってなくなるの? 電子書籍の現在と未来――『#電書ハック』配信記念#1 から続く

『#電書ハック』とは? 
バリバリの文学少女・春日枝折は老舗出版社へ入社するも、配属先は電子書籍編集部!? 紙の本から戦力外通告を受けた老作家、ネット民には刺さる引きこもり作家、紙の本には目もくれないデジタル電子書店員たちとの出会いに戸惑う枝折。 やがて担当作家たちが出版界の内幕を暴露するテロ攻撃、〈電書ハック〉を計画していると知り……。

参加メンバー
◎柳井政和(『#電書ハック』著者。43歳)
◎加藤樹忠(株式会社ブックリスタReader Store企画部 部長。40歳)
◎佐藤由布子(同Reader Store 編成部 ストアディレクター。39歳)
◎松原嘉哉(株式会社トゥ・ディファクトUX企画部 副部長。37歳)
◎矢部潤子(同UX企画部 ディレクター。61歳)
◎司会・荒俣勝利(株式会社文藝春秋電子書籍編集部 副部長。52歳)

 IT系作家と現役電子書店員座談会( #1 より続く)

■「本が売れない時代」の作家デビュー

加藤 まず、どうしてこの作品を書こうと思われたのでしょうか? 作中に作家から出版社への憤りが描かれていましたが、本当にそのように感じられているのでしょうか? それが執筆の理由だったりしますか?

柳井 ゼロと言ったら嘘になりますね(笑)。いま本が売れない時代と言われているわけですが、本当は出版社が本を売っていないんじゃないかという疑問は、自分が出版社から本を出してからずっと持っていました。

私のデビュー作は松本清張賞の最終候補作止まりでしたので、売れる要素が薄いと自分でも思っていました。本が出てもプロモーションらしいことはほとんどないので、みずから手弁当で広報をやりましたが、自分の人脈がネット関係ばかりだったので、売れたのはほとんどが電子書籍だったと思います。

 2冊目の本が出たときはもっとひどくて、発売の1ヶ月前に担当の人が人事異動でいなくなり、次の担当が決まったのは発売の2ヶ月後。その新担当者との引き継ぎの時に、「発売1ヶ月の初動が悪かったので、次は状況が変わるまで紙の本は出せません」と言われて、「担当もいないのに売れるわけないよな。誰も売っていないんだし」というのが正直な感想でした(笑)。

 今回、取材していくと、電子書籍の部署から紙の編集部や営業部に対する愚痴も出てきたり、やはり出版社の中でも電子書籍に対する思いは一枚岩ではないなと。でも、ある程度の対立があればこそドラマも生まれてくるわけで、これは小説にできると思いました。

加藤 電子書籍への風当たりと言うと、私も経験があります。ソニーは2010年に本格的に電子書籍に参入しました。ちょうどその頃、キンドルが来るとか来ないとか、ガラパゴスが端末を出すとか出さないとか、そういう渦中にあって、私もいろいろ新聞の取材などを受けたのですが、なぜか電子書籍の難しいところしか記事にならない(笑)。いま振り返ると、電子書籍はすごく難しい始まり方をしてしまったなと思います。

 最近になってやっとネットサービスの一環として一般の人たちが普通に利用するもの、スマホの中にあるアイコンの一つという感覚になってきたのではないでしょうか。

■電子書籍を若い人に読んでもらう秘策とは

佐藤 もう一つ、柳井さんにご質問したいのですが、電子書籍は今の出版界の根本的な課題である、本を読む人を増やすということに貢献できるとお考えでしょうか?

柳井 いまの30代、40代以上は、もともと紙の本を読んでいた人たちしか電子書籍を読まないと思います。紙の本では目が疲れてしかたないという50代、60代の人たちには、文字を大きくできる電子書籍は圧倒的なメリットです。

 若い世代に関しては、もともとスマホで文字を読む人たちだから電子書籍に抵抗はないと思いますが、彼らは無料のものに慣れているので、それをどうやって有料の方に持ってくるという難しさはあると思います。

 若い人たちは本は読まないけどYouTubeは見ています。端末自体は使っているけど、それで文字を読むという文化にはなってない。YouTubeのようなものから有料の文字ものへの橋渡しが必要になってくる。もともと彼らが興味を持ってるところから導線を引かないとダメでしょうね。

松原 若者たちが興味を持っているところから導線を引くという意味では、最近、ZOZOTOWNと組んでキャンペーンをやりました。ZOZOTOWNで洋服を買った人にオマケとして電子書籍クーポンが付けると、紙の本を購入したお客様に電子書籍クーポンを付けたときより、利用された比率が高かったのには驚きました。

 全然違う客層と思っていた人たちでしたが、本は汎用性の高い商材なのでこのような結果になったのかなと思っています。やはり、電子書籍は仕掛けが大切だなと改めて思いました。

■“マイクロ・インフルエンサー”を狙え!

佐藤 電子ストアのSNSのフォロワー数を増やす、バズらせるようないいアイデアがありませんでしょうか。

柳井 基本的にはバズるというのは交通事故みたいなものだと思っています。車が多く走っている場所へ行かないと交通事故には遭わないわけで、もともとフォロワー数が多いか、フォロワー数が多い人に絡むことでバズるというのがほとんどではないかと。まあ、往々にして悪い方にバズることが多いですけど(笑)。

司会 炎上商法ですね(笑)。電子ストアのSNSはどのように運営されているんでしょうか?

加藤 うちのSNSはストア内の情報をお客さんに届ける以上のことはやっていませんが、最近ソニーミュージックの傘下に移ったこともあって、いろいろなエンターテインメントと絡んだ施策はやっています。例えば、2.5次元の舞台のオリジナル雑誌を作って無料で配るとか。

 2.5次元の役者さんにはツイッター上で7万、8万というフォロワーがいるので、役者さんたちの情報発信はストアへの来客促進にもなりました。声優さんとかアイドルとか、アーティストさんたちとファンとのつながりを一緒に使わせていただいて電子書籍に興味をもってもらうというようなことは、ここ1、2年うまくいっていると思います。

司会 いまの世の中は蛸壺化していて、すごくたくさんの数ではないけど、とても熱心なファンがついているエンターテインメントがいろいろありますね。

加藤 4、5万人でも東京ドームが満杯になるくらいの数ですからね。

松原 先日、名古屋のアイドルグループのボイメン(BOYS AND MEN)の写真集を丸善ジュンク堂とhonto限定で販売したんですが、メチャクチャ売れました。名古屋の丸善で握手会をして、メンバーにお勧めの本を選書してもらったら、ファンの皆さんがTwitterでリツイートしてくれるんです。

あるメンバーが、三重県の渡鹿野島という島ぐるみで売春を生業としてきた売春島のルポルタージュをセレクトしたら、その本の著者が絡んできたりして、あまり宣伝ぽくないのがよかったのか、とても盛り上がりました。

矢部 宣伝臭がすると、途端に「ちょっと」と思う人がいっぱいいるんですよね。

司会 SNSの規模感というのもありますよね。あまりたくさんの人たちに届けるのは難しいけど、数万人くらいのレベルまでは頑張れば届くという。

松原 マイクロ・インフルエンサーと言うらしいですね。100万規模のフォロワーのいるインフルエンサーだと、フォローしている人は多いんですけど、あまり強い反応はないとのことです。

司会 そういうところを上手く狙っていくと、じつはけっこうな影響力が出てくるんですね。

 皆さん、本日はどうも有難うございました。

 写真=深野未季/文藝春秋

※この座談会のノーカット版が 文春books に掲載されています。

『#電書ハック』の購入は以下の電子書籍サイトから
【honto】
https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20012-121979037-001-001.html
【Reader Store】
https://ebookstore.sony.jp/item/LT000106481000849110/?cs=pickup_novel

(「文藝春秋電子書籍」編集部)

関連記事(外部サイト)