現地では格差婚報道も EXILE・AKIRA結婚相手の華麗なる男性遍歴

EXILE・AKIRA妻のリン・チーリン(林志玲)、台湾F4ジェリー・イェンや大富豪と交際報道

記事まとめ

  • EXILEのパフォーマーAKIRAが台湾人女優でトップモデルのリン・チーリン(林志玲)と結婚
  • リンはジョン・ウー監督『レッドクリフ』に出演、『月の恋人』で木村拓哉と共演した
  • リンはF4のジェリー・イェンや、台湾の和成欣業の御曹司チウ・シーカイとの交際報道も

現地では格差婚報道も EXILE・AKIRA結婚相手の華麗なる男性遍歴

現地では格差婚報道も EXILE・AKIRA結婚相手の華麗なる男性遍歴

舞台『レッドクリフ 〜愛〜』の記者会見に登場したリン・チーリン(左)とEXILE・AKIRA(右)(2011年) ©時事通信社

「心から幸せにしたいと真摯に思いました」

 6月6日に台湾人女優でトップモデルのリン・チーリン(44 林志玲)との結婚を発表したEXILEのパフォーマーAKIRA(37)は、心中をこうコメントした。日台のトップスター同士の電撃婚は、日本だけではなく台湾・中国といった中華圏メディアでも大きな話題となった。

■語学も堪能な、才色兼備なインテリ

「結婚発表のあと、カーナビの中年男性ユーザーは次々とリン・チーリンの音声から切り替え!」(6月7日付 東方財富網)

 中華系経済メディアもその結婚余波について特集を組むほどで、リンの結婚によって多くの中年ファンが落胆していると報じられている。それもひとえにリンのキャラクターと美貌が、幅広い人気を集めているが故なのだという。

「リンはカナダ・トロント大学を卒業したインテリで、北京語、広東語、英語、日本語を流暢に話すなど語学も堪能。中華圏の男性にとっては、理想的な“花瓶(飾り物)”としてアイドル的な存在になっていました。その甘い声も特徴的で、彼女の声を搭載したカーナビが人気を博した。しかし電撃婚によってファンが失望。リンの音声から中国落語家に切り替えるユーザーが続出したそうなのです(笑)」(台湾人ジャーナリスト)

 モデルとして活動していたリンは2008年にジョン・ウー監督の大ヒット映画『レッドクリフ』に出演し女優デビュー。10年には日本のテレビドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』(フジテレビ系)で木村拓哉の相手役を演じ、日本でもその名が知られるようになった。

 それ以降、リンはアジア圏で人気の大女優に。AKIRAとは11年の舞台版『レッドクリフ〜愛〜』で知り合い、長い年月を経てゴールインとなった。

■恋多き女性としても知られていた

 才色兼備の女優として不動の地位を築いていたリン。日本風にいえば“お嫁さんにしたい女優No.1”といったところだろうか。

 彼女は恋多き女としても知られていた。

「ファンの誰もが知っている交際相手がジェリー・イェン(言承旭)です。ジェリーは日本の少女漫画『花より男子』を台湾でドラマ化した『流星花園』で主役の道明寺司役を演じたイケメン。同ドラマから派生したF4というアイドルグループのメンバーでした」(同前)

 二人は交際と破局を繰り返しながら、10年以上に渡って恋人関係にあったといわれている。最近もマレーシアのホテルでツーショットが目撃されたこともあり、最終的にリンが結婚する相手はジェリーと思い込むファンも多かったという。

 しかし古今東西、長すぎた春が成就することは難しいもの。

 リンも、「初めての恋は10年間も続いたが、残念ながら実ることがなかった。40歳までに結婚するのはほぼ不可能になった」と寂しそうに振り返ったことも。

■数々の富豪からの猛アタック

 また、台湾の大手住設メーカー和成欣業の御曹司チウ・シーカイとの交際が報じられたこともあった。リンは同社のイメージキャラクターを務めていた。この交際についてリンの母親も「もし本当なら素晴らしいこと」と大プッシュ。しかし、富豪御曹司との交際も、リンにとっては最後の恋とはならなかった。

「チウも猛アタックしていたように、リンを口説こうとした大富豪はとてもたくさんいた。シャープを買収したことで知られる鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)のテリー・ゴウも彼女のことが大のお気に入りだったといわれています。最近、彼女が中国のリアリティ番組に出演したことで中国でも人気が過熱。中国のビリオネアが何人もリンをものにしようと奔走していたようです」(中国人ジャーナリスト)

 イケメンアイドルに中台の富豪達――。そんななかからリンが選んだ結婚相手が日本人だったことには、ファンやメディアにとっては驚きだった模様だ。

■台湾人・中国人が気になっているのは“素顔”と“格差”

「EXILEを知っていても、AKIRAまでは知らない台湾人・中国人は多く、結婚発表を機にAKIRAの人物像にフォーカスした記事が多く出ています。14年にドラマ『GTO TAIWAN』の撮影で台湾を訪れたときにスタッフに食事の差入れをした等のエピソードを掘り起こし、『リン・チーリンの旦那さんは超太腹』なんて記事も掲載されています」(前出・台湾人ジャーナリスト)

 日本メディアや中華系メディアで大々的に報じられている日台スターの国際結婚。しかし、そのなかには日本人には意外と思えるような報道も目に付いた。

「AKIRA年収公開! 1800万元を稼いだが、リン・チーリン2億元に惨敗!」(6月7日 自由時報)

 なんと中華系メディアで注目されているのは2人の格差婚ぶりなのだ。確かに1800万元(約7200万円)と2億元(約8億円)の年収を比較するとリンの収入は桁違いではあるのだが……。

 幾多の恋の末に日本人男性を選んだリン・チーリン。それが真実の愛なのかどうかは、やがてアキラかになるのかも!?

(須賀 マイク)

関連記事(外部サイト)