音信不通のカナブーン飯田 清水富美加をダマした“嘘つき”手口

音信不通のカナブーン飯田 清水富美加をダマした“嘘つき”手口

行方不明の飯田祐馬 ©時事通信社

 ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」が6月15日に予定していたライブが急遽中止となり、メンバーの飯田祐馬が音信不通の状態になっていることがわかった。公式サイトには、「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と他のメンバーが連名でメッセージを掲載している。

 飯田をめぐっては、過去に女優・清水富美加(現・千眼美子)との不倫トラブルが話題となっていた。

※「週刊文春」2017年3月9月号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

「報道を見て驚きました。まさかあの飯田が女優とお付き合いできたとは。でも、彼の謝罪文には納得。あいつはもともと嘘つきでしたから」(高校の同級生)

 幸福の科学へ出家した女優・清水富美加(22)との過去の“ゲス不倫”を告白したロックバンド「KANA-BOON」のベーシスト・飯田祐馬(めしだゆうま/26)。彼が報道各社へ送信した謝罪文にはこう記されていた。

〈既婚の身でありながら、そのことを隠し〉〈妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました〉

 不倫に至る経緯がゲス不倫の先輩・川谷絵音(えのん/28)と似ていると、キノコ頭の共通点も相俟って、飯田の知名度は一気にアップ。

 大阪市で生まれた飯田は、地元の中学を卒業し、市内の私立高校へ入学した。

「不良が多い学校なのですが、飯田は進学クラスにいて、学校内では頭のいい方だった」(同前)

 軽音部に入っていたという飯田。放課後は部室に入り浸り、ベースを弾く毎日を送っていたという。

「いつも長い前髪を顔の前に垂らし、ベースを肩に担いで登校していました。BUMP OF CHICKENや、RADWIMPSが好きでよく聴いていた。学園祭で曲を披露したこともあったけど、全くモテるタイプではなかったですね。そのくせ、男友達と女の子の話をしても、『俺、女に興味ないから』と場を白けさせる。不良にはヘコヘコするけど、進学クラスの大人しい男子には偉そうで、突然暴力をふるうこともあった。休み時間に同級生をドアに挟んで虐めているのを見たことがあります」(同前)

■「すぐに分かるような嘘を平気でつくヤツやった」

 別の同級生が振り返る。

「昔からすぐに分かるような嘘を平気でつくヤツやった。ある日、『曲作って来たで』と自信満々に楽譜を見せてきた。でもそれ、バンプの曲をそのまんまパクった曲だったんですよ。軽音部の仲間にはすぐにバレて、問い詰められたら『たまたまや!』って最後まで言い張っていました。

 まったく女性と付き合ったことがないのに『他校に彼女がいる』と嘯き、周りから『学校名は?』『名前は?』と聞かれても答えられず、逆ギレしていた。入部当初は『モテたくてバンド始めた』って恥ずかしそうに話していたのに、その話を蒸し返すと『違う。音楽が好きやからや』って。飯田はいつも言うことが二転三転するんです」

 清水も、その“嘘”に振り回されていたようだ。事情を知る音楽関係者が話す。

「家族思いの清水さんは飯田が既婚者だと知り、一時は身を引こうとしていた。それを飯田が引き止めていた。結局ゲス&ベッキー騒動にビビって別れた。未練があったのは飯田の方。破局後も彼女が出る番組をこっそり見ていたようです」

 2月26日、清水は自身のツイッターを10日ぶりに更新。〈ソラニン〉という謎の言葉を呟いた。

「『ソラニン』は飯田が大好きだというバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの代表曲。〈さよならだけの人生か ほんの少しの未来は見えたのにさよならなんだ〉という切ない歌詞の別れの歌です。飯田への思いが込められたツイートなのでしょう」(同前)

 世の女性を敵に回した飯田。もう川谷と“ゲス&メッシー”を組むしかない!?

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2017年3月9月号)

関連記事(外部サイト)