「行き先は都内近郊で女性関係ではない」KANA-BOON飯田失踪・マネジャーとの一問一答

KANA-BOON(カナブーン)飯田祐馬が無事帰宅 マネジャーは事件性や不倫を否定

記事まとめ

  • ロックバンドKANA-BOON(カナブーン)飯田祐馬が無事に帰宅したことが発表された
  • 「週刊文春デジタル」取材班は、KANA-BOONの所属事務所のマネジャーに取材
  • マネージャーは「事件性もないですし、不倫でもない」、会見予定も今はないと話した

「行き先は都内近郊で女性関係ではない」KANA-BOON飯田失踪・マネジャーとの一問一答

「行き先は都内近郊で女性関係ではない」KANA-BOON飯田失踪・マネジャーとの一問一答

飯田の無事を告げる発表内容(公式サイトより)

 家族から捜索願が出され、主催イベントの中止を余儀なくされるなど、ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のメンバー、飯田(めしだ)祐馬(28)の失踪騒動は大きな波紋を広げた。6月16日(日)、無事に帰宅したことが同グループの公式ホームページで発表された。

《ご家族によると、憔悴してはいるものの、怪我などはないとのことで、警察にもその旨を報告しております。KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます》(公式サイトより)

■失踪の理由などについて説明をしていない

 飯田の無事にファンからは安堵の声が上がっている。

「飯田は人見知りで、フェスなどで会っても話をしない。KANA-BOONは、ボーカル(谷口鮪・29)がうまく周囲と交流している感じでした。飯田が変わり者なのは有名だった」(バンド関係者)

 その評判から音楽関係者の間では、「事務所と折り合いが悪く実家に逃げ込んだ」「八丈島にいる」「女性と逃避行」などの情報が飛び交っていた。結局、公式HPでは失踪の理由などについて説明をしていない。

「週刊文春デジタル」取材班は、KANA-BOONの所属事務所マネジャーに話を聞いた。

■「落ち着いて会話するのにもう少し時間がかかる」

(以下、マネジャーとの一問一答)

――今日、飯田さんと会うという話でしたが、お会いになりましたか。

「まだ、体調が回復しないのがありまして…もの凄い元気なのは元気なんですけど、会うまでにもう少し時間がかかるかなと。明日にも……」

――体調が回復しないというのは精神的に? 肉体的に?

「両方ありますね。落ち着いて会話するのにもう少し時間がかかるかなと」

――精神的に憔悴し切っている。

「そうですね、し切っているというのは大袈裟なんですけど、正確に物事を僕らもお伝えしたいので。(飯田は)うつむき加減でボソボソと話す程度なので……まあ、難しいなあというところでして」

――なぜそうなってしまったのでしょうか。

「まだ、わからないです。病院にも行ってみたりしようと思うので」

――これから病院に行かせるということですか?

「そうですね」

――メンタル的に弱い部分があった?

「弱いというか、人それぞれあると思うのですけど、弱いといってもむちゃくちゃってわけでなくて、弱い方かもしれませんけど、そこでなんかくじけちゃって、黙り込んだりとか、状況的に変な感じになるとか、そういうのではないですけどね」

■「奥さんにも何度か会ってますけど、いい状況です」

――メンバーの関係に影響は。

「仲はいいですよ。不和ではないですし、もちろん、バンドはクリエイティブなものですし、うちのバンドメンバーは全員がクリエイターですから、そこらへんでのやりとりはありますけど、それはどこのバンドでもそうですからね」

――飯田さんの家族の状況は。

「奥さんにも何度か会ってますけど、いい状況です」

――かつての清水富美加さんの一件はもう一段落している。

「と思いますよ、その件はまったくないですね」

――奥さんが捜索願を警察署に出した?

「家族がみんなで相談して出したと聞いてます」

――過去のことで帰りづらかったとか、そういうことは。

「それはない、もう戻ってますし、会話もしていますから」

――前兆は全然なかった?

「全然……まあ、あの……」

――「いついなくなっても、おかしくなかった」という証言も出ていました。

「そんなことではないですね」

――確認ですが、1人で出ていった?

「そうですね、1人ですね」

――どこに行っていたか、聞いていますか。

「聞けていないですが、(報道で推測されているような)八丈島や大阪の実家とかではないです。都内近郊というところまでは、なんとなく把握しています」

■事件性もないですし、不倫でもない

――会見を開く予定などは?

「今のところないです。現状報告などをする予定はありますけど。ええ。経過報告などはしますけれども、現状、僕らが把握しているなかでは事件性もないですし、不倫やなんだとか、そういうのでもないというのも予測できているので、そういったことで膨らむということもないので。詳しい状況を説明する責任はあるとおもっています。それはする予定ですけど」

――ご本人が話すのは難しい?

「難しいです。そもそも、不倫とか、女性とどうとか、違う意味でみなさんが期待されていることはないです」

――精神的な何かが原因?

「そこは確実に話をして、お伝えします」

■「直接は話していないです」

――KANA-BOONのメンバーとして続ける?

「まだちょっと話せてないので、何も進展してないです」

――直接は話していない?

「してないです、いや、えーっと、してないです」

――奥さまと話しただけということですか?

「ええ、(奥さんと)話す予定があるので、これから話しますけど」

――仕事が嫌になってしまったという可能性は。

「そこはまだ話ができてないので」

――ありがとうございました。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)