武田砂鉄×ジェーン・スー#4「EXILEの“正しさ”にかつてのコンプレックスが再燃」

武田砂鉄×ジェーン・スー#4「EXILEの“正しさ”にかつてのコンプレックスが再燃」

©文藝春秋

(3)より続く 

 天然パーマから遅刻癖まで、表立ってコンプレックスの対象とされなかったものに着目した評論集『コンプレックス文化論』が発売されました。刊行を記念して、著者の武田砂鉄さんと、ジェーン・スーさんがコンプレックスについて語り合う対談の第4回。前回、武田さんの3大コンプレックスが明らかになりましたが、話題はさらにTDLやEXILEに発展します。

◆◆◆

武田 スーさんは、ディズニーランドが苦手なんですよね。なぜ、アメリカンなものが好きなのに……って思ってしまいます。

スー ディズニーというより、あそこに入り込んでくるヤンキーテイストですよね。ヤンキーって多数派の成功者だから、仲間とか愛とかに対しての衒いもないし、さっき言っていた、砂鉄さんや私が飛び越えられない低いハードルっていうのをどんどんなぎ倒して前に進んでいける人たちだから。まるっとあの世界を信じるのはなかなか厳しい。

武田 日頃、原稿に行き詰まると、うっかりEXILEのことを書いちゃう癖がある(笑)。あの方たちって、全ての所作が正しいじゃないですか。言ってることもやってることも正しい。「正しさ」が横一列になって、威嚇しながらこちらに向かってくる感じに、「そうだよ、この感じだよ」ってかつてのコンプレックスが再燃する。

スー 私は、EXILEが出てきたら「おっ、EXILE!」って言うだけですよ。

武田 「よっ! EXILE」

スー 「よっ!」もダメです。

武田 把握で済ませると。

スー 確認だけです。

武田 身体が完璧で、相応の精神が補完されている個体を見ると、かつての控えコンプレックスが発動します。だからこそ、彼等の、文化領域への介入というか制圧についてはとても敏感になっています。もう、何でもやろうとするの、やめてくれよって。

 その一方で、今、全方位的な覇者である星野源に対して、悪い感情を抱かないのは、前の議論で言うと、Bにいた感じがするからなんですよね。この人、Aじゃなかったなって。A出身者だと、「お前、なんでシモネタまで取り扱おうとしているんだ!」って怒るんだけど。

スー Bの出世頭ってことに嫉妬はないんですか?

武田 嫉妬と希望の星という気持ちの両方が……。

スー ないまぜ(笑)。俺たちのところから、出ていって。

武田 それを偉そうに精査している現在(笑)。Bの自分が尊敬していた人たちが「星野くん、いいじゃん」みたいな言及を重ねているのを見ると、「これはもう認めざるを得ないぞ」と偉そうに判定する。じゃないと、こっちの立場がなくなる。

スー 自己否定につながると(笑)。

武田 だからOKなんです。OKなんです、って超偉そうですけれど。

スー 「おい、Bのくせに!」って言えないですもんね。それって完全に、返す刀で自分が斬られるから。でも、容姿がいい人はいい人で、つまらないと思われているんじゃないかとか、どこまで頑張ったらこれが自分の努力や才能の賜物だって信じてもらえるんだろうかって、コンプレックスがあるんでしょうけれど。

武田 貯金1億円の人が2億円の人に嫉妬するという話に、「そんなん、どうでもいいよ」と思うように、イケメンと、もっとハイグレードなイケメンの争いって、こっちは管轄外です。でも彼らにしてみたら「もっと上」の争いで生じるコンプレックスがあるのでしょう。その競り合いに、世の中はとにかく無関心。

スー でも、人権的に考えたら、そこを認めるべきなんですよね。ただ、コンプレックスチームから言うと、(才能や美貌などを)持ってる人が困っていては、自分たちの理論が破綻する。「持ってる人は困ってちゃいけない!」というむちゃくちゃな話(笑)。絶対的に幸せで何の問題もない、でいてくれないと、私たちが今そうではない理由が存在しなくなっちゃう。君たちが幸せじゃないと、理屈が破綻する、という。

武田 逆に言えば、こっちの前提を崩す一撃を、あっちが持っているというのは、恐ろしいですよ。だから「余計な事を言うなよ、お前たち!」と牽制する。

スー 純然たる富の象徴でいてくれないと困るんですよ。辻褄が合わなくなるから。ものすごい勝手ですよね。

(5)に続く


インタビュー構成 武田砂鉄

(武田 砂鉄)

関連記事(外部サイト)