ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

FWルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸に入団 三木谷浩史氏に壮大な野望

記事まとめ

  • ルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸に入団し、神戸空港には1000人が詰め掛けた
  • ポドルスキには、移籍金約3億1000万円、2年半の契約で報酬約23億円と報道されている
  • 三木谷浩史氏は「回収できる投資」とし、人材流出の流れを逆転させたいと語っている

ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

©共同通信社

 久々の「大物」がやって来た。

 ルーカス・ポドルスキ。

 2004年から13年間、ドイツ代表として地元ドイツ、南アフリカ、ブラジルで開催された3度のW杯を含む130試合に出場し、49得点を挙げたストライカーだ。愛称は「ポルディ」。32歳の今年、ドイツ代表こそ引退したが、まだバリバリの現役プレーヤーだ。
 
 ポドルスキが入団したのはJリーグヴィッセル神戸。来日した7月6日には、スーパースターを一目見ようと神戸空港に約1000人のファン、サポーターが詰め掛けた。ポドルスキはファンが並ぶ沿道で足を止め、関係者が驚くほど長い間、サインや写真撮影に応じたり子供を抱き上げたりと、早速プロフェッショナルぶりを発揮した。

 日本のサッカー漫画「キャプテン翼」の大ファンで、すね当てには主人公、大空翼のライバル、日向小次郎のイラストが描かれている。インタビューでそのことを聞かれると「小次郎に電話してヴィッセル神戸に来るように言っておく。僕と小次郎のツートップなら無敵だ」と返答した。ヴィッセルのみならず、日本のサッカーファンに愛されること間違いなしの好キャラクターだ。
 
 欧州や南米リーグで活躍する現役の大物選手がJリーグにやってくるのは、2014年から1年半、セレッソ大阪に在籍した元ウルグアイ代表ディエゴ・フォルラン以来だろう。

 英プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したフォルランはウルグアイが4位に躍進したW杯南アフリカ大会の時の中心選手だったこともあり、来日の時にはちょっとしたフィーバーを巻き起こした。

 だがポドルスキのキャリアはフォルランのそれを上回る。所属クラブは日本代表の大迫勇也が所属するケルン(独ブンデスリーガ)を振り出しに、バイエルン・ミュンヘン(同)、アーセナル(英プレミアリーグ)、インテル・ミラノ(伊セリエA)、ガラタサライ(トルコ・シュペル・リグ)と名門ばかり。2006年のW杯ドイツ大会ではリオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドを抑えて最優秀若手選手賞に輝き、2014年のW杯ブラジル大会ではドイツの優勝に貢献した。

 大物だけに値段は張る。移籍金は260万ユーロ(約3億1000万円)。地元紙の報道によると、2年半の契約で報酬は推定1900万ユーロ(約23億円)に上る。

三木谷浩史の野望

 ヴィッセル神戸が大枚をはたいたのは、親会社の楽天、正確に言えば楽天社長の三木谷浩史氏がゴーサインを出したからだ。7月6日の記者会見に同席した三木谷社長は「十分回収できる投資」とポドルスキ入団に自信を見せた。

 現在、ヴィッセル神戸はエースストライカーのレアンドロを全治半年の大怪我で欠き、リーグ下位に沈んでいる。圧倒的な実績を持つポドルスキが即戦力になるのは間違いないが、三木谷社長の野望はもっと大きい。

「今日の入団記者会見も、インターネットを介してドイツの人たちが大勢見ているでしょう。欧州リーグで活躍する日本人選手を日本人が応援するのと同じこと。海外のスーパースターを大勢連れて来れば、Jリーグは世界に通用するコンテンツになる。そこはJリーグの村井満チェアマンとも考えが一致している。サッカーや野球で続いている人材流出の流れを逆転させたい」

 奇しくも昨年、英メディア企業のパフォーム・グループが運営するスポーツイベント配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が、2017年より10年間で約2100億円でJリーグの放映権を獲得した。

「自国の選手が活躍していれば、その国の人たちは必ず応援します。田中将大(元楽天イーグルス、現ニューヨーク・ヤンキース)の試合を日本人は一生懸命観るし、モンゴルでは日本の大相撲がものすごい視聴率を叩き出している。Jリーグも海外のスター選手が集まれば、世界中の人が観るようになる」(三木谷社長)

■若手の「出稼ぎ」が常態化したJリーグ

 日本サッカー界では、三木谷氏が掲げる理想とは逆の「人材流出」が続いている。

 香川真司、原口元気、大迫勇也、酒井高徳、長谷部誠、宇佐美貴史、武藤嘉紀、内田篤人。独ブンデスリーガだけで日本代表(元代表を含む)8人が所属している。本田圭佑、長友佑都(セリエA)、吉田麻也(プレミアリーグ)、川島永嗣(仏リーグ・アン)などドイツ以外の「欧州組」を加えれば、日本代表スタメンの大半は「欧州組」だ。

 Jリーグで芽が出た有望な若手は、すぐに海外に行ってしまい、Jリーグに来る海外選手はほとんどが無名だ。これではJリーグが盛り上がらない。

 クラブチームのアジア・ナンバーワンを決める「AFCチャンピオンズリーグ」でも、2008年のガンバ大阪を最後にJリーグ勢は優勝から遠ざかっている。金に物を言わせて海外から有力選手を呼び寄せる中国や韓国のクラブチームに歯が立たない。

 ジーコ(ブラジル)、リネカー(イングランド)、リトバルスキー(ドイツ)。ジャパンマネーの全盛期に重なったJリーグ発足前後(1991〜93年)には、世界のスーパースターが日本に集結した。彼らに揉まれた日本の若手もメキメキと力を伸ばし、日本代表は1998年にようやくW杯本大会の扉を開けた。

 あれから四半世紀。バブル崩壊とリーマンショックを経て、Jリーグのスポンサーである日本企業の収益力は低下し、年俸の高い海外の有力選手を連れてこられなくなった。Jリーグのレベルは停滞し、才能ある若手は成長のチャンスを求めて海外リーグを目指した。

 本田、長友、香川など日本人選手の海外での華々しい活躍と裏腹に、若手の「出稼ぎ」が常態化したJリーグは「過疎化」が進み、アジアで勝てなくなってしまった。一方、中国ではJリーグ発足時の日本のように、海外の有力選手に揉まれた若手が力をつけつつある。

 Jリーグの停滞が続けば、やがて日本サッカーは中国などに追い抜かれ、W杯に出場できない暗黒時代に逆戻りしてしまうかもしれない。ヴィッセル神戸のポドルスキ獲得を、人材流出の悪循環を断ち切るきっかけにしたい。そのためには、まずサポーターがポドルスキを観に行くことだ。スタジアムが満員になればクラブが潤い、強い選手を獲得する資金になる。Jリーグデビューは7月下旬。キレキレの元ドイツ代表は、Jリーグのピッチで旋風を巻き起こすことだろう。

(大西 康之)

関連記事(外部サイト)