自由で奔放。東南アジアの現代アートを一望できる展覧会

自由で奔放。東南アジアの現代アートを一望できる展覧会

リー・ウェン《奇妙な果実》

 東南アジアの現代アート。そう聞いて何らかのイメージを持てる向きがどれほどいるか。ならば、まとめて知れる機会を大いに利用しよう。ともに東京六本木に位置する森美術館と国立新美術館が合同で、「サンシャワー 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催中だ。

■あまりにも多様すぎる作品群

 都内有数の広大な展示スペースを誇る両館で同時に繰り広げられているのは、ASEAN加盟10カ国から集められた80組以上のアーティストによる作品展示。あまりに膨大で、これはもう展覧会というより、ちょっとした芸術祭といった趣が漂う。

 現代アートの始まりは20世紀前半といわれ、当時も今も発祥地たる欧米を中心に回っているのは厳然たる事実。では、後発にして周縁という位置付けにならざるを得ない東南アジアのアートは、どんな展開を見せてきたか。これほどの規模の今展なら、全体像を窺い知ることができる。

 会場を巡って真っ先に思うのは、当然ながらその多様性だ。現代アートには常にトレンドがあって、グループ展になるとその流れに沿った作品ばかり集まりがちだけど、今展には何らかの傾向が読み取れない。

 シンガポールのリー・ウェンは、全身を黄色に塗って赤いバルーンを身にまといパフォーマンスする様子を写真作品にしてまとめている。黄色人種としてのアイデンティティを問い直しているのか。

 ブルネイのヤスミン・ジャイディンは、自分の宝物を象って、その形態を砂糖でできたオブジェにしている。もとになった宝物とはいったい何だったのか、こちらは想像をたくましくするしかない。ブルネイに暮らす人の気持ちについて、知らずあれこれ考えを巡らすこととなるのだ。

 インドネシアのムラティ・スルヨダルモは、延々と「アイム・ソーリー」とつぶやきながら、口にした回数だけ壁面にチェックを入れるというパフォーマンスを披露。住んでいる国・地域も生い立ちもバラバラだから当然なのだけど、彼ら彼女たちが繰り出すアートはテーマも制作手法も見せ方も本当にさまざま。人はいろんな環境で生きているものだ、とりわけアジアはとことん多様だなと、改めて思い知らされる。

■東南アジアの風土、歴史、社会が透けて見える

 多様性とともに、土着性も強く感じさせる作品は多い。その土地の歴史や文化を色濃く反映させ、みずからを取り巻く社会への強い関心と関与を隠さない。

 シンガポールのホー・ツーニェンは《2匹または3匹のトラ》と題した映像作品を出品。トラは東南アジアで神のような存在として崇められてきた存在だが、英国は19世紀、植民地政策の一環としてマレートラの虐殺を敢行した。トラと西洋人の対立を通して、東南アジアと西洋の関係を浮かび上がらせている。

 フィリピンのフェリックス・バコロールは、千個以上の風鈴が涼やかな音を奏でる《荒れそうな空模様》を展示。プラスチック製の装飾が、東南アジアの風土と祝祭性を象徴し、同時にその風土が大量生産に基づくグローバル経済に呑み込まれていくさまも表す。揺れ動く風鈴は、そうした現状が揺らぎ変化することの兆しも示しているかのよう。

 多様性、土着性にくわえて、現代アートの枠組みや流儀に捉われない底抜けの自由さも、東南アジアの現代アートからは感じられる。

 タイのスラシー・クソンウォンによる《黄金の亡霊(現実に呼ばれて、私は目覚めた)》は、壁に囲まれた大きなスペースを占めている。そこに5トンもの糸が敷き詰めてあって、色彩の華やかさと物量に圧倒される。糸の中には9本の金のネックレスが紛れ込ませてあり、これを見つけた鑑賞者は申告して持ち帰ることができるのだとか。作品の保全や安全性を考えたら、なかなか実行に移せない作品形態だけど、さらりと展示してしまう奔放さには舌を巻く。

 同じくタイのリクリット・ティラヴァーニャの《無題1996(ランチボックス)》には、形ある展示品がない。抽選に当たった来場者が、用意された弁当を特別な場所で食べることができる。その様子をインスタグラムにアップして、他の鑑賞者はそこにアクセスして食事風景を眺められる。一連の行動そのものが作品というわけだ。

 現代アートという欧米由来の枠組みを活用したり変形させながら、固有の思想や文化を打ち出していく作品がずらりと揃っている。全体に明るくカラリとしていながら、東南アジアのアーティストたちは、相当にしたたかである。

(山内 宏泰)

関連記事(外部サイト)