独白 僕は「ユースケ・サンタマリア」に助けられている

独白 僕は「ユースケ・サンタマリア」に助けられている

(c)釜谷洋史/文藝春秋

 NHK土曜ドラマ『悦ちゃん』(7月15日スタート)で主演をつとめるユースケ・サンタマリアさん。ドラマからバラエティまで縦横無尽に活躍する一方、仕事とストレスのバランスに悩んだ時期もあったという。ミュージシャンとしてのデビュー当時から現在の「立ち位置」、そして「仕事論」までを語り尽くしてくれた。

――NHK土曜ドラマ『悦ちゃん』では、冴えない中年作詞家・柳碌太郎を演じられています。ユースケさんから見て、どのような男でしょうか。

ユースケ 僕と同じで「子ども大人」、浮世離れしている男ですね。僕は今46歳で、中年のオッサンですが、かつて思い描いていた46歳とはぜんぜん違う。自分でもびっくりするくらい、10代の頃から変わっていません。碌太郎とは生きている時代が違いますが、彼の仕事である作詞家も、言うなれば水商売みたいなもの。そういう意味では、芸能界で生きている自分と似た境遇と言えるかもしれないですね。

――ユースケさんと言えば、俳優、司会、ミュージシャンと、マルチな活動で知られていますが、その原点はどこにあるのでしょうか。例えば、子どもの頃からいろいろなことに興味を持たれていたとか?

ユースケ 流行ったものに飛びつく普通の子どもでしたよ。でも、ものすごく飽きっぽかった。高校時代に軟式テニス部に所属していたんですけど、最初はダブルスで後衛だったんです。でも途中で「お前ダメだ、前衛やれ」と言われて前衛に転向して、で、やってみたら前衛も向いてないということで、また後衛に戻って……その繰り返し(苦笑)。これまでの人生も、ずっとそんな感じですよ。突出して「これだ!」というものがないから、結果的にいろいろやることになる。

■僕の人生、基本的に全部ひょんなことから

――ミュージシャンとしての活動がきっかけで芸能界に入られたのですよね?

ユースケ でも、正直「音楽をやっていた」という意識はあまりないんですよ。バンドなんてものは、組むだけなら誰でも組める。学生時代なんてエネルギーがあり余っているでしょ。僕は学校が大嫌いだったし、部活もつまらなくて辞めちゃったから、放課後のバンド練習がエネルギー燃焼の場だった。とはいえ、ライブをやったらキャーキャー言われて楽しい……みたいな、そのくらいのモチベーションでしかありませんでしたし。

――大分時代の話ですね。

ユースケ 東京で音楽をやることになったのも、ほとんどその延長です。本当にひょんなことから。というか僕の人生、基本的に全部ひょんなことからなんですけどね(笑)。大分時代の知り合いが「今度プロデビューするバンドがヴォーカルを探してて、『面白いヤツがいい』と言うからユースケくんの連絡先教えちゃった。いいよね?」って。や、いいけどさ、先に言おうぜ、っていうね。で、あれよあれよという間に「BINGO BONGO」というバンドのメンバーに決まっちゃった。

■アジアNビート! 懐かしいねえ

――初めてテレビで司会のお仕事をされたのが、『アジアNビート』(フジテレビ系)でしたね。

ユースケ アジアNビート! 懐かしいねえ。僕はバンドで歌ってもいましたけど、司会的な存在でもありました。その流れで、「アジア音楽のチャート番組の司会をやってみないか」という話がきた……とマネージャーに言われて、面白そうだから引き受けることにしたんです。で、局に挨拶に行ったら、なんとそこはオーディション会場だった(笑)。こっちは顔合わせのつもりで行ってるのに。制作会社の人に「『アジアNビート』という新番組が始まりました。君が映りました。さあ、どうする?」とか聞かれたので、「アジア〜ン・ビ〜〜〜トッ!」とか適当に元気に返していたら合格しちゃったんです。

――そんなことってあるんですね!

ユースケ 『踊る大捜査線』(フジテレビ系)だってそうですよ。あれも「決まったから」とマネージャーに言われて行ったら、やっぱりオーディションだった(笑)。監督とプロデューサーに「よろしくお願いします!」と威勢よく挨拶したんだけど、なんだか様子が変なんです。そりゃそうですよ、向こうはオーディションのつもりなんだから。でも、その時は、僕のテンションの高さに引いてるのかな、とか思っていました。

■僕は自分のことを全くマルチだとは思ってないんです

――バンド活動、司会業、俳優業……それらをすべてひっくるめて、現在の“ユースケ・サンタマリア”のイメージが形作られているところがあるかと思います。そういった意味で「マルチタレント」と言われることも多いでしょうが、尊敬する「マルチ」な方はいますか?

ユースケ いや、僕は自分のことを全くマルチだとは思ってないんです。ジャニーズの子たちとか、星野源くんとか、もっともっとマルチな才能を発揮している人たちがたくさんいるでしょ。自分がマルチだなんて、畏れ多くてとんでもないですよ。

――理想の立ち位置みたいなものはあるんですか?

ユースケ タレントであれば「出てなんぼ」なわけだけど、逆に1つのことに集中して頑張っている人に憧れますね。僕ももう「なんでもやります!」みたいな歳でもないので、出る作品もすごく選ぶようになりましたし。というのも、つまらない仕事していると、如実に体調に出るんですよ。ストレスが影響して、心身ともに蝕まれてしまうので、今はもうできるだけ自分が好きなことだけをするようにしています。

■30代の8年間は本当に体調がよくなかった

――吉田豪さんの『サブカル・スーパースター鬱伝』の文庫版(徳間文庫カレッジ)では、かつて精神的なストレスから、長らく体調不良に陥っていた時のお話をされていましたね。かなりしんどい状態だったにもかかわらず、あれだけの数の作品に出演されていたのは驚異的です。

ユースケ あの本で少し誤解を生んでしまいましたが、僕は、正確には鬱ではなかったんです。鬱って本当に大変で、まず仕事なんてできませんからね。家から出られないし、顔付きだって変わってしまう。僕が鬱だなんて言ったら、本当に鬱になった人、それを克服した人に申し訳ないですよ。とはいえ、ストレスが原因で、30代の8年間は本当に体調がよくなかったのも事実。鬱未満なんだけどひどく調子が悪くて、仕事が大変という人も少なからずいる――自分の経験を通して、そういうことをみんなに知って欲しかったから、あのインタビューは引き受けたんです。

■本名の僕とは、またちょっとだけ違う人間

――そうした大変な時期があった一方で、バラエティでのユースケさんは、ある種の適当さというか、飄々とした雰囲気もありますよね。今はお仕事と精神のバランスみたいなものは、どのように取っているのでしょうか。

ユースケ 僕は「ユースケ・サンタマリア」として仕事をしているわけですが、普段の本名の僕は、それとはまたちょっとだけ違う人間です。つまり、ユースケになる時に、ある意味スイッチが入ったような状態になるわけです。もともと僕はすごくシャイな人間だけど、ユースケでいる時はそのキャラに乗っかって、逆に「みなさん、どうもー!」みたいなハイテンションで出ていける。あのキャラでいることで許されることもたくさんあるし、すごく得なんです。その点では、ユースケというキャラにものすごく助けられていると言えますね。まあ、なんでこんな変な芸名つけたかな、とちょっと後悔もしていますけど(笑)。

――キャラを設定することで、仕事の自分と、本当の自分とのメリハリがつくわけですね。

ユースケ そうです。あと、役者としては、ユースケのパブリック・イメージをすごく活用していると思う。僕は、普段バラエティ番組とかでバカなことをやっているぶん、お芝居で真逆のキャラクターを――例えば、めちゃくちゃサイコパスな役とかをやると、ギャップがすごいから観客に強いインパクトを与えることができる。ギャップ萌え的な感じになるわけです。もっとも、これは諸刃なところもあって、シリアスなことをやっていても、そう見えないという危険性も孕んでいる。なので、芝居はものすごくちゃんとやらなきゃいけないわけですけれども。

――仕事をしている自分に助けられている、と。

ユースケ 使い分ければいいんですよ。仕事モードの時は、「今は仕事用の自分」と考えればいい。全部ひとつの自分で回すとなると、いろいろ辛いこともあるじゃないですか。一度調子悪くなったことのある身からすると、その辺りに仕事でストレスを抱えてしまう原因があると思うんです。僕だったら、今日はバラエティ番組だから、バラエティモード、オン! 今日は役者だから、役者モード、オン! そこまで厳密なものではないけど、そんなふうにしてた方が楽だし、何より楽しく生きていけると思うんですよね。

写真=釜谷洋史/文藝春秋

(辻本 力)

関連記事(外部サイト)