2度も誘拐された少女の両親は、犯人に性的に籠絡されていた……全米を驚愕させた事件とは

2度も誘拐された少女の両親は、犯人に性的に籠絡されていた……全米を驚愕させた事件とは

©iStock.com

 アメリカの若者にドキュメンタリーが大人気だ。そのイメージは「つまらない教育もの」から「クールで刺激的」に変わり、今や、若者向けメディアでHIPHOPやストリート・ファッションと並んで「必見のドキュメンタリー」が紹介される事態となっている。

 この「ドキュメンタリー黄金期」とも言える人気は、劇場映画セールスにも現れている。2018年には、日本でも好評を博した『RBG 最強の85才』など、ジャンル別オールタイム興行収入TOP25に入るドキュメンタリーが4本も生まれた。

 しかしながら、この黄金期を支える存在は、シアターではなく、気軽な視聴を可能とする定額制ストリーミング・サービスだ。最大手Netflixでは、政治経済から性、K-POP、大阪のたこ焼き屋まで、世界を股にかける多様なドキュメンタリーが並んでいる。

 なかでも、若者にもっとも人気のあるジャンルが「実録犯罪」。正味、このジャンルはバズる。近ごろはドンデン返しが連発する派手なミステリ仕立てのものが多くて見やすいし、なにより、実話とは到底信じられない過激で奇妙な事件は人に話したくなる。そうして、若者を中心としたSNSユーザーが賛否両論を議論しあい、流行が生まれる状態がつづいているのだ。

 たとえば近年「もっとも奇妙」と評される映画『 白昼の誘拐劇 』。これを観れば、あなただって開いた口が塞がらなくなるはずだ。

■失踪から5日経っても誘拐とは考えなかった

『白昼の誘拐劇』は、ロリコン・サイコパスに洗脳された一家が二度も娘を誘拐された事件を振り返るドキュメンタリー。1時間半と短いものの、中身は怪奇のオンパレード状態……乱れた性と家庭崩壊、平和な田舎町の信仰、泥沼裁判劇、さらにはエイリアンまで登場してしまう。


 舞台は1970年代のアイダホ州ポカッテロ、住人たちが玄関に鍵もかけないような平和な田舎町だ。主人公となるブロバーグ家は、花屋の父、専業主婦の母、3人の娘からなる中産階級家庭。絵に描いたような幸福な家族の崩壊は、ロバート・B・ベチトールド一家との出逢いによって始まる。お互い自営業で子どもたちの年ごろも同じだったため、二家族は意気投合して親密になった。そのなかで、ロバート、通称Bは、あきらかにブロバーグ家の長女ジャンに執着するようになった。

 2年経ったある日、Bが自動車でジャンを乗馬に連れて行き、帰ってこなくなる。この時点で事件なわけだが、ジャンの両親は日が経っても通報しなかった。失踪から5日経ち、ようやくFBI捜査官がブロバーク家に到着するも、そのときですら夫妻は誘拐とは考えようとしなかったという。

 作中では、ここで夫妻の衝撃的な秘密があきらかになる。じつは、夫妻は、ともにBと不倫していた。妻のほうはBに口説かれ接吻、夫はBの自慰を手伝うかたちで同性愛関係になっていたのである。まさかのダブル不倫が展開されるなか、Bは着実にジャンに近づいていた。誘拐の直前までの数ヶ月間、Bは自身の「トラウマ治療」と称し、両親公認のもと、週4回も少女と添い寝していた。

 誘拐されたジャンはどうなったか……Bに睡眠薬を与えられたジャンが目覚めると、通信機から声がした。

「お前には異星人の血が流れている われわれの星を救うために 16歳になる前に仲間の男と子どもをつくれ」

 そばには血まみれになったB。なんと、彼は、UFOの襲撃を演出したのだ。幼い少女は宇宙人の存在を信じ込み、使命を遂行しようとする。当時、Bは40歳、ジャンはまだ12歳だった。

 のちのちBは逮捕されたものの、ジャンの両親は告訴を取り下げ、連邦起訴を台無しにする。釈放されたBは親との不倫をさらに発展させ、ジャンの寝室に再度侵入。こうして「二度目の誘拐劇」が始まった。

■最大の謎は人の良さそうな被害者家族

『白昼の誘拐劇』の反響は、どんなものだったか。もう予想はつくと思うが……ジャンの両親へのバッシングが吹き荒れた。ブロバーグ夫妻は、まるで虐待を許すかのように何度も娘を誘拐犯に接近させている。奇妙な犯罪ドキュメンタリーにおける最大の謎は、作品にも出演して証言する、人の良さそうな被害者家族だったのである。

 一見不可解に見える夫妻の行動にも、相応の背景がある。まず時代がある。1970年当時は「ペドフィリア(児童性愛)」の概念すら普及していなかった。当時のFBIも事件を「通り魔」と表現したほどだ。5人の子持ちの男がロウティーンの少女に性的興味をたぎらせるなど、想像すらできなかった。

 ドキュメンタリーで深掘りされなかった宗教の存在も大きい。被害者家族と加害者は、ともに末日聖徒イエス・キリスト教会、通称モルモン教の信者だった。この教会コミュニティにおいて、Bはカリスマ的な人気者だったと言われている。ゆえに、彼とジャンが失踪した際、ブロバーグ家には「彼は娘さんを絶対に傷つけない」と説く信者が押し寄せた。さらには、第一の誘拐後も、教会コミュニティはあたたかくBを迎えている。

 要するに、ブロバーグ家だけではなく、コミュニティに所属する者の多くがBに騙されていた。その上、モルモン教は貞操観念に厳しい戒律で知られている。不倫や同性愛が露見した際の「汚名」ははかりしれないはずだ。被害者夫婦の信仰が厚ければ厚いほど、Bの思い通りになる状況が作り込まれていたのだ。

 最後に「マインドコントロール」の脅威。ドキュメンタリーのヒット後、被害者ジャン・ブロバーグは、複数のメディアで両親を擁護する声明を発表した。そのなかでは、父母も犠牲者であること、再発防止のために出演を決めた彼らへの尊敬、そして洗脳の脅威が語られている。

「虐待加害者の多くは身近な人間です。グルーミングは時間をかけて行われる。このことがもっと話されるべきなのです」( FoxNews にて。グルーミングとは性的虐待加害者が被害者を洗脳し手なずけること)

■ドキュメンタリーブームの問題とリスク

 残念ながら、『 白昼の誘拐劇 』がジャンの想いに応えられたかは疑わしい。 The Atlantic は、映画は「奇妙な出来事の詰め合わせ」状態で、洗脳にまつわる描写がおろそかになっていると批判している。

 じつは、ブームのなかでは、こうしたインパクト偏重を批判される人気ドキュメンタリーが相次いでいる。ビッグネームとしては、マイケル・ジャクソンの児童性的虐待を告発した『ネバーランドにさよならを』。ここで「恐ろしい虐待現場」として紹介された建物は、作中提示された年月にはまだ存在していなかった等、時系列に矛盾があることが明らかになった。ほかにも『邪悪な天才:ピザ配達人爆死事件の真相』『くすぐり』といった人気作の大袈裟な演出が事実や公平性に反すると指摘されている。


 大量のニュースが高速供給される今日、映像ドキュメンタリーは「じっくり問題に向き合える媒体」として人気と信頼を獲得している。世の中がブームに沸くなかで、 TIME Magazine は「政府の指導者すら“真実”を軽視する時代、民衆は本当に信じられる物語とつながりたいのだ」と説いた。しかしながら、派手で情緒的な演出がヒット要因となるストリーミング時代のドキュメンタリーにしても、見逃してはいけない問題とリスクを孕んでいるのではないだろうか?

(辰巳JUNK)

関連記事(外部サイト)