ロッテ応援歌30曲をマスター “美爆音”習志野高吹奏楽部、ふたたびマリンへ

ロッテ応援歌30曲をマスター “美爆音”習志野高吹奏楽部、ふたたびマリンへ

千葉ロッテマリーンズ応援団と共にライトスタンドに陣取った習志野高校吹奏楽部 ©梶原紀章

 ZOZOマリンスタジアムで行われた6月14日の千葉ロッテマリーンズ対中日ドラゴンズ戦は平日ナイターにも関らず1週間以上前に異例の前売り完売となった。3万318人の大観衆。いつもと違う雰囲気を醸し出したのはライトスタンドに陣取った210人の高校生たちだ。美爆音で名を馳せる習志野高校吹奏楽部。同校野球部が準優勝した今春のセンバツ高校野球大会でも話題となった迫力ある演奏を、様々な楽器を駆使しスタンドから千葉ロッテマリーンズ応援団と共に響かせ、マリーンズ戦士たちを後押しした。

■部活動の大半の時間を費やして約30曲をマスター

 吹奏楽部の部長で3年生の酒井悠歌(はるか)さんは振り返る。

「応援団の方たちのように、スムーズな応援を目指すため、本番1週間前になってからは毎日3時間練習を繰り返してきました。昨年の曲に加えて選手ごとの応援曲も担当することになり、全て覚えて瞬時に曲を切り替えるのに、苦労をするところも沢山ありました。でも、みんな練習を重ねて頑張って覚えて練習以外の時でも気が付くといつもみんなで歌ったりしていました。当日の試合では、不安を感じず心の底から楽しんでスムーズかつ一体感のある応援が披露できました。この貴重な経験を今後の活動に生かしていきたいと思います」

 ファンも注目したこの試みは昨年も実施し今年で2度目。昨年は高校野球部の応援の際にスタンドで演奏される曲が中心だったが、今回は様々な千葉ロッテマリーンズ選手の個別応援歌も事前に練習し果敢にチャレンジ。当日は応援団と息の合った応援を繰り広げた。

 1ヶ月ほど前より、選手の応援歌を含め約30曲。少しずつ練習を積み重ねてきた。6月9日に習志野文化ホールで行われたコンサートが終了してからは部活動の大半の時間を費やして暗譜などの練習を行った。ZOZOマリンスタジアムでのリハーサルも2回。応援団と一緒に3時間ほどかけてじっくりと曲の切り替えのタイミングなどを確認した。

「基本的にどの選手が出場しても応援歌を披露できるように準備をしてきました。当日スターティングメンバーだった選手をはじめ、ベンチ入りしている選手、直前に抹消された選手、怪我等で離脱した選手の応援歌も練習していました。練習をしてきた曲で当日披露していない曲も10曲以上あります……」と習志野高校吹奏楽部顧問の海老澤博さんは話し、生徒たちの努力を称えた。

 それは実に細かく根気のいる作業だった。応援団からトランペットの譜面を入手し各楽器用に1曲ずつ編曲。出来上がった譜面で実際に音を出して譜面が正しいか、聞こえがどうかなどを確認。それを繰り返して完成させてきた。すべては観戦に来る人々と感動を共有するため。人の心を動かすためであれば妥協をするわけにはいかなかった。

「選手応援歌の演奏は今回が初めての取り組みだったので、編曲に入るにあたり、曲の雰囲気と選手の雰囲気を解釈しました。普段応援団ではなかなか使用されないフルートやクラリネットも編成に加わることにより、華やかさや爽やかさが出るように編曲にも工夫をしました」と海老澤さん。新しい試みに果敢にチャレンジし、一つ一つの細かい作業を繰り返して当日を迎えた。出来上がった作品の素晴らしさは言うまでもない。それはスタンドで一緒に応援したファン、グラウンドでプレーをしていた選手たちが感じ取っていた。

■プロ野球チームと地元高校吹奏楽部のコラボ企画の意義

 この試合でメモリアルの日本通算150号本塁打を放ったブランドン・レアード内野手は「アンビリバボーな体験だった。アメリカには応援団という文化がそもそもなくて、その存在自体が素晴らしいのだが、それに輪をかけて高校生の皆さんが醸し出したハーモニーは素晴らしかった。毎試合、来て欲しいよ」と感想を口にした。

 選手会長の鈴木大地内野手も「この日を迎えるにあたっての事前の準備、練習は大変だったと思う。本当に素晴らしい応援で後押ししてくれた。選手全員が感動をしていた。選手を代表して感謝の言葉を伝えたい」と深々と頭を下げた。

 試合は残念ながら1−4で敗れた。それでも、なにか心温まる感動が胸の奥深くに残った一夜となった。海老澤さんは「プロの真剣勝負を目の当たりにでき、また超満員の球場の中で応援ができたことは、大変貴重な経験となりました。準備の大変さや大切さ、気持ちの前向きさが、今回の活動を通して肌身で感じられたことは、今後生徒が何かに立ち向かう時の糧になると確信しております。この度は我々にこのような場を与えていただきありがとうございました。千葉ロッテマリーンズの今後益々のご発展と選手の皆さまのご活躍を楽しみにしております!」と、生徒たちにとっても、この体験は貴重なものであったことを語り、地元球団にエールを送った。

 昨年に引き続き好評となったプロ野球チームと地元高校吹奏楽部のコラボ企画。海老澤さんはその意義を口にする。

「本校吹奏楽部は、コンクールや演奏会にも積極的に取り組みますが、応援をするということに関してはとても意義があるものと捉えています。まず、人を応援できる純粋な気持ちは、普段の生活でも、とても大切なことです。人間はどうしても自分が中心となってしまうのはやむをえませんが、その時だけは『人のため』と思い応援します。そこに『自分』だけではなく『仲間』もいるということに気付くことになります。部活動、とくに吹奏楽部のようなみんなで息を合わせ奏でることを基本とするチームワークに特化した活動をしている我々にとって応援活動は、心の成長を一番促してくれるものと確信しております。また、勝負に真剣に向き合っている選手を目の当たりにすることによって自分の存在を再認識することにもなり、そこから人生の教訓を学ぶこともあります」

 人を応援する尊さ。なによりも人に喜んでもらい、後押しできるように陰で繰り返されてきた見えない努力。それが感動を呼び、感動をしている姿にまた高校生たちは成長していくのだろう。残念な事があるとすれば、それはこの試みを行って2度目でまだマリーンズに勝利がないこと。次こそは高校生の皆様と勝利の感動を分かち合いたい。勝てば、さらなる感動が待っている。まだ見ぬ感動がある。

梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/12576 でHITボタンを押してください。

(梶原 紀章)

関連記事(外部サイト)