《好きな女性アナ》有働vs.小川vs.井上 “夜の顔対決”で勝利を手にしたのは!?

《好きな女性アナ》有働vs.小川vs.井上 “夜の顔対決”で勝利を手にしたのは!?

フリーに転身した小川彩佳アナ ©文藝春秋

 文春恒例の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」アンケートも13回目。「働き方改革」が叫ばれる中、アナウンサー業界にも大きなうねりが生じています。もっとも衝撃的だったのは、テレビ朝日の局アナとして看板番組「報道ステーション」サブキャスターを務めた小川彩佳アナ(34)が今年4月に結婚を理由に退社しフリーに転身。6月からは「報ステ」のライバル番組であるTBS「news23」のメインキャスターに就任したことでした。

 好待遇を求めてフリーに転向するアナから、“局の顔”として出世街道を突き進むアナまで、アナウンサーの在り方も多様化を極めている今、本当に好感度の高いアナウンサーは一体誰なのでしょうか。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 さっそく結果を見ていきましょう。まずは「好きな女性アナ」部門(20位〜16位)。

 16位には、今年4月にテレビ朝日を寿退社した小川彩佳アナと、フジテレビの新エースとの呼び声が高い三田友梨佳アナ(32)が同数獲得でランクイン。小川アナは前述の「news23」がスタートし、その視聴率に注目が集まっています。三田アナは6月18日に発生した山形県沖を震源とする地震の緊急特番で、報道フロアからすっぴんで的確に速報したことで評価が高まりました。ほぼ同世代の2人ですが、特筆すべきは、女性からの支持率の高さ。「報道に対する真摯な姿勢が好き」といった声が集まりました。

■20位 桑子真帆(32・NHK)

「さわやかな笑顔と明るさに加え、聞き取りやすいアナウンス技術も兼ね備えている優れたアナウンサー」(58・女)

「ほんわかした雰囲気に癒される。NHKらしくないこの雰囲気は貴重だと思います」(71・男)

「政治、経済、スポーツ、芸能、どのようなジャンルのニュースにも的確なコメントを出せる。独りよがりにならず周囲にも気を使っているところも優秀」(65・男)

■19位 近江友里恵(30・NHK)

「番組のゲストに会うのが楽しみで美容院に行った、なんてエピソードも可愛い。『あさイチ』での副島淳さんとの凸凹コンビが面白いです」(48・女)

「『ブラタモリ』の頃の近江アナが好きでした。絶妙な天然ぶりが良かったです」(60・男)

「片えくぼが可愛い。有働由美子さんの後の『あさイチ』をしっかり支えている。強烈な印象を残した前任者だったので、苦労もあると思いますが、朝からほっこりさせてくれる近江アナを応援しています」(54・男)

■18位 夏目三久(34・フリー)

「飾らず媚びない人柄に好感が持てます」(63・女)

「聡明で冷静で美しい。スキャンダルで退社せざるを得なかったところから見事な復活。肝が据わっているなと思う」(53・男)

「解説者やコメンテーターの発言から、より具体的な説明を引き出したり、自分の言葉を補足したり、視聴者目線での番組進行が上手い」(39・女)

■16位 三田友梨佳(32・フジテレビ)

「外見が良いだけではなくアナウンス力も高く、番組での立ち位置を理解した発言もバランスが取れていて好感が持てる」(39・男)

「最初は可愛いアイドルアナウンサーかと思ったけれど、自分の意見もしっかり持っていて、ニュースもバラエティも両方対応出来るので見直した」(47・女)

「三田アナの『直撃LIVE グッディ!』最後の日、あの安藤優子さんが泣いて送りだすほど、気配りができて綺麗な女性」(57・女)

■16位 小川彩佳(34・フリー)

「テレビ朝日時代では、彼女の報道に対する姿勢がいつも垣間見られて大好きでした。TBSでの復活も楽しみです」(53・男)

「勉強家で自分の意見を持ち、時にはそれをはっきり示すことのできる人」(55・女)

「上品で知的な雰囲気が良かった。彼女がいなくなってから『報道ステーション』を見る機会が減った」(33・女)

 続いては15位〜11位。注目は11位の井上あさひアナ(37)。この4月より土日祝日の「ニュース7」から、夜11時台の新番組「ニュースきょう一日」へ担当が変わり、NHKの先輩・有働由美子アナ(50)がキャスターを務める「news zero」(日本テレビ系)に“裏番組対決”を挑むかたちとなりました。

■15位 江藤愛(33・TBS)

「なんだか最近、ますます可愛くなった気がします。とても33歳とは思えないです」(42・男)

「『ひるおび!』は、彼女を見るために見ているといっても過言ではない」(29・男)

「なによりも声が美しく、滑舌も良いので大変聞きやすい。さらに健康的でかわいい」(68・男)

■14位 田中みな実(32・フリー)

「陰の努力が認められていないが、努力家でかわいくて安定感がある」(60・男)

「『サンデー・ジャポン』でのぶりっ子キャラには辟易しましたが、実はプロ意識で演じていたことが分かり始め、そのしたたかさに好感を覚えました」(55・男)

「TBS時代は苦手でしたが、TOKYO MXに出るようになってからは素晴らしい。機転の利いたコメントも多くて、見ていて楽しいです」(49・男)

■13位 皆藤愛子(35・フリー)

「30代半ばになっても可愛さが健在。歴代で一番可愛いアナウンサー」(37・男)

「アナウンサー界の天使」(27・女)

「毎週ラジオを聞いています。変わらないあどけなさが最高!」(53・男)

「お会いした時に握手してくださって、外見だけでなく心もとてもきれいな方でした」(28・女)

■11位 井上あさひ(37・NHK)

「井上アナが京都局に在籍していた頃、『旅ラジ!』の収録に参加させて頂きましたが、神対応で感動しました」(46・男)

「落ちついた口調でしっかりとニュースを読んでいるところに好感がもてます。時々ニコッとするのも可愛いです」(42・女)

「低い声が聴きやすくてアナウンサーの資質を備えている」(78・男)

「知性・アナウンス力・美しさと全て申し分ない」(54・男)

■11位 宇賀なつみ(33・フリー)

「真面目そうに見えて意外と破天荒というキャラが大好き」(30・男)

「番組進行のサブを、出すぎず控えすぎず、平常心でこなしている印象。それでいて自分の意見や考えはしっかりと持っている」(53・女)

「吸い込まれそうな大きな瞳が好きです。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のワンコーナー『継ぐ女神』で、作業着を着ていろんな仕事にチャレンジする宇賀アナが好きでした」(46・男)

 いよいよベストテン。7位にはフリー転身後、「週刊文春」6月13日号より隔週連載「宇垣総裁のマンガ党宣言」が始まった元TBSの宇垣美里アナ(28)がランクイン。アナウンサー業だけでなく文筆業やモデルとしての活躍にも注目が集まります。前回7位の久慈暁子アナ(24)が昨年から順位を一つ上げてランクインしました。

■9位 林美沙希(29・テレビ朝日)

「『スーパーJチャンネル』のキャスターがとても合っている。原稿読みも上手で、話題によってメリハリがついている。報道に対する真摯な姿勢が好きです」(35・男)

「事件現場を含むリポートから、着実に経験を積んだ生粋の報道アナウンサー。『報道をやりたい』の一言で下積みなしに報道番組を担当できてしまう時代に、相手の気持ちを理解し向き合える稀有な人材です」(31・男)

「『スーパーJチャンネル』での真剣なニュース読みと、エンタメ関連の話題の時の笑顔のギャップにいつも癒やされています」(46・男)

「仕事ぶりやSNSの文章から誠実な人柄が伝わってくるので、老若男女から好かれるタイプだと思います」(24・女)

■9位 和久田麻由子(30・NHK)

「美人なのに不器用そうな雰囲気もあるのが良い」(63・男)

「才色兼備とはまさに彼女のこと。NHKの次期エース間違いなしだと思います」(45・男)

「高学歴を鼻にかけることもなく、ナレーションもニュースも難なくこなしていて、どちらも違和感がない。見た目の華やかさ、親しみやすさが程よい」(53・女)

「『おはよう日本』での和久田アナの笑顔が朝から気持ちいい」(47・男)

■7位 弘中綾香(28・テレビ朝日)

「言いたい事をかなりはっきりと言うのが魅力的」(41・男)

「可愛いし、あざとく見えるかもしれないが、それもひっくるめて好感度No.1」(44・女)

「『激レアさんを連れてきた。』での、若林正恭さんとの絡みが好き」(34・女)

「『ミュージックステーション』を毎週見ていましたが、司会進行も良く、タモリさんと弘中アナの相性の良さを感じる」(28・女)

■7位 宇垣美里(28・フリー)

「アナウンサーとしてだけでなく、文章も書けるのが凄い」(24・女)

「ジャニーズと交際したりコスプレをしたりなど、自由奔放さが魅力」(49・男)

「彼女を良く思っていない人には、是非彼女のラジオを聞いてほしい。魅力が伝わるはず」(36・男)

「可愛い顔で毒を吐くなど、自分の考えをしっかりと言うところが好き」(43・女)

■6位 久慈暁子(24・フジテレビ)

「インスタグラムが可愛い。今はアナウンサーの多くがSNSを活用していますが、有効性を示した久慈アナはパイオニアとして今後もどんどん発信してほしい」(34・男)

「アイドルみたいなアナと聞いていたがアナウンスも上手くて感心した」(31・男)

「地元が自分と同じ岩手県で応援したくなる」(49・男)

「たまにドジなところもあるが、それが父性をくすぐる」(42・男)

■5位 山ア夕貴(31・フジテレビ)

「アナウンス技術もトーク力もあり、誰とでも物おじせず話せているのが凄い」(39・男)

「アナウンサーといえば高嶺の花で優雅な生活をしていてお金持ちと結婚しそうなイメージを持っていましたが、庶民的な生活を独身時代からさらけ出し、芸人さんと結婚という親近感を抱かせるところが良い」(45・女)

「小倉智昭アナとも見事に渡り合っているのびやかさが良い」(67・女)

 4位は、2017年にランキング初登場ながら6位に滑り込み、2018年には5位、そして今年は4位と、ベテランの安定感から年々順位を上げているテレビ朝日・大下容子アナ(49)。ついに今年4月からは番組名が「大下容子ワイド!スクランブル」に変更され、昼の帯に冠番組を持つことになりました。3位は「Live News it!」(フジテレビ系)で夕方の顔に抜擢された加藤綾子アナ(34)。2位には4月30日の「news zero」拡大版SPで、まさに改元の午前0時にキャスター就任以来最高の瞬間視聴率11.8%を記録し、令和時代に好スタートを切った有働由美子アナ(50)がランクイン。

 そして1位に選ばれたのは、日本テレビの水卜麻美アナ(32)。これで本企画では2014年以降、6連覇達成です。フリー転身が噂されている水卜アナですが、「今年6月の人事異動では副主任に昇格しました。会社の引止め工作でもあると言われている」(日テレ関係者)と、社内で出世街道を突き進んでいるようです。

?

■4位 大下容子(49・テレビ朝日)

「ただただ、品が良くて賢い。そして時々おもしろい。相手が誰であろうと、手のひらの上で転がせそうな安定感が良い」(44・女)

「若い女子アナを引っ張る存在。控えめでありながら、頑張っていると思う。本当はもっと自由にやってほしい」(43・女)

「目線がいつも温かく穏やかで、大きな愛を感じる。殺伐としたニュースも大下さんが伝えると、少しソフトになるような気がする」(52・女)

「あまり自己主張することもなく、でも脱線しそうになると上手に軌道修正する技術、本当に素晴らしい」(69・女)

「早口にならず適度な速度で話し、他の出演者に媚びず、変にウケを狙ったり自分を良く見せようとしない。女性アナの手本です」(55・女)

■3位 加藤綾子(34・フリー)

「共演者から愛されているのが伝わる。女性から見ても憧れる存在」(30・女)

「『めざましテレビ』の時からずっと応援しています。『Live News it!』でも、毎日カトパンの笑顔に励まされています」(34・女)

「キレイなのにリアクションも良くて、視聴者を飽きさせない」(32・女)

「可愛らしい外見はもちろんのこと、出演者をアシストする際の立ち振る舞いやコメントに知性が感じられる」(46・女)

「番組の性質に関わらず、どんな時も聞き取りやすい話し方が好き」(24・女)

「カトパンが出るだけで、番組が華やかになる」(26・女)

■2位 有働由美子(50・フリー)

「社会、スポーツ、エンターテイメントなど、取り上げられる話題全てに当意即妙に対応できるのが凄い」(85・女)

「女性らしい仕草が素敵で、品がある。話し方も落ち着いていて安心感がある」(72・男)

「自分の知らないことは知らないと言える人間力が凄い。かといって、当然知っているはずのことを知らない非常識なところもない。そうした謙虚さに加え、バラエティで可愛さも見せるようになった。これからが本当に楽しみ」(64・男)

「一緒に酒場で飲み明かしたい」(58・男)

「好みのタレントに喜んだり、チラリと本音を覗かせたり、人間的な一面を見せてくれるところが好き」(55・女)

「2000年のシドニー五輪で、誤審で金メダルを逃した篠原信一選手の様子を、涙ながらにアナウンスした有働さんを忘れられない」(63・男)

■1位 水卜麻美(32・日本テレビ)

「明るく朗らかで嫌味のないところに、非常に好感が持てる。苦労や努力も人知れずあるだろうが、そういった部分を見る側に感じさせないのが凄い」(41・女)

「バラエティもこなせて、原稿読みも完璧で、ニュースもとてもわかりやすい。フリーにはならないでほしい」(45・女)

「親戚のお姉さんみたいで親しみやすい」(64・女)

「地方のイベントにゲスト出演する水卜アナを見かけたことがあるが、いじられキャラで気取らない、中高年のアイドルだった。フリーになってもらって全局で見たい」(63・男)

「何事にも懸命に取り組む姿を見るたびに、好感度がうなぎ上り。こんな娘がいたら幸せだと思う」(52・女)

「人としての温かみ、女性としての優しさがあり、健康的でかわいらしい。息子のお嫁さんにしたい!」(55・男)

「後輩アナウンサーにも慕われる存在なのに、先輩風を吹かさず面倒見がいい」(59・男)

「ゲストをただ褒めたり話を合わせるだけでなく、率直な発言で視聴者の声を代弁してくれていると思う」(27・女)

「見る人を幸せにする女神のような存在。彼女のおかげで『スッキリ』は良くなった」(52・女)

元フジテレビ、元NHK……嫌われ上位を独占したのはフリーアナ! へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)