元フジテレビ、元NHK……嫌われ上位を独占したのはフリーアナ!

元フジテレビ、元NHK……嫌われ上位を独占したのはフリーアナ!

生野陽子アナ ©JMPA

《好きな女性アナ》有働vs.小川vs.井上 “夜の顔対決”で勝利を手にしたのは!? から続く

 今年で13回を数える、文春恒例の人気アンケート「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」。近年は実力をつけてフリーになる女性アナウンサーが増えてきました。元フジテレビのエース加藤綾子をはじめ、「あさイチ」(NHK)の顔だった有働由美子、元テレビ朝日の徳永有美らなど、メインキャスターを務めるフリーアナの活躍が目立ちます。“有名税”もあるのか、「嫌いな女性アナ」部門でも彼女らフリーアナが存在感を発揮する結果になりました。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 さっそく結果を見ていきましょう。まずは「嫌いな女性アナ」部門(19位〜16位)。

 19位には「FRIDAY」(2019年5月24日号)でプロ野球・ヤクルトの原樹理選手との半同棲がスクープされた久慈暁子アナが前回順位をキープするかたちでランクイン。プライベートが取り沙汰されることが多く、「久慈は“仕事より恋に生きる”と吹っ切れていますね。原樹理は、同じくヤクルトの小川泰弘選手と熱愛をスクープされた三上真奈アナ(フジテレビ)からの紹介だったそうです(笑)」(テレビ局関係者)。私生活の充実が目立つからか、「番組に対するやる気を感じない」(49・女)と読者からは厳しい声も寄せられました。

 「週刊文春」(2018年1月18日号)が報じた“竹林不倫”が話題となった秋元優里アナは16位。7月1日付の人事で、12年間務めたアナウンス職から離れ、フジテレビオンデマンドなどネット配信を手掛ける総合事業局コンテンツ事業センターに異動することが決定しています。

■19位 久慈暁子(24・フジテレビ)

「アナウンスが下手すぎる」(28・女)

「美人だがつまらない。表情が乏しく、台本読んでいる感が丸出し」(43・女)

「インタビューの内容があまりにも希薄」(52・女)

■19位 大下容子(49・テレビ朝日)

「ジャニヲタに媚び売ってるだけ」(29・男)

「八方美人なコメントばかり言っている」(55・男)

■19位 川田裕美(36・フリー)

「どこがいいのかさっぱりわからない。知性、教養があるように見えない」(60・男)

「『アメトーーク!』でのスキップがわざとらしい。たまに見せるなまりも苦手」(36・男)

「地元・大阪に支えられていたのにその恩を返さず、すぐに東京に出てくるところが嫌い。そのまま地方で頑張ってほしい」(46・男)

■19位 山ア夕貴(31・フジテレビ)

「女芸人を思わせる下品さ。テレビ番組で度々プライベートをネタにしており、非常に不愉快」(39・男)

「正直、あまり賢くなさそう。芸人との結婚は売名行為か?」(29・男)

■18位 生野陽子(35・フジテレビ)

「ツンケンしている感じがある」(40・男)

「眼が怖い」(60・男)

「甲高い笑い声が苦手」(56・女)

■17位 夏目三久(34・フリー)

「わざとらしく媚を売っているようで、朝から観ていて不快」(65・女)

「スキャンダルがあったのを全くなかったかのように処理したから」(60・男)

■16位 秋元優里(35・フジテレビ)

「不倫はいけないでしょう」(58・女)

「なぜフジテレビを辞めないでいられるのか不思議。生田竜聖アナがかわいそうでならない」(51・女)

 続いては15位〜11位。テレビ朝日を“寿退社”したものの、いまだ結婚する気配のない小川彩佳アナが15位。11位には2018年10月から古巣であるテレ朝の看板番組「報道ステーション」のメインキャスターを務める、お笑い芸人・内村光良の妻、徳永有美アナがランクイン。読者は16年前の不倫騒動を忘れてはいなようです。同着でフジテレビの永島優美アナ、そして日本テレビの笹崎里菜アナが肩を並べました。笹崎アナは入社前に訴訟を起こしたマイナスイメージがいまだに拭えないという読者が多く、入社以来4回連続で「嫌い」にランクインしてしまいました。

■15位 小川彩佳(34・フリー)

「古巣と喧嘩別れした印象が否めない」(30・男)

「一日の終わりに、彼女のクールさではどうも癒されない」(60・女)

「そこまで綺麗でもないのに才色兼備と言われているのが嫌い」(55・女)

■14位 桑子真帆(32・NHK)

「洋服の趣味がとにかく悪すぎる。正直それが気になってニュースが入ってこない」(54・女)

「ニュースを『教えてあげます』というような、上から目線のやり方が嫌い。NHKの9時は見ないようになった」(60・女)

「開会式を閉会式と読み上げたり、進行が一向に上手くならないから」(45・女)

■11位 笹崎里菜(27・日本テレビ)

「入社前に訴訟を起こしたネガティブなイメージが消えない」(30・女)

「日テレがなぜこの人にアナウンサーをさせているのかが分からない、読み間違い、鼻声、アドリブが全く使えないなど、非正規のアシスタントの方がよっぽどプロの仕事をこなしている」(61・男)

「アナウンス技術を磨こうとする努力がなく、ひたすら聞き取りづらい」(40・女)

■11位 徳永有美(43・フリー)

「世間は不倫アナとしか記憶していない。働きたいなら他の仕事をすればよい」(31・男)

「彼女自身のスキャンダルのせいでニュースが頭に入ってこない」(49・男)

「甲高い声にイライラする。報道向きではない」(55・男)

「『報道ステーション』は小川アナの方が良かった。コメントがありきたり」(60・女)

■11位 永島優美(27・フジテレビ)

「元サッカー日本代表の父親とテレビに出すぎ。コネ入社を開き直るな」(39・男)

「時々、可愛い後輩アナを目立たせないように仕向ける発言がある」(20・男)

「言い間違いを笑ってお詫びするのは不快。バラエティー番組で活躍してほしい」(42・男)

「『めざましテレビ』では噛みまくっていたが、最近は気持ち悪いほどゆっくりとニュースを読んでいるのが不快」(52・女)

 続いてワーストテン。2018年に日本テレビに入社した、元乃木坂46の市來玲奈アナが初登場。入社1年目で『行列のできる法律相談所』のアシスタントに抜擢された有望株ですが、9位に入ってしまいました。

■9位 長野美郷(32・フリー)

「彼女のカレンダーを買ったのに、直後に結婚されて裏切られた気分」(37・男)

「目の奥が笑っていない」(27・女)

「存在感がない。冷たい印象で嫌い」(33・女)

■9位 市來玲奈(23・日本テレビ)

「日テレ内定を理由に、『金スマ』の社交ダンス企画を放棄したのが許せない」(23・女)

「人間味が無くて不気味に感じてしまう」(24・女)

「アナウンサーならバラエティをやっても品格を保ってほしい」(34・男)

「番組中、MCのトークをぶった切って発言をすることが多く、観ていて不愉快」(40・男)

■8位 高橋真麻(37・フリー)

「恋人や結婚など自分に関する話題ばかりでアナウンサーと言うよりタレント」(72・女)

「結婚して色気が無くなった」(43・男)

「情けないことに、芸能人二世であることを100%利用しているだけ」(72・男)

■7位 弘中綾香(28・テレビ朝日)

「声が高過ぎるし、ふてぶてしいから嫌い」(40・男)

「『Mステ』でタモリさんとアーティストの会話に入るタイミングや一言が、悲しいくらい間が悪かった」(52・女)

「日本はみんなロリコンなのか?と疑うレベルの顔と声」(42・女)

「キー局のアナウンサーなのだからそれに相応しい態度や話し方を忘れないで戴きたい。女性タレントとは違う」(55・男)

■6位 水卜麻美(32・日本テレビ)

「目立ち過ぎないという配慮かもしれないが、知性のある意見がない」(39・男)

「最近はバラエティー色が強くなり、コメントが適当になってなぁなぁな感じ」(44・女)

「自分なしに日テレは成り立たないという態度がミエミエで腹立たしく感じる」(45・男)

「ニュースを読む時、ちょっと内容が聴きづらい」(68・女)

■5位 宇垣美里(28・フリー)

「組織を袖にしているイメージがある」(38・女)

「生放送に出れば必ずどこかで噛むし、喋りも変な節があって聞きづらい。アナウンサーとしては下手なので別の分野で頑張ってほしい」(41・男)

「この人は何者なのかよくわからない」(43・男)

「アニメ声になじめない。ラジオでも自分の主張が強いところをみると、やっぱりタレントになるのがいいのでは、と思う」(50・女)

「TBSラジオをよく聴いているので、彼女のトークを耳にするのですが、言葉遣いも汚いし、とにかく品がないし、言葉選びも面白くもない。アイドルにでもなれば良いと思います」(37・女)

 いよいよ注目の「嫌いな女性アナ」トップグループ。4位の田中みな実アナは「好き」14位、3位の有働由美子アナは「好き」2位と、“有名税”込みで「嫌い」にも名を連ねるアナウンサーが多い中で、「好き」では圏外のフリーの安藤優子アナが2位に。過去の実績を認める読者は多いものの、「後進に道を譲るべき」という意見が目立ちました。

 そして嫌いな女性アナランキング1位になったのはフリーの加藤綾子アナ。加藤アナは「好き」ランキングでも上位常連ですが、2009年に始まった「嫌い」ランキングでも毎回名を連ね、今回で5連覇となってしまいました。

?

■4位 田中みな実(32・フリー)

「性格もやっていることも男受けするようなことばっかりで、いい歳して痛いです」(50・女)

「可愛いかもしれないが鼻に付く。幸薄そうに見える」(48・女)

「時々、とても失礼なことを言うので驚く。ぶりっこキャラなら最後まで人のご機嫌取りだけしていれば良い」(48・女)

「女優になりたいならアナウンサーはやめて頑張って欲しい。ダブルスタンダードはやめた方が良いと思う」(48・女)

「可愛さで売っているだけではアイドルと変わらない」(37・男)

■3位 有働由美子(50・フリー)

「『5時に夢中!』(TOKYO MX)にふかわりょうの代理で出演した時、マツコ・デラックスや若林史江の悪ノリを前にして棒立ちに。この人の実力は本人が思っているほどではない」(56・男)

「自分の意見が強すぎる。司会なんだから他の人の意見も聞いて進行してほしい」(34・女)

「最近噛む回数が増えた」(71・女)

「NHKでは異色の存在で目立っていたかもしれないが、民放ならあれくらい普通だし、ニュースやっても何の強みも活かされない」(42・女)

「フリーになった解放感からか妙にはしゃぐのがイタくて見ていられない。ジャーナリスト宣言は何だったのか」(53・男)

■2位 安藤優子(60・フリー)

「たまに意見が極端。いかにも自分が一番正しいというような物の言い方が嫌い。人を攻撃する感じも好感持てない」(47・女)

「過去の栄光を捨て、潔く後輩に出番を譲っては?」(66・男)

「自身も不倫略奪婚を2回もしているのに、不倫バッシングを平気でしていて不思議」(59・女)

「人の不幸を笑うような表情をすることがあり、卑しさを感じる」(69・男)

「昔は憧れていたが、ワイドショーの司会を見ていると、安藤さんの発言に偏見を感じることが増えた」(55・女)

「人の好き嫌いがコメントの受け答えに表れていて、視聴者にもバレている。話し方も語尾を伸ばしていい歳なのに気持ち悪い」(64・女)

「経験豊かな発言には脱帽。でも上から目線の一言が頭に来る。謙虚さがあれば……」(76・男)

■1位 加藤綾子(34・フリー)

「若い頃は可愛さとエロさで売り出しても問題なかったが、30歳を過ぎて清潔感や知性が欠けているのが目立つようになった」(63・男)

「女優の真似事をしてみたり幅広く活躍しているが、大御所の可愛がりで何とか生き残っている感じ。夕方のニュース抜擢が吉とでるか凶とでるか、真のアナウンス力が試される」(62・男)

「滑舌の良いただのタレント。場をこなすのは上手かもしれないが、アナウンサーではない」(53・女)

「特に秀でた実力がある訳でも無いのに持ち上げられすぎている。『○○パン』ブランドもいい加減賞味期限切れ」(35・男)

「『私ほど完璧な女はいない』という主張が感じられて苦手」(46・男)

「落ち着きのない動作、締まりのない口元が、清潔感がなく不愉快。クイズ番組での回答を見ていると一般的な常識もあるとは思えない」(58・女)

「色気で仕事を取っているところが苦手」(46・女)

「MC力の高さは感じるものの、アナウンサーとは全く異なる役柄での女優デビューには驚いてしまった。4月からは、『Live News it!』のキャスターだが、フジを退社して3年足らずでの出演とは、何のためのフリーなのか疑問に感じる」(54・女)

出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定! へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)