出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定!

出世の階段を登る安住に、フリーアナの頂点を極めた羽鳥……男性アナ四天王がついに決定!

三宅正治アナ ©文藝春秋

元フジテレビ、元NHK……嫌われ上位を独占したのはフリーアナ! から続く

 文春恒例の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」アンケートですが、男性アナウンサー部門は今年で3回目。女性アナに比べ、フリーとして活動する人は少ない男性アナですが、老若問わず各局の“真の実力派”が票を集めました。

 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。回答総数は3100超に上りました。男性が53%、女性が47%という構成でした。

 結果はどうなったのでしょうか。まずは「好きな男性アナ」部門(18位〜14位)です。

 18位には個性豊かな3人が同率でランクインしました。今年6月に第3子が生まれた日本テレビの辻岡義堂に、18年“竹林不倫騒動”の末に同僚でもある秋元優里アナとの離婚が成立したフジテレビの生田竜聖、入社3年目ながら東大出身でMENSA会員の安宅晃樹(あだけ・こうき)らが同票を獲得。プライベートから垣間見える人柄にも注目が集まりました。

■18位 辻岡義堂(33・日本テレビ)

「司会進行を見ていると頭の回転の良さを感じる。人柄の良さもにじみ出ている。媚びずに自己主張もしない。安定感がある」(47・女)

「真面目そう。汗かきながら頑張る姿が面白い」(41・女)

「野球に詳しいから」(61・男)

■18位 生田竜聖(31・フジテレビ)

「離婚しても辛さを顔に出さないで情報を読み上げる姿勢に好感が持てます」(46・女)

「以前コンビニで遭遇した時、良い人だった」(21・男)

「離婚してからの闇を抱えているキャラが、なんだか慰めたくなる」(39・女)

■18位 安宅晃樹(26・フジテレビ)

「穏やかな性格と端整な顔立ちが好き」(31・女)

「冷静で安定したアナウンス」(34・男)

「堅実な仕事ぶりと滑舌の良さ」(44・男)

「知識が豊富だからトークが的確!」(45・女)

■17位 小松靖(44・テレビ朝日)

「テレビ朝日がサイバーエージェント社と良好な関係であることを世間にアピール出来たのは、小松アナがAbemaTV開局と同時に担当した『Abema Prime』での素晴らしい番組進行があったからこそ」(45・男)

「ハンサムで清潔感がある。アナウンス力が高く、テキパキした仕事ぶりに好感が持てる」(50・女)

■16位 井上貴博(34・TBS)

「切り返しがうまく、真面目そうな見た目を裏切って、コメントが面白い。若いのに物知りで、コメンテーターとのやりとりもいい」(54・女)

「やわらかくニュースを伝えることができ、その中に自分の意見をちらほら挟むのがうまい。派手さもなく媚びないし、アナウンサーとしての分もわきまえている」(68・男)

■14位 三宅正治(56・フジテレビ)

「『めざましテレビ』で永島アナをよくサポートしていい雰囲気にしている」(20・男)

「スポーツ実況が非常にうまい。すべてのスポーツを三宅アナに担当してもらいたい」(34・男)

「『めざましテレビ』を見ていると、みんな仲良さそうで、三宅アナもよく笑っていて、見ている方も楽しくなる」(43・女)

「威厳がありますが優しさも感じる人」(33・男)

■14位 青木源太(36・日本テレビ)

「明るくポジティブな印象」(56・女)

「ジャニオタを隠さない所に好感が持てます。話も丁寧で聴きやすい」(59・女)

「さわやかで見ていて気持ちいい」(44・女)

「タートルネックが似合うイケメン」(43・女)

 続いて、13位から10位まで。13位にはフリーの古舘伊知郎が2年ぶり2度目のランクイン。古舘アナの後釜に座った「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスターである富川悠太は、昨年から5つ順位を落としましたが10位で面目を保ちました。

■13位 古舘伊知郎(64・フリー)

「『報道ステーション』で彼の迫力ある安倍政権への批判とか聴いていてすごく気持ちいいです。僕はこういうはっきり言うアナウンサーは尊敬します!」(41・男)

「無駄口の多さがこの人の長所でもあり欠点でもあるが、こんな人がいても良い」(62・男)

「『報道ステーション』は彼ありきの番組だったと再認識した」(33・女)

「知識量に裏付けされた高速でのしゃべり」(46・男)

■12位 中村光宏(34・フジテレビ)

「小動物みたいで可愛い」(28・女)

「バラエティ番組だけじゃなく野球実況もしっかりしている」(29・男)

「優しくてかわいい」(36・女)

「奥さんとの仲が見ていて微笑ましい」(45・男)

「スポーツ実況でよく見るが、爽やかなイケメンアナ」(38・男)

■10位 軽部真一(56・フジテレビ)

「昔から大好きなアナウンサーで、優しそうな顔と分かりやすいイントネーションが好き」(40・男)

「なんでも相談できそうな人柄が好き」(26・女)

「ミスターめざまし、生ける伝説。芸能界での人脈はおそらくナンバーワンだと思います」(61・男)

「ニュースが読めないようなダメな雰囲気がよい」(67・男)

■10位 富川悠太(42・テレビ朝日)

「清潔感のある爽やかさと歯切れが良い」(77・男)

「時には安倍総理にも嫌われるほど直球勝負をするので」(55・男)

「イケメン。ニュースを読む姿がかっこいい。頭の回転もよさそう。人間的に信頼できる」(39・女)

「『報ステ』で経験を積んで上手くなっている」(40・男)

「ニュースに対し自分なりのコメントをはっきり言える」(65・男)

 続いて9位から5位。5位に入ったのは、唯一の地方局からの入選となった、中部日本放送の石井亮次アナ。「ゴゴスマ〜GO GO! Smile!〜」(CBC)での軽快な語り口に加え、ドラマ「下町ロケット」「陸王」(ともにTBS系)などへの出演で知名度を高め、昨年の10位からジャンプアップしました。

■9位 木村拓也(28・フジテレビ)

「アナウンサーが人力車?何それ?って思っていたが、好きになった」(30・男)

「爽やかで、ガッツがある」(57・女)

「愛妻家なところが好感」(39・男)

「爽やかで夕方のニュースが楽しみになる」(48・男)

■8位 伊藤利尋(46・フジテレビ)

「小倉さんの後を継ぐのはこの人だと思う」(35・男)

「圧倒的なアナウンス技術をもちつつ、局アナという難しい立場をわきまえた立ち振る舞いで、すごく好感が持てる」(35・男)

「笑いの返しなども面白い。顔は微妙だが、声がいい。聴きやすい」(49・女)

「表情だけでなく、話し方もバラエティー豊か。単調さがなく、自分の意見を述べている」(37・男)

■7位 榎並大二郎(33・フジテレビ)

「『バイキング』で坂上忍のパワハラに耐えている感じがいい、応援したい」(41・女)

「気が弱そうだけどマッチョで母性本能をくすぐる」(27・女)

「ドジは多いけど愛嬌がある感じ。同性として好感が持てる」(57・男)

「筋肉ばかりでアナウンサーとしての能力は高くなさそうだが、なんだか憎めないキャラ」(39・男)

■5位 石井亮次(42・CBC)

「芸人コメンテーターとのとぼけた会話が面白い」(69・男)

「失言、暴言スレスレのゲストコメンテーターたちの発言を時には笑いに変えて、軌道修正しながら進行する腕が素晴らしい」(55・女)

「息子の小学校でCBC見学がありましたが、嫌な顔ひとつせず子供たちに説明をしてくださったそうです」(31・女)

「爽やかでいて、面白い。最近、保護犬の里親になったとか。親しみが持てる」(43・女)

「『ゴゴスマ』での軽快なトークとスタジオ捌きが素敵」(46・男)

「名古屋のお昼の顔。人柄を感じさせる語り口が素敵です」(46・女)

■5位 高瀬耕造(43・NHK)

「この人の笑顔を見ると、朝小さな幸せを感じる」(45・女)

「端整で実直そうなイメージと、意外におもしろくて自虐キャラなところが好印象」(45・男)

「震災時や速報の時の安定感と心遣いがこもるコメントたるや、他のチャンネルにはさせないグリップ力がある」(36・女)

「教養の高さが窺えるから」(47・男)

「『おはよう日本』のおはBizコーナーの前に小走りになるのが可愛らしい」(48・女)

「NHKらしい王道の生真面目さを感じる。定年まではフリーになったりせず、NHKで活躍してほしい。歴史に残るNHKのアナウンサーになってほしい」(53・女)

 いよいよトップグループ。このグループに名を連ねる面々は、男性アナウンサーのアンケートを2017年に取り始めてからずっとメンバーが変わらず、不動の人気を誇っています。いうなれば「男性アナ四天王」。

 そんななかで堂々の1位を死守したのは、TBSの安住紳一郎アナ。3連覇達成となりました。「女性セブン」(7月4日号)では、7月1日付でアナウンスセンター「局次長待遇」への異例の大出世が報じられました。2位の桝太一アナも、6月1日付でアナウンス部の副主任から主任へと昇進しています。

■4位 武田真一(51・NHK)

「いざという時は、やっぱり武田さんが一番安心できる」(38・女)

「ちょっと固いかと思ったら意外と茶目っ気もある」(69・男)

「アナウンサーとして欠点を見つけ出すのが難しい。有事でも慌てず騒がず冷静にニュースを伝えることの出来る本物のアナウンサー」(52・女)

「品がある。声が優しく癒される。ハンサムではないが優しそうなお父さんという雰囲気が良い」(64・女)

「ニュースを的確に伝える理想的なアナウンサーだと思う。タレントさんのような民放男子アナにはない誠実な清潔感がある」(56・男)

「日本で一番信用できるアナウンサー。『NHKの貴公子』たけたん最高!」(39・女)

「『クローズアップ現代+』でみせるちょっとおちゃめな感じが良い」(46・男)

■3位 桝太一(37・日本テレビ)

「気さくな感じと気取らない感じが好感持てます。頭が良いからなのか、好きな事は徹底的に追及するという姿もいいですね!」(47・女)

「清潔感とダンディズムが素敵。先日の放送で深海魚にえらく興奮していたが、それだけで“画”が持ち面白かった。あの企画ではTOKIOはいらないと思う」(43・男)

「結局さわやかさといえば桝アナ。時々見られる天然と照れ隠しも面白い」(44・男)

「タレントより前にでるようなことがない」(47・男)

「全てを臨機応変に対応していてさすがと思います! かっこいいし面白いし大好きです! 生き物に対する熱がすごくて好き!」(27・女)

「昆虫好きという、異性に嫌われそうな趣味を公言する素直さ」(27・男)

■2位 羽鳥慎一(48・フリー)

「最近は、役者のような要素も身に付け、玉川さんとのやり取りも一段と見るに値する内容である」(66・男)

「同性としても、日テレ時代からまったく嫌な部分を感じない」(50・男)

「自由奔放なコメンテーターを適度にあしらって進行をすすめていけるのは羽鳥さんしかいない」(53・女)

「軽妙でありながら核心を外すことなく進行する点で出色。シリアスな問題に当たっても、ユーモアを忘れず説き進めるところが魅力」(85・女)

「よく聞いていないと、え?と思うようなさりげなさでユーモアを交える。おしゃべりがおもしろい」(69・女)

「自分の意見を極力抑え、相手に語らせる姿勢がよい」(40・男)

「どんなニュースでも羽鳥さんが伝えると嫌味がない」(40・女)

■1位 安住紳一郎(45・TBS)

「とても謙虚。特にたけしさんとのやりとりが面白く、お笑いのセンスも抜群。ラジオでの安住ワールドも良い」(21・男)

「よく勉強しているし自分のスタイルを確立している」(62・男)

「どのような役割を命じられても誠実にこなす組織人としての振る舞いが好感」(79・女)

「ゲストの予測不能な発言への対応が完璧」(59・女)

「わざと腹黒っぽくふるまうこともありますが、人柄の良さを隠しきれていない」(63・女)

「報道もバラエティも上手」(66・女)

「出しゃばらないところが好き」(46・女)

「どんな場面でも一通り対応できるし、一般常識もある」(54・女)

「経験豊かなTBSの局アナウンサーのなかで安住さんの真面目な性格が魅力」(77・男)

「温厚な人柄ときりっとしたコメントがいい味を出している」(57・男)

「滑舌が良く、読み間違いや言い間違いを滅多にしない。言葉使いも正しく気持ちが良い」(53・女)

「ラジオでの語りはもはや芸術」(33・男)

「人気があるのにフリーにならない堅実さ。組織に居続けられるということはスキャンダルも無いのだろうと信用できる」(37・女)

男性アナはおしゃべりなほど嫌われる? 饒舌なアナが上位を独占! へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)