コロコロ読者に衝撃を与えた「酒に酔ったウルトラマン」……『ウルトラ兄弟物語』誕生秘話

コロコロ読者に衝撃を与えた「酒に酔ったウルトラマン」……『ウルトラ兄弟物語』誕生秘話

『ウルトラ兄弟物語』に登場するセブン。©かたおか徹治/文藝春秋 ©円谷プロ

 現在のウルトラマンシリーズ人気を不動のものにした、“第3次ウルトラマンブーム”という現象が1978〜1980年にかけてあった。凄まじい人気で、関連書籍は軒並みベストセラー。リバイバルで発売されたウルトラマンと怪獣たちの人形は飛ぶように売れた。その渦中にあって、“酔っぱらってくだを巻く(帰ってきた)ウルトラマン”の姿を漫画で描き、一躍当時のウルトラマンファンの少年たちの心をわしづかみにした漫画家がいた。その名は、かたおか徹治。

 今回、その名シーンが描かれた傑作『ウルトラ兄弟物語』が電子書籍で復刻される。また、この作品でも他の兄弟たちと共に活躍するウルトラマンタロウの息子・タイガの活躍を描く新作TVドラマ『ウルトラマンタイガ』も7月6日よりテレビ東京系でスタートする。それらを記念して、かたおか先生に、約40年ぶりに『ウルトラ兄弟物語』をプレイバックしていただいた。

■ウルトラマンというモチーフで描いた“人間ドラマ”

『ウルトラ兄弟物語』では「酒に酔ったウルトラマン」や「若気の至りでセブンを挑発するタロウ」など、人間臭いウルトラマンが多数登場する。

――内容や展開は先生ご自身がお考えになったのですか?

かたおか 当時はテレビ放映もなかったので、編集担当の平山隆さんと話し合いながら自由に描かせていただいた覚えがあります。その前に内山まもる先生の『ザ・ウルトラマン(原題は『さよならウルトラ兄弟』)』を「小学三年生」(小学館)で連載(’75年4月〜’76年3月)していて、それの人気が高かったと思うんです。

「コロコロコミック」(小学館)でその再録連載をしたらまた人気が出て、『ザ・ウルトラマン』のお陰で我々も色々やらせていただきました。内容には、平山さんのご意見がかなり反映されています。ある程度、路線は最初から決まっていたようですし、僕自身も描いていてすごく楽しかったんですよ。元々「人間ドラマを描きたい」と思っていたので、僕としてもとてもメリットがありました。

■ウルトラマンで『スター・ウォーズ』や『荒野の七人』をやりたかった

――ウルトラマン(ウルトラ戦士)たちは飛べるはずなのに、戦闘艇に乗って戦う姿が画期的でした。

かたおか あれはもう完全に「ウルトラで『スター・ウォーズ』(’78年〜)をやろう」ということで。舞台をそう設定しておいて、そこに映画の『荒野の七人』(’61年)の要素などを持ち込んで作りました。スペースサタンキングはダース・ベイダーがモデルです。ルーク・スカイウォーカーの父親という設定は当時まだ分かっていなかったので、純粋な悪役になっちゃいましたけど(笑)。
 1〜2巻で登場するファイティングジャックは、人の顔が描きたかったから登場させました。全部ウルトラ系の顔ばっかりで、人間の顔に飢えていたんです。

――『ウルトラ兄弟物語』では、セブンとゾフィーがメインキャラクター扱いです。テレビ版では「弱い」ことをネタにされがちなゾフィーですが……。

かたおか それも平山さんの好みです。ゾフィーは隊長だし、ウルトラ兄弟の長男だから。それと当時「パワー的にはセブンがすごいだろう」という見解があったんです。平山さんは映画が好きでしょうがなくて、『ミラーマン』(’71年)を学年誌でやっている頃から「映画に例えれば……」というやり取りばかりでした。僕のキャッチコピーの “燃える若獅子”も、最初にやろうと言い出したのも平山さんです。あと、映像の中にも反映されていったウルトラ兄弟のマントは、さいとう・たかを先生の『影狩り』(’69年)の影響を受けているかもしれません。

『ウルトラ兄弟物語』のセブンはオリジナル武器の手槍の使い手。正々堂々と戦う敵には手槍、卑怯な敵には光線技で対処するセブンの“騎士道精神”が魅力的だった。

――あれは木製なのでしょうか? また、あの手槍の名前は? 酔っぱらったウルトラマンのコップの材質も教えてほしいです。

かたおか 木材というよりは鉱物だと思うんですよね。セブンの槍の名前はスピアだと弱い感じがするので、グレートブレードとか……。酔っぱらった(帰ってきた)ウルトラマンの持っているコップは陶器のつもりで描いたんです。中身は日本酒でも醸造酒でもなく、蒸留酒ですね。

?

――先生が一番お好きなウルトラ戦士は?

かたおか やっぱりセブンかな? カッコいいんですけど描くのは大変なんですよね。特に肩から胸にかけてのプロテクターが(笑)。タロウも好きですね。フォルムは一番好きかもしれません。 全体のバランスもいいですし。だから今度のウルトラマンタイガは「ついに来たか!」という感じがします(笑)。

■ファンが送って来たキャラクターが作中に登場

――“第3次ウルトラマンブーム”の中、人気を博したかたおか徹治作品。連載中のファンレターで印象に残っているものがあったら教えてください。

かたおか 『ウルトラマン80』(’80年)の後に『アンドロメロス』(’82年)が始まって、「別冊コロコロコミック」(小学館)を買っている男の子のお姉さんからファンレターが来ました。「こういうキャラクターを考えたので、使ってみてください」と、絵が同封されていたんです。それをしっかり使わせてもらいました。可愛い女の子キャラクターのイメルダが、その娘のデザインそのままです。これが一番最後の作品(『アンドロマルスの戦い』)なんですよ。

――全シリーズ中で一番想い入れのある作品はどれでしょう?

かたおか 1巻に収録されている『決闘ウルトラ兄弟』ですね。1作目ということもありますし。一番純な気持ちというと変ですけど、それだけで描けましたし、当時の持てる力を出し切ったというか。いや、この作品はアシスタントがいないと描けないですよ。大体常時3、4人ぐらいの方に手伝っていただいていました。

――最後に『ウルトラ兄弟物語』で人生を変えられた子供たち、今のシニア世代にメッセージをお願いします。

かたおか 数十年ぶりに復刻して、改めて『ウルトラ兄弟物語』自体をまたもう一度読み返して、この仕事に携わらせてもらった編集者のみなさんに感謝したいです。この作品のお陰で、色々なところで仕事が増えたこともありますし、自分でやり切ったみたいな自負心もあります。自分にとって一番大事な作品であることに間違いはないと思いますね。

?

(岩佐 陽一)

関連記事(外部サイト)