元バニラビーンズ・レナが語る“アイドルの辞めどき”「OLくらいの給料はもらってた」

元バニラビーンズ・レナが語る“アイドルの辞めどき”「OLくらいの給料はもらってた」

元バニラビーンズ・レナさん

元バニラビーンズ・レナ「便所飯をしていた女子高生が異色のアイドルになるまで」 から続く

 アイドル戦国時代の先鞭をつけた『MUSIC JAPAN』「アイドル大集合」(NHK/2010年5月30日)にも出演していたバニラビーンズ。MCを務めていたPerfumeのように売れることを期待していたが、その願いは叶わなかった。

 2018年10月6、7日のライブをもってユニットを解散する。その発表時、レナは「バニラビーンズを守りきれませんでした」とコメントした。

「守りきれませんでした」という言葉の真意とは、そして、古舘プロジェクトに所属して新たなスタートを切ったレナの今後を聞いた。(全2回の2回目/ #1 より続く)

◆ ◆ ◆

■「ももクロ」はプロ意識が徹底されている

――『MUSIC JAPAN』「アイドル大集合」にもバニラビーンズは出ていましたよね。

レナ 当時、私たちみたいな2人組アイドルが活動できる場所は少なかったんですけど、アイラミツキちゃんやSaori@destinyちゃんと地下アイドルのイベントに出させてもらうことはあって。その中でピックアップされたのが私たちだったんです。レーベルがPerfumeさんと同じ徳間ジャパンだから出ることができた部分もあったと思います。事務所には売り込むノウハウもなかったので。

――『MJ』から最初の『TOKYO IDOL FESTIVAL』で、ももいろクローバーZが一気に上がっていく瞬間を近くで見ていたんじゃないでしょうか。

レナ TIFでは出番が近かったのでステージ横の階段から見ていたんですけど、お客さんの吸い込まれ方が全然違いました。ももクロさんは「いま、会えるアイドル〜」という自己紹介をアイドルにもきっちりするんだけど、決して他のグループと馴れ合うことがなかったんです。自分たちの見せ方がわかっていて、プロ意識が徹底しているなと思いました。

――レナさんは好きなアイドルに東京女子流を挙げることが多かったですよね。

レナ 自分がアイドルになってからは「アイドル好き」を控えていたんですけど、『MJ』でまだ何色にも染まっていない女子流に惹かれてしまったんです。女子流のプロジェクトを立ち上げた佐竹(義康)さんはそれまで東方神起をやってきたけど、女の子グループはどうしたらいいんだろうという戸惑いはあったと思うんです。でも、それがよかった。

 とくにひーちゃん(新井ひとみ)に出会った時は衝撃でした。幼い子が歌って踊ってるのを観て心が痛くなることもあるけど、ひーちゃんにはステージに立つべくして立っている芯を感じることができたんです。

――新井ひとみさんは個人として、もっと世間に届くべきだと思ってます。

レナ グループにいる間は爆発的に売れることって難しいんでしょうね。川栄(李奈)ちゃん(元AKB48)を見てもそうじゃないですか。女の子ってグループのためなら頑張ろうと力を出せるんですよ。でも、自分で自分を売り出すのはちょっとむず痒いところがあって。ももクロちゃんだって「グループとして上がっていこう」という意識があったから売れたと私は思うんです。

――バニビはアイドルからも愛されていましたよね。

レナ 愛されていたというより、嫌われてなかっただけじゃないかと思います(笑)。

――そうでしたか(笑)。まぁ、種類が違うからライバル視されることはなかったし。

レナ そうなんですよ。私たちもライバル視することはなかったですし。

■「普通のOLくらいの給料はもらっていました」

――バニラビーンズとして「売れたい」と思ってました?

レナ 思っていました。Perfumeさんのライブを初めて観たのが下北沢にあるキャパ200人のMOSAiCで。女の子ファン限定のライブだったんですよ(2008年2月22日)。その後、リキッドルーム、Zepp、武道館と会場が大きくなって。2010年(11月)には東京ドームのステージに上がってたんです。そんな影響もあって、私たちも東京ドームは無理でもZeppまではいけるだろうと思っていました。

 ただ、アイドル戦国時代が進んでグループが増えたことで、ファンの方もいろんなグループに分散するし、大所帯のグループのほうが相対的にファンは多くなるだろうと考えて、バニビとして大きい箱でのライブは諦めるようになりました。

――その分岐点はどこだったと思いますか?

レナ 徳間ジャパンからT-Palette Records(タワーレコード内に設立されたアイドル専門のレコードレーベル)に移籍して。T-Paletteの第1弾が私たちで、第2弾がNegiccoさんでした。当時はよく2組でイベントを回らせていただいて。最初は2組とも声入りの曲に被せて歌っていたんですけど、ライブを重ねるうちにNegiccoさんは生歌にシフトチェンジしたんです。

 これはNegiccoさんの運営に柔軟性があったからできたことだと思っていて、私たちは良くも悪くもコンセプトがブレなかった。ここがひとつの別れ道だったのかもしれません。試練を与えられたNegiccoさんはアーティストとしての力がついていったじゃないですか。

――生活面で苦しかった時期はありましたか?

レナ 私たちはデビューしてからずっとお給料が変わらなかったんです。活動の前半はバイトもしていました。中盤からは営業が入って基本給にプラスアルファされることもあったので、苦しいながらもアイドルだけで生活できて。後半はテレビ番組のレギュラーがあったので、普通のOLくらいの給料はもらっていました。

――2015年秋にはT-Palette からさらにエイベックスに移籍しました。

レナ T-Palette時代のライブで「レーベルの人が観に来てるから」とスタッフに言われて、期待した事もありましたが、結局、話が進まない事が多々ありました。そんな時に手を差し伸べてくれたのが、すでに女子流のスタッフから外れていた佐竹さんだったんです。バニラビーンズはいろんな人に紡いでもらった「つぎはぎだらけのアイドル」だったと思います。

■「1万5000枚を超えないと解散」

――エイベックス時代は、シングルとアルバムを合わせて出荷枚数1万5000枚を超えないと解散というノルマが課せられて物議を醸しました。

レナ エイベックスではなく、事務所のアイデアだったんです。最初に聞いた時はめちゃくちゃ怒って「シングルが何枚売れているか知ってます?」と言いましたよ。シングルの平均売上が3000枚で、それも特典会で積んだうえでの数字ですからね。それがアルバムと合わせたとはいえ1万5000枚って「解散しろ」と言われているようなものじゃないですか。

 ただ、相方に「達成できないと思う」と話した時、「でも、決まったんだからやるしかないよね」と返されたんですけど、普段通りの言葉なのになぜか刺さって。「相方がそう思っているなら」と心を無にして取り組むことにしたんです。その時の特典会はエグかったです。ひとり100枚で相方とランニングできる権とか、私と浅草花やしきで遊べる権とか、シングル1枚で1分電話できるとか。

――そういったことを今までやってこなかったから。

レナ 申し訳ない気持ちしかなかったです。電話している時間や花やしきにいる間はノルマのことを考えず、「今を楽しもう」という精神で進むしかなかった。あの半年くらいは生きている心地がしなかったです。

 あの時をきっかけに離れたファンはだいぶいると思います。ライブの集客もガクッと落ちましたから。久しぶりに有料のライブをしたら、「普段の3分の1くらいしかチケットが売れていません」とスタッフから言われたんです。愕然としてTwitterで事実をつぶやいたけど、チケットは動かなくて。結果的に空回りになってしまいました。

■「私ひとりでもバニラビーンズを続けたい」

――3年後に行われた単独での解散ライブ(2018年10月6日・渋谷duo MUSIC EXCHANGE)はソールドアウトだったわけで。

レナ 思わず「みんなどこにいたの?」と聞きました(笑)。人間って失ってから価値に気づくといいますか、そのようなことはデビュー当時からちょこちょこ言っていたんですけどね。『チョコミントフレーバータイム』以降、レコーディングのたびに「これが最後かも」と思っていましたから。1社目の経験があるから、2社目だっていつ切られてもおかしくないと思っていたんです。

――解散は事務所の判断だったんですよね。

レナ そうです。広告代理店という本業もあるなかで、10年は頑張ろうというのがありましたが、10年やってみて、「正直、次に何をすればいいのかわからない」ということでした。去年の6月下旬に言われたんですけど、一旦持ち帰らせてもらって。その後、解散時期を延ばすことはできないのか、と話し合いを重ねました。

 2人で事務所を移籍してバニラビーンズを残す道も探ろうと思ったんですけど、相方の意思を確認したら「移籍は考えてない」と言われて。

――リサさんはこの区切りで終わらせたいと。

レナ タイミング的にも良かったんでしょうね。「私ひとりでもバニラビーンズのレナとして歌を続けさせてもらえないか」と社長に話したんですけど、それはできないと。やるとしたら、まったく違う若い2人をバニラビーンズのコンセプトにはめこむと。結局、フラワーレーベルのプロジェクトを終了させることになったんです。

――なぜバニビを続けたかったんでしょうか。

レナ バニラビーンズは自分のものでもないし、誰のものでもないけど、待っている人がいる限りは続けたい。この先もずっとゆるく続けていきたかったし、そうなるんだろうなと思っていたんです。ただ、大人たちは賞味期限切れだと思っていたんだなって。解散発表時の「バニラビーンズを守りきれませんでした」というコメントに、私の気持ちがすべて詰まっています。

――最後の単独ライブ(10月6日)ではアンコールがなかったし、泣かせるようなスピーチをするわけでもなく。でも、それがバニビらしかったと思いました。

レナ 最後に流れた映像を脇から見て泣いたけど、まだ明日(バニラビーンズに感謝祭)もあるという気持ちもあって、ステージ上では涙を見せたくなかったんです。そこがお客さんの心を掴めなかったところかもしれません。ステージ上で心を開けなかった。そんな感情を見せないアイドルについてきてくれたファンの方たちには感謝しています。

――バニラビーンズをやってきて楽しかったことは?

レナ もちろん普通のライブも好きでしたけど、ショッピングモールでのライブが楽しかった。開放感のある空間で、私たちを知らない人たちも集まってくれる。車イスに乗ったおばあちゃんが手を叩いてくれる光景を見ると「音楽の力ってすごいな」と思えるんです。

――バニビと同じ時期にPASSPO☆やベイビーレイズJAPANといった近いキャリアのグループが解散しました。

レナ PASSPO☆やベイビーレイズの曲が歌われなくなる、という悲しさはありました。でも、あの子たちは25歳前後だから解散してからも別の形でデビューできると思うんです。まだ歌いたかったら別のグループだって入れるはず。明るい未来があると思います。

■「この年齢になって新たなキャリアを探るのは大変です」

――自分自身の再出発は大変だろうと。

レナ 20代を全部アイドルに費やしてしまったので、「次のキャリアって……」とは思いました。例えば1歳下の(遠藤)舞ちゃんは現在ボイストレーナーとして頑張っているけど、この年齢になって芸能界で新たな道を探ろうというのは正直大変ですよね。

――古舘プロジェクトに入ったので「しゃべりの仕事」を中心にやっていこうと考えているんですか?

レナ 「しゃべりの仕事」もしたいなと思いつつ、10年間走り続けてきたので、いまはゆっくり探していきたいです。生き急ぐことなく、着実に進んでいきたいなと。

――アイドルに関わる仕事も続けていきたいですか?

レナ そうですね。何に関わることができるんだろうと考えながら。今もアイドルのライブのMCをさせていただくことがあるんですけど、すでに「去年デビューしたのでバニラビーンズさんのことは知らないんですけど……」というアイドルの子もいて。

――時間の流れは早いですね。

レナ ただ、どっぷりアイドルに関わる仕事というよりは、ショッピングモールで知らない誰かを楽しませていた自分を広げるような仕事のほうが合っているのかなと思っています。 

 10年間付き合ってきたから「バニラビーンズのレナ」のことはよくわかるけど、個人としての「レナ」がどういう人間なのか理解することからはじめなきゃいけない。自分を探しつつ、今までの経験を活かした仕事ができたらなと思います。

写真=川しまゆうこ

( # 1から 続く )

(大貫 真之介)

関連記事(外部サイト)