渡辺謙が不倫謝罪会見の直後に“高飛び”していた

南果歩の夫・渡辺謙が不倫謝罪会見の直後に『高飛び』していたと週刊文春の取材で判明

記事まとめ

  • 渡辺謙が不倫謝罪会見の直後に、成田空港から海外へ飛んだ事が週刊文春の取材で判明
  • 南果歩との結婚生活継続について会見で聞かれた渡辺は、言葉を濁していた
  • 渡辺は会見終了から1時間後には、ラフな私服に着替えて成田空港に現れたという

渡辺謙が不倫謝罪会見の直後に“高飛び”していた

渡辺謙が不倫謝罪会見の直後に“高飛び”していた

©文藝春秋

 7月15日、ハリウッド俳優・渡辺謙(57)が自身の不倫について謝罪会見を開いたが、会見終了後すぐに成田空港から海外へと飛び立っていたことが「週刊文春」の取材によりわかった。

「週刊文春」4月6日号の記事「渡辺謙 不倫inニューヨーク」では、渡辺とジュエリーデザイナーA子さん(37)との約3年半に及ぶ不倫愛の内実を報じた。今年4月1日、ロサンゼルスから極秘帰国した渡辺を本誌記者が成田空港で直撃したところ、「後日、きっちり話をさせてもらいます」と語っていた。

 会見で渡辺は「おおむね事実でございます」と記事の内容を認めた。乳がんで闘病中の妻・南果歩(53)との結婚生活を続けたいか、と聞かれた場面もあったが、「言える立場ではない」と言葉を濁した。

 芸能ジャーナリストの二田一比古氏が語る。

「謙さんは、これから約3カ月間、アメリカで新作映画の撮影に入り、帰国時期は未定です。ただ文春の記事が出てから現在まで謙さんは世田谷の自宅の敷居をまたがせてもらっていない。(中略)夫婦に埋めがたい亀裂が入っていると思います」

 会見終了から1時間後、渡辺はスーツからラフな私服に着替えて成田空港に現れたが、本誌の呼びかけに固く口を閉ざしたまま、ファーストクラスのゲートへ姿を消した。

 7月20日発売の「週刊文春」では、渡辺が本誌報道から3カ月以上も会見を開かなかった理由や、大阪・北新地を舞台にしたA子さんとの馴れ初め、不倫発覚後の南との関係についても詳しく報じる。

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)