「コボちゃんを描いているときに食事はしない」 “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #1

「コボちゃんを描いているときに食事はしない」 “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #1

(c)鈴木七絵/文藝春秋

漫画家・植田まさし、70歳。読売新聞朝刊に連載中の「コボちゃん」が12519回(2017年7月15日現在)。「かりあげクン」はこの5月にコミックス60巻目を発売。そして「おとぼけ課長」は雑誌連載36年目にして初めての“昇進”、「おとぼけ部長代理」としてリニューアルスタートしたばかりだ。年間1100本の4コマを生み出し続ける巨匠は一体どんな人物なのか――。夕方4時、仕事場のある邸宅の一室に植田先生が姿を現した。

■「コボちゃん」シフトの毎日 寝るのは午前3時半

―― お忙しいところ、ありがとうございます。

植田 夕方の4時は仕事が一段落するんですよ。「コボちゃん」の原稿を取りに来るオートバイが毎日3時半に来るので。

―― 毎日「コボちゃん」を受け取りにバイク便が来るんですか?

植田 そうです。土日もです。まあ、新聞は年に10日ほど休刊日があるから、それ以外は毎日ですね。

―― 今日渡したものは、いつ頃掲載されるものなんですか?

植田 明日の朝刊ですよ。

―― えっ、明日載るものを前日に渡しているんですか!

植田 基本的にそうです。その日描いたものを、次の日載せてもらう。

―― とはいえ「コボちゃん」以外の連載もたくさん持っていますよね。毎日締切りとはすごい……。先生の一日はどんなスケジュールなんですか?

植田 一日の前半は「コボちゃん」に専念しています。朝は10時半ぐらいに起きて、そのまま仕事場に。で、仕上げ終わるのが14時とか14時半。それから、まぁ朝食というか、その日初めての食事をします。

―― 「コボちゃん」を描いている時に食事はしないんですか?

植田 食べないですね。それで15時半にバイク便に預けて新聞社に配達してもらう。それで、夜8時くらいに昼食じゃないけど2度目のご飯を食べて、夜中の1時ごろに夜食を食べる。もちろん一日の後半は「かりあげクン」とか「おとぼけ部長代理」とか、別の作品のネタを考えたり、描いたりしています。寝るのはいつも3時半。そして10時半に起きて「コボちゃん」に集中。毎日の締切りから逆算すると、10時半に起きるのがベストなんですよ。頭の回転とか。こうしてみるとメチャクチャな一日に思われるかもしれないけど、ちゃんと7時間寝てますし。

■読売新聞から「ストップ」がかかったネタ

―― このタイムスケジュールは昔からなんですか?

植田 新聞やり始めてからずっとです。「コボちゃん」が始まったのが82年の4月だから、35年くらい。新聞を中心に一日が回ってます。

―― 毎日締切りが来るプレッシャーは想像がつきませんが……。

植田 もうここまで来ると、「描かなきゃいけない」っていうプレッシャーはあまり感じませんね。それよりも新聞だから描いちゃいけないものとか、表現に気をつけなきゃならないところとか、その辺へのプレッシャーみたいなものはありますけど。

―― 「先生これはちょっと……」とダメになったこともあるんですか?

植田 ありますよ。いつだったか「こどもの日」用の回で、コボの親戚にあたるタケオさんが「こどもの日があるんなら、おとなの日もあっていいだろう」ってストリップ劇場に行くものを渡したら「ちょっとこれは良くない」って(笑)。結局OKになったんですけどね。「かりあげクン」や「フリテンくん」でできることが新聞だと難しいことはあります。今でもたまに引っかかることありますよ。

―― 今でもあるんですか?

植田 4コマが載るのは社会面ですよね。だから漫画の横には事件とか事故の記事が来やすいでしょう。そうなると、例えば「そこの角で自動車事故があった」みたいな場面を描いたものが、交通事故の記事と横並びで載っちゃうとまずいわけです。

―― しかし、予測不可能ですよね、どんな記事が隣に来るかなんて。

植田 なので、季節ごとに使える差し替え用の作品が何本かストックされているはずです。

■ナベツネとゴルフ場で話した

―― 「コボちゃん」が開始されたとき、先生は34歳だったと思いますが、どんな経緯で連載が決まったんですか? 『週刊読売』では「すっから母さん」がすでに連載されていて、その流れがあったのかと想像したりするんですが。

植田 4コマが載るのが社会面だから、社会部の意見が相当反映されたそうなんですよ。「今売れてきてる植田まさしがいいんじゃないか」みたいな声があがって決まったと。担当者は文化部の人なんですけど、決定は社会部だったそうです。

―― そうなんですか! ちなみに読売新聞といえばナベツネこと渡辺恒雄主筆ですが、お話ししたことはありますか?

植田 ありますよ。昔、読売で文壇ゴルフって会があったんですよ。それでゴルフ場で一緒になったことがあって、何話したかもう忘れちゃいましたけど。

―― 新聞連載となると、相当気構えをされたんじゃないですか?

植田 お話をいただいたときは「あ、1日1本くらいならやりますよ」という感じで受けたんですけど、当然ながら大変なんですよ(笑)。それで、当時やってた雑誌連載を少し減らしてなんとか。あの頃は本当に忙しすぎて。

■「朝起きたら世の中真っ黄色」の時代

―― 「コボちゃん」が始まるときにはすでに「フリテンくん」「かりあげクン」「のんき君」「すっから母さん」……。

植田 あと「おたかぜ君」があって、「まさし君」を週刊誌で描き始めていて……。芳文社だけでも5誌は連載していました。竹書房で2誌かな、あと『漫画天国』っていうのが芸文社から出ていてそれにも。自動販売機でしか買えないような雑誌にも描いてたな。もう、疲れすぎて「ダメだッ」って机の横に敷いている布団に倒れるでしょ、で、朝起きたら世の中真っ黄色なんですよ。新婚さんがよく朝は真っ黄色に見えるとか言う、あれ。あと金縛りにも遭いましたね。3時間寝ちゃあ起きての仕事の繰り返し。ひどい暮らしでした(笑)。

―― 絵に描いたような売れっ子ですよね。「コボちゃん」が始まる2年前、1980年の『週刊サンケイ』が「フリテンくん」が4巻まで出て累計130万部突破、ということを記事にしているんです。ここで先生が取材に「正直こんな売れるとは思ってなかったですけど、ある程度は売れると思っていました」と答えています。

植田 えっ、ウソ! そんな生意気なこと言ってるの? でも「ある程度は売れると思ってた」というのは、1冊丸ごと中綴じにした「フリテンくん」が結構いい反応で売れていたりしたから、まあその程度のことで、本心は「こんな売れるとは思ってなかった」のほうですよ。

―― 「コボちゃん」開始の年には「『フリテンくん』その他」で「文藝春秋漫画賞」を受賞。一気に4コマ界のスターになられたわけですが、先生のデビューまでというのは、実はなかなか語られていない話なのではないかと思うんです。その辺りをぜひ……。

植田 それね、結構長い話になるけどいい?

―― もちろん、じっくりお聞かせください。

■飯田橋の病院で「漫画でも描けたらいいな」って頭をかすめた

植田 漫画家になろうと思ったのは大学も卒業して、20代の頃なんです。もともと子どもの時から絵を描くのは結構好きで、うまかったんですよ。ただ、先生に言わせれば「絵葉書みたいな絵だ」って言うんです。素朴っていうか、俗っぽいってことだと思うので、まあ褒め言葉じゃなかったと思うんですけどね。でも漫画は特に好きで読んでたわけではなくて、小学5、6年のときに『少年サンデー』とか『少年マガジン』が刊行されたんですが、それも友達の家とか床屋にあればちょっと読むくらい。赤塚(不二夫)さんの作品とか読んでないんですよ。

―― ご出身は?

植田 東京です。どちらかというとスポーツ少年でした。小学校、中学校は野球ばっかり。高校は都立田園調布高校ですが、ラグビー部に入りました。宗教人類学者の植島啓司は、同級生です。昔、『文藝春秋』の「同級生交歓」にラグビーボール持って出ました。で、なぜか私たちの学年は一気に15人入部することになった。先輩もOBも喜んじゃって、夏の合宿がえらい張り切ったものになりましてね。それで私、あまりにも絞られて体を壊してしまったんです。腎臓をやられてしまって。飯田橋の厚生年金病院に2ヵ月入院しました。病室で「ああ、これはもう、みんなと一緒にやる仕事なんかは無理だろうな」と。そのとき、ちらっとだけ「漫画でも描けたらいいな」って頭をかすめたんです。

―― でも、漫画家を目指そうとは思わなかったんですか?

植田 ええ、報道カメラマンになろうと思ったんです。ラグビーやっていたから瞬発力には自信があった。ワーッて走って行って一番いいところで現場をおさえたり、誰もいないところを見つけてよじ登って撮影とか上手くできるんじゃないかって(笑)。それで最初は日大の写真科に行こうと思ったんだけど、入学金が高くてやめた。結局、中央大学の哲学科に入るんですが、それは「写真には思想的背景が必要だ」っていう思いがあってのことなんです。大学のそばに東京写真専門学院があって、夜間に通いました。

―― 憧れていた写真家はいますか?

植田 やっぱりキャパですよね。日本人だと東松照明とか、奈良原一高。白黒で、焼きがすごい人とか好きでした。

■新宿騒乱事件をカメラを持ちながら走り回った

―― 大学に入学したのは何年のことですか? 

植田 67年です。学生運動がどんどん激しくなっていく季節に大学生でした。だから習作として学生運動を追いかけて撮っていましたよ。伊東のアスパック粉砕デモとか、いろいろと。特に新宿騒乱事件はよく覚えています。あれは68年の10月21日ですよね。私は中央大学の社学同というブント派にくっついて有楽町にいました。デモの衝突がすごくてね、駅から学生が落っこちてきたり(笑)。それを撮ってたら、「みんな新宿で集まってるぞ!」という話が伝わってきて、そのまま今度は新宿まで歩いて行ったんです。夜の10時半頃だったかな、新大久保の方から来た電車が途中で止まって、そしたらバラバラバラバラって棍棒持った学生がワーッてやって来て。もう新宿駅がグチャグチャの状態になって、機動隊も最初は「やめなさい」「もう帰りなさい」だったんだけど、最後は「全員検挙!」。私はその一部始終を駅構内を走り回って、カシャカシャカシャって。

―― ええーっ。でも、それほど写真に夢中だったのに、カメラマンへの道を途中で断念されたのはどうしてなんでしょう?

植田 あるとき、日比谷の野外音楽堂で三派全学連の集会があったんですが、そこに赤軍派と京浜(安保)共闘がやって来て、セクトの連中が蹴散らされて壇上を乗っ取られちゃったんです。赤軍派は後に引けない連中ばかりで、もう本気なんですよ。すると蹴散らされたほうは、「帰ろう帰ろう」みたいな感じで引いて行ったんです。なんか軽い感じで。それを見ていていっぺんに幻滅したんですよね。なんだろう、「こんなもの追いかけてたのか、俺」という心境だったのかな。それで、写真なんかつまんねえや、ってなっちゃって。

■卒業できたのは樺俊雄先生のおかげなんです

―― 卒業する頃には、学生運動も下火になっていたんですよね。

植田 下火も下火ですね。もう、学校に行くのもつまんなくなっちゃって、卒業も危なかったんですよ。そしたら学校から電話があって「あと一つだけ単位を取れば卒業できます。だから先生に会いに行ってください」と。それじゃ、と単位もらいに行った先生が樺美智子さんのお父さん、樺俊雄教授だったんです。創価大に移るから、誰も落っことせないんだって(笑)。それで、課題図書を指定されて、なんとかレポートを提出して、単位をいただいた。卒業できたのは樺先生のおかげなんですよね。

―― 卒業されたけれど……。

植田 卒業はしたけれど、ですよ。実家に引きこもりみたいになっちゃってね、半分。おふくろが医療事務の仕事をやっていて、その手伝いをしたり、兄貴が司法試験受け続けるかたわらで塾をやるっていうんで、それを手伝ったり。そんなことをやりながら内心「どうしよう、どうしよう」って将来が不安で不安で。で、いつだったか、おふくろと兄貴が、私が広告の裏にいたずら描きした4コマ漫画を見つけて「面白いじゃねえか」って言ってくれたんです。「これ面白いから、ちゃんと描いて持ち込んでみたら」って。

―― いいご家族ですね……。

植田 それで持ち込んだのが芳文社。

―― のちに「おとぼけ課長」を誕生させる出版社ですね。

植田 そしたら一発で原稿を預かってくれたんです。意外と簡単だなあ、なんて思ってたのはそのときだけで、ここからが大変だったんだけど(笑)。

■デビュー作「ちょんぼ君」の原稿料

―― どんな漫画だったんですか? デビュー作は。

植田 「ちょんぼ君」。麻雀漫画ではないんですけど、まあ目に入ったものを描いた4コマで。それを広告が抜けたときの「埋め草」として使ってもらえた。

―― 最初の原稿料っていくらか覚えていますか?

植田 1ページ3000円だったと思います。その頃、御茶ノ水に仕事場を借りたんです。家賃が3万5000円。小川町の、いまヴィクトリアがあるあたりです。そこで描いているうちに、ポツポツと竹書房だったり、双葉社だったり、声がかかるようになってきて。「おとぼけ課長」のモデルになる人物と出会ったのは、その頃のことです。

#2につづく

うえだ・まさし/1947年、東京生まれ。中央大学文学部哲学科卒業。82年、第28回文藝春秋漫画賞。2016年、日本漫画家協会賞大賞。作品に「コボちゃん」「かりあげクン」「おとぼけ課長(現・おとぼけ部長代理)」「フリテンくん」など。現在も年間1100本余りの四コマ作品を描き続ける。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)