「おとぼけ課長」にあって「課長 島耕作」にないもの “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #2

「おとぼけ課長」にあって「課長 島耕作」にないもの “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #2

(c)鈴木七絵/文藝春秋

植田まさし、70歳。「コボちゃん」「かりあげクン」「フリテンくん」、そしてこの夏「おとぼけ部長代理」としてリニューアルした「おとぼけ課長」などの作品で、日本の4コマ漫画界の先頭を走り続ける「巨匠」である。前回に続くインタビューの後編では、日本が4コマ漫画に沸いた時代の回想から、「独特」と語る漫画技法の話、なぜ中小企業のサラリーマンを描き続けるのかまでを、じっくりと語っていただいた。

■初めて明かす、おとぼけ課長のモデルになった人物

―― 6月に「おとぼけ課長」が連載開始から36年、初めての昇進で話題になりました。タイトルも「おとぼけ部長代理」と装いも新たになりましたが、またなんでこのタイミングで出世したんですか?

植田 まあ、出版社側が何かテコ入れしたいってことでそうなったんですよ。「総理の意向」ならぬ「版元の意向」(笑)。「コボちゃん」は2009年の10月14日の回(連載第9764回)で、コボが兄になることがわかって大きく展開したでしょう。「かりあげクン」は、いまJRでずいぶん使ってくれていて目立っているでしょう。あれ、いろんなバージョン描かなきゃなんないから大変なんだけど。なので、そろそろ「おとぼけ課長」もどうにかしようか、って流れになったんですよね。

 でも昔、おとぼけ課長がそのまんま出世もせず、課長のまま会社を辞める話を描いてるんですよ、特別編みたいので。

―― ええっ! 

植田 だから部長代理って言っても、課長のまま「代理」を務めてますよ、という設定なんです。そうじゃないと、辻褄が合わなくなっちゃうから(笑)。

―― 「おとぼけ課長」は『まんがタイム』創刊時からの連載ですよね?

植田 そうです。で、おとぼけ課長のモデルはこの雑誌の初代編集長なんですよ。ヒゲとったらそっくり。古島當夫(ふるしま・まさお)さんといって、私より4つくらい年上でした。おとぼけ課長の下の名前が、今回初めて出たでしょう? おとぼけまさおって。これ、古島さんからそのままいただいたんです。

―― また秘話が出てきましたね。

植田 古島さんが編集長をした『まんがタイム』は、4コマ漫画だけ載せた初めての雑誌なんじゃないかな。「4コマ誌をやりたい」と言うんだけど、私なんか「えー、何言ってんの?」みたいな感じだったんだよね、全然ピンと来なくて(笑)。

―― ご自身は4コマ漫画家なのに(笑)。

植田 そう。でも4コマだけの雑誌なんて考えられなかったからなあ。「そんなの作ったって売れないですよ」って言ったんだけど「いやぁ、でも作ろうと思うんだよ」って。確かにその頃、81年ごろは4コマブームだったんですよ。いしいひさいちさんの「がんばれ!! タブチくん!!」が大きかったと思う。4コマで何ページも描けるんだぞって開拓してくれたところがあるから。出版社にも4コマの持ち込みが増えていて、それなりの手応えはあったんだろうと思います。

■明石家さんまが「のんき君」を演じた

―― 『まんがタイム』の表紙って、今までずっと「おとぼけ課長」なんですか?

植田 そうです、ずーーっとなんです。4コマ雑誌、作ってもらってよかったと今では思いますよ(笑)。

―― ブームだったこともあり、先生の作品もドラマ化されたりもしていますよね。自分でご覧になったりもしましたか?

植田 そりゃ見ますよ。「のんき君」は明石家さんまさんが主演。フジテレビの月曜ドラマランドっていう枠じゃなかったかな。あと「キップくん」は前川清さん(笑)。それから「まさし君」が風見しんごさんで、「すっから母さん」は西田敏行さんね。

―― 「おとぼけ部長代理」は誰に演じてほしいですか?

植田 難しいなあ……。ヒゲが似合う人……、誰でもできそうだけどね(笑)。おとぼけ課長はモデルがいたけど、ほとんどのモデルは自分自身なんです。というのは、私の描く主人公のタイプは大きく分けて2つ。かりあげクンみたいな「黙って何かを仕掛けるタイプ」と、おとぼけ課長みたいに「何かをやって失敗するタイプ」です。これって自分の中にある両面性なんですよね。

■ライバルなんていなかった、全部参考にしてたから

―― 82年に「文藝春秋漫画賞」を受賞された時、選考委員の漫画家・加藤芳郎さんが選評で「『絵』はやがて必ずうまくなると信じている」と植田先生にエールを送っています。デビュー当時から現在までを振り返って、ご自身の画についてはどう思っているんでしょうか?

植田 いやほんと、いまだに自分は素人って感じがしてます。謙遜でもなんでもなく。特に昔の画を見ると恥ずかしくて……。

―― このお話の流れで大変恐縮なんですが、たとえば「かりあげクン」の第1巻と最近のものでは、この鼻の下の長さがけっこう変わってきていますよね。意識的に変えてきたものなのでしょうか?

植田 (第1巻を手にしながら)これなんて、たくさん描き始めてから4、5年も経ってない頃の画だよね。やっぱり、段々、徐々に修正されていくんですよ、自分でもわからないうちに無意識に。私は誰かのプロダクションでアシスタントしていたわけでもないし、日々描くことが絵の勉強だったんです。誰かの漫画を見ては、「あ、こうやって描くのか」「なるほど人間の体の重心がこうだから、形はこう変えればいいのか」って具合で。見よう見まね。参考にしていた人は、その頃一緒に描いていた漫画家全員ですから、ライバルなんていなかった(笑)。

―― そんな植田先生の画風に影響を受けた漫画家の一人に田中しょうさんがいます。田中さんとはお会いしたことあるんですか?

植田 田中さんは直接、私に「植田さんの真似をしています。手本にしています」って言ってくれました。あの人はもともと、読売新聞で政治漫画描いていた牧野圭一さんのお弟子さんで、少女漫画を描いていたんですよね。だから、田中さんのほうが、私よりずっと画がうまいですよ。

―― 先生から見て、どんなところが「うまい」んですか?

植田 線がちゃんと引けてます。丸にしても四角にしても、ブレない。私なんか、けっこうブレちゃうんですよ。

■「ピエーッ」「ンモー」の謎

―― 植田先生の漫画で特徴的なのが「ピエーッ」とか「ピャッ」「ンモー」といった、独特の悲鳴とか感情表現の言葉です。この発想というのはどこから来ているんでしょう?

植田 やっぱりね、素人なるがゆえですよ。表現の仕方が、漫画の勉強をしてきた人とは違うんでしょうね。普通だったら「キャー」とかなわけでしょ。画の話に戻るけど、たとえば日本の漫画の手の形って、ディズニーから影響を受けた手塚(治虫)さんの技法が主流なんですよ。でも私の場合、手塚さんの漫画さえロクに読まずにデビューしたもんだから、それがない。ササササッて描いてピッ。

 何年か前に中学生が職場訪問みたいなので、ここに来たことがあるんです。そしたらね、「植田先生の画はすっごく独特だと思います」って言うの。エーッ、自分じゃ独特なんて思ってないんだけど、言われてみれば、って感じで(笑)。

―― いま連載は何本お持ちなんですか?

植田 月刊誌が3本、週刊誌が1本、それと新聞ですね。1年で1100本くらい4コマを描いていることになります。1日あたり平均して2、3本ってところかな。

―― いやあすごい……。アイデアがよく枯渇しませんね。

植田 昔からアイデアの方ばかり先行して、画が全然ついていかなかったんですよ(笑)。

―― 文春漫画賞受賞の弁で、先生がこんなこと仰ってるんです。「文春漫画賞は芥川賞的な漫画賞だ。僕は直木賞的な漫画家だから、とれないと思っていた」。これって、どういう意味なんでしょうか?

植田 どっちかというと、私の漫画は通俗って感じでしょ。芸術性みたいなものはない。去年、「かりあげクン」で日本漫画家協会賞大賞をいただいたんですけど、これも意外でした。この賞も、芥川賞っぽい性質だから。今年はつげ義春さんが受賞されてたでしょう。

―― つげさんとはお会いになったこと、ありますか?

植田 あまり表に出てこられない方ですよね。もちろん会ったことはないんですよ。いま漫画家協会の理事やっているから矢口高雄さん、松本零士さん、里中満智子さん、森田拳次さんとかにはお会いするんですけど、ほとんど漫画家とのお付き合いはないですね。

―― 新聞4コマつながりで、東海林さだおさんとは?

植田 特にないんですけど、東海林さんは15コマくらいの長めのものもお描きになるからすごいですよね。

―― やはり4コマと、それ以上長いものとは方法が全然違うわけですか。

植田 作家の精神状態が違うんだと思います。4コマの人は短気。私はおっとりしているように見えるかもしれませんけど、内側じゃ短気でね、即断即決タイプなんです。ストーリーを描く人は、何回か山を作って最後に落とす流れを作らなきゃならないでしょ。頭の中は全然違うと思うんです。

■大多数の「変わらないもの」を描き続けている

―― 先生は4コマ目から考えると聞いたことがあります。

植田 そうですね。まず純然たるアイデア。それも機械的というか、物理的なアイデアですね。シチュエーションを考えるんじゃなくて、コップとかテーブルとか、実体のあるものを仕掛けにしたアイデアを考える。

―― 最近の4コマ誌には「萌え4コマ」が増えましたが、先生はどうお感じになっていますか?

植田 パッとしたオチがないんですよね。それは物理的なオチじゃなくて、状況オチに頼っているからだと思うんですよ。「こうだよね」「うん、そうだよね」っていう連帯意識の中での、その場の空気オチっていうのかな……、具体的なオチへの期待感がないんですよ。結局それはキャラクターに頼っているということで、キャラ頼りの漫画って長続きしないと思うんです。

―― そうした中で、植田先生の漫画が長続きしている理由って、何だと思われますか?

植田 うーん……。変わらないものを、通俗的に描き続けているからでしょうか。

―― デビュー以降、サラリーマン漫画を描き続けてこられるなかで「企業戦士」から「ゆとり世代」と、日本のサラリーマン像もずいぶん変わったと思います。会社という組織自体も大きく変わって、それこそ「働き方改革」とか「フリーアドレス」とかはまさに現代性の一つの象徴ですよね。こういう現象は作品に投影したりはしないですか?

植田 よく、作品の中に現代性を反映させないんですか? とか聞かれるんですけど、現代性って変わりやすいからね。どこ座ってもいいよ、とか、プレミアムフライデーだとか、そういうのって余裕のある会社だけのことじゃないですか? 大変なところなんて、金曜日早退きしてられないですよ。要するに丸の内とか大手町に勤めている人と、神田とか新橋に勤めている人の違いって大きくなっているんじゃないかなと思います。かりあげ正太やおとぼけまさおが勤めているのは、いわば「フツー」の会社だから「旧態依然」のまま。私は、その大多数の「変わらないもの」を描き続けているんだと思っています。

■「おとぼけ課長」はすぐ家に帰る

―― 「おとぼけ課長」連載開始の2年後、83年に、弘兼憲史さんの「課長 島耕作」がスタートします。あちらはどんどん出世して会長にまで上り詰めたのに比べると、おとぼけ課長の変わらなさは際立っていますね(笑)。

植田 あっちは一流企業の初芝電器で、こっちは芳文商事っていう中小企業(笑)。まあ、低いほうにずっと目を注いできた感じはありますね。あと、家族です。「おとぼけ課長」はすぐ家に帰るんですよ。仕事より家庭が主軸なんです。

―― 確かに。年頃の娘もいますけど、家族みんな仲良しですもんね。

植田 こういう家庭がいいよな、っていう理想像を描き続けることには意識的かもしれません。リアルな現代の家族像を描く漫画もたくさんあると思いますけど、やっぱり「いい家族」をずっと描き続けたい。長続きするものって、だいたいそうだと思うんですけど「いいもの」なんですよ。「いい漫画」「いい役者」「いい企業」。「うまい役者」「稼ぐ企業」って、それはそれで褒め言葉かもしれないけど、それって現在を言い表しているだけじゃないかって気がするんですよね。それよりは、「いい」という状態をキープしていたい。

―― 先生、その「いい漫画」が生まれる仕事場にお邪魔してみたいのですが、拝見してもよろしいでしょうか?

植田 ああ、いいですよ。ご案内しましょう。

#3につづく

うえだ・まさし/1947年、東京生まれ。中央大学文学部哲学科卒業。82年、第28回文藝春秋漫画賞。2016年、日本漫画家協会賞大賞。作品に「コボちゃん」「かりあげクン」「おとぼけ課長(現・おとぼけ部長代理)」「フリテンくん」など。現在も年間1100本余りの四コマ作品を描き続ける。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)