米独立リーグで“ロボット球審”導入 近い将来MLBも?

米独立リーグで“ロボット球審”導入 近い将来MLBも?

ロングアイランドの本拠地ベスページ・ボールパークに設置された「トラックマン」レーダーシステム

 米大リーグがビデオ判定を始めて11年になる。2008年の導入時に本塁打か否かのみに限定されていたリプレー検証の対象は徐々に広がり、今やストライクとボールの判定以外のほとんどのプレーに適用される。

 そして今年、その最後の聖域が崩れようとしている。独立リーグのアトランティック・リーグ(ALPB)が大リーグ機構(MLB)の支援を受け、レーダーシステムによるストライク、ボールの判定を開始する。新システムは7月10日のオールスター戦で披露され、後半戦は各球場でも運用される。“ロボット球審”は野球に何をもたらすのか。

■松井秀喜氏は「選手の立場としては納得がいくと思う」

 6月4日、ヤンキースの田中将大投手がブルージェイズ戦の五回に投げたほぼ真ん中への1球がボールと判定された。直後の球で本塁打を浴びると、球審を非難する動画付きの投稿がツイッターにアップされ、次々とリツイートされた。リーグ公式サイトの速報画面にはストライクゾーンを示す四角い枠があり、田中の1球は枠の真ん中低めに収まり「ボール」と表示された。こうなるとファンの反応が露骨になるのは理解できる。

 ロボット球審が独立リーグで一定の成果を収めれば、次は大リーグ傘下のマイナー、そして大リーグで導入という流れになるだろう。ヤンキースのGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏は「すべて正確という前提で言うなら(機械判定は)ありがたい。選手の立場としては納得がいくと思う」と導入に賛成する。選手としてそれだけ判定の誤差を感じてきたのだろう。

■かつてないアンパイア受難の時代

 一方、審判員は過去にない圧力の下、試合に臨んでいる。大リーグ、カブスの元ゼネラルマネジャー(GM)で現在ALPBロングアイランドのエド・リンチ投手コーチは「今の捕手は大変だ。球速100マイル(約160キロ)近い球を投げる特徴の違う4、5人の投手を1試合で受ける」と言ってから「捕手は来る球種が分かっていても大変。じゃあ球審はどうだと思う。人間の目であの球を追うのは大変なことだ」と続けた。

 審判員を窮地に追い込むきっかけをつくったのはMLBだ。野球記者のハワード・ブライアントは、MLBが四角い枠付きの映像を使って球審の“正解率”を密かに収集し始めた経緯を著書「Juicing the Game」に記している。審判員は長年にわたって強い権限を維持し、気性の荒い監督、選手たちをグラウンドでコントロールしてきた。

 その一方で不可侵の存在としてストライクゾーンをコントロールすることが、MLB内部で問題視されていた。ルールブックに比べ、極端に外角、そして低めに寄った大リーグ独特のストライクゾーンを是正するためリーグが動き始めたのが1999年であり、同年の労使闘争の結果22人の審判員が職を失った。その後、映像による審判員の裏査定が始まり、機械判定へつながる流れとなった。MLBがALPBの全球場にレーダーシステムを設置したのは、もちろん大リーグでの機械判定導入をにらんでのことだ。

■“ロボ球審”のカギはゾーンの高低

 ストライクゾーンの幅はベースによって規定されるが、高低は打者の体格と構えによる。公認野球規則では「打者が投球を打つための姿勢」を基準にして、ルールにあるゾーンの高低を適用するとしている。ALPBのリック・ホワイト会長によると、機械判定では各打者のデータベースに従ってゾーンを設定すると同時に、MLBから派遣されたオペレーターがレーダーシステムを操作するという。機械が下した判定は、球審がつけたイヤピースへ音声信号で送られる。

 昨夏の記者会見では機械判定導入に消極的だったMLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが独立リーグでのテスト導入を決断したのは、技術への信頼が高まったからだろう。ただし4月下旬の開幕に予定されていた導入は、7月にずれ込んだ。投球の軌道を追尾するレーダーの問題は少なかったが、オペレーターと球審の連係確立に時間がかかったという。音声信号の調節やハッキング対策の確認を繰り返した。

 日本のプロ野球では、データスタジアム社などがトラッキングデータを使った情報サービスを展開する。同社でシステム開発に携わる池田哲也氏とデータ解析を専門とする山田隼哉氏は、米国の機械判定の方法だけでなく、導入が球界にもたらす影響に注目している。

■ストライクゾーン変化の「影響の大きさ計り知れない」

 池田氏は、機械判定導入で予想されるストライクゾーンの変化について「いわゆるフライボール革命などはデータ利用による間接的な影響。機械判定は直接的な変化で、影響の大きさは計り知れない」と話す。ルールブックのストライクゾーンは、実際に運用されているゾーンより高めが広いと言われる。機械判定でルールブック通りのゾーンとなることで、混乱が生まれる可能性はある。

 山田氏は「1試合の中での安定感があれば、選手に受け入れられると思う。それは人間の審判と同じ」と成功が安定感に懸かっていることを強調する。同社の取締役執行役員で、ヤクルトで投手として活躍した松元繁氏は「一貫性があれば選手は受け入れるはず。感情的にも『機械が言うなら仕方ない』とプラスに働くのではないか」と選手の観点から語った。

■現場には歓迎の声が多い理由

 米メディアには“ロボット球審”が野球の伝統を壊すとの批判的な意見もあるが、ALPBの現場には歓迎の声が多い。外野手としてメッツで活躍したロングアイランドのウォリー・バックマン監督は「判定が正確になるのは分かっている。昨年大リーグで91%と言われた球審の“正解率”が98、99%になる。これは野球が良くなるということだ」と強調する。

 ただし予想されるストライクゾーンの変化については楽観していないようだ。バックマン監督はナ・リーグで9年プレーし、初めてア・リーグのツインズに移籍した1989年に極度の不振を経験した。当時は審判員がリーグで分かれており、ストライクゾーンが大きく違ったという。「選手には戸惑いがあるだろう。だからこそMLBは選手のフィードバックが必要なのだと思う」と経験に照らして話す。それでも「ルールブック通りにストライクを取ったらどんなものなのか、見てみないとな」と導入を待ち望む。

 2011年に巨人でプレーしたランカスターのジョナサン・アルバラデホ投手コーチは、機械判定導入直後は打者有利になるとみる。「投手は高低よりも内外角で勝負することの方が多い。機械判定でルールブック通り高めが広くなるだろうが、高めを使える投手は少ない。むしろ外角が狭くなって苦しむのでは」と説明する。

■見逃し三振の3ストライク目の29%が実はボール

 ロングアイランドのリンチ投手コーチは、機械判定に「大賛成だ」と言い切る。「リプレー検証が導入されてから、ファンは常に正しい判定を望むようになった。審判員にとって大変な時代。自分がもし審判員なら機械判定を受け入れる」。大リーグのGM経験者だけに、球界が進む方向を敏感に感じ取っているようだ。

 ボストン大学講師のマーク・ウィリアムズ氏が4月に発表した判定の正確性に関する研究が“ロボット審判”の是非を論じるメディアで話題となった。昨季までの大リーグ11シーズンで、見逃し三振の3ストライク目の29.19%が実はボールであったというのだ。

 かつて選球眼の良さが評価された松井氏は、「そうじゃないと打者はあんなに文句は言わない」と苦笑しながら「自分のストライクゾーンを確立しているなら、最後は神頼み。ストライクと言われたら諦めるしかない。(機械化は)それを少しでもなくそうという動き」と語った。

 バックマン監督は審判員への激しい抗議で知られる。2007年の試合で退場処分となった後も怒り続け、バット22本をフィールドに投げ込んだことは今でも語り草になっている。「もうストライク、ボールでは抗議できないな」と抗議からの“卒業宣言”をしたと思いきや「一塁とか別のところですることになる」と懲りていないようだ。

写真=神田洋

(神田 洋)

関連記事(外部サイト)