あの有名弁護士が大船渡・佐々木投手の代理人に

大船渡・佐々木朗希投手の代理人に細野敦弁護士 爆笑問題MC『サンデージャポン』出演

記事まとめ

  • 大船渡高校3年の佐々木朗希は高校球界最速の163キロをマークし日米の球界関係者が注目
  • 爆笑問題MC『サンデージャポン』出演の細野敦弁護士が佐々木の代理人を務めるという
  • 細野氏は「世界に羽ばたこうとする若者を支えられるというだけで光栄」とコメント

あの有名弁護士が大船渡・佐々木投手の代理人に

あの有名弁護士が大船渡・佐々木投手の代理人に

佐々木朗希投手。岩手県大会の初戦は7月15日 ©共同通信社

 高校球界最速の163キロをマークし、日米の球界関係者が注目する岩手・大船渡高校3年の佐々木朗希投手(17)が代理人を選定したことが「週刊文春」の取材で判明した。

 佐々木家の関係者が明かす。

「最初に朗希の母親から私に相談があったのは、半年ほど前でした。ドラフトで指名してもらえたら、その後の契約手続きはどう進めるのか、膨大な契約書類を読み込み、正確に理解できるのか……。野球部引退後、家族だけでどこまで力になれるだろうかと、不安を口にしていました。そこで、細野敦弁護士に代理人をお願いすることにしたのです」

 細野氏は元東京高裁判事で2008年に退官、弁護士に転じた。情報番組『サンデージャポン』(TBS系)にレギュラー出演し、いつも司会の爆笑問題が向き合うひな壇の後段で、不敵に笑うオールバックの御仁である。

 細野氏に話を聞いた。

「代理人の話を持ちかけられ、即座に引き受けました。これから世界に羽ばたこうとしている若者を支えられるというだけで光栄です。法律家がいることで、取材でも契約でも、不当な接触を未然に防ぐことができます」

 7月11日発売の「週刊文春」では、細野氏が代理人になるまでの詳しい経緯や報酬、巨人の親会社である読売新聞と細野氏の知られざる関係についても報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年7月18日号)

関連記事(外部サイト)