『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の“育ての親”だった

『なつぞら』麒麟・川島明 実在モデルは高畑勲&宮崎駿の“育ての親”だった

『なつぞら』で、大塚康生をモデルにした下山克己役を演じる麒麟・川島明

 現在放送中のNHKの連続テレビ小説『なつぞら』では、下山克己というアニメーターをお笑いコンビ・麒麟の川島明が演じている。下山は、広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつが入社したアニメーション制作スタジオ・東洋動画の先輩の一人で、以前は警察官だったという異色の経歴を持つ。いつもかぶっているハンチング帽がトレードマークだ。この下山のモデルとされるのが、実在のアニメーターの大塚康生である。大塚は1956年に東映動画(現・東映アニメーション)の第1期生として入社し、のちには多くのアニメーション映画、テレビアニメで作画監督を務め、日本のアニメーションの発展に大きく貢献した。1931年7月11日生まれの彼は、きょう88歳の誕生日を迎えた。

■アニメーターになる前は麻薬Gメンだった

 大塚康生は島根県に生まれ、小学2年生のときに山口県山口市に転居した。戦前から終戦直後にかけての少年時代には、機関車や自動車などのスケッチに熱中し、やがて絵で生計を立てたいと思うようになった。ただし、それを実現するまでにはかなり回り道をしている。旧制中学を卒業後、1951年に山口県庁に就職するも、翌年には厚生省の採用試験に合格して上京、関東甲信越地区麻薬取締官事務所に麻薬Gメンとして配属された(※1)。『なつぞら』の下山の元警察官という設定は、大塚のこの前職を反映しているのだろう。

 アニメーション制作に憧れたのは、ソ連のイワン・イワノフ=ワノ監督の『せむしの仔馬』、さらにフランスのポール・グリモー監督の『やぶにらみの暴君』(のちに改作されて『王と鳥』と改題)を観て衝撃を受けたのがきっかけだった。それから関連書を読むなどして独学していたころ、東映がアニメーション映画(当時は「漫画映画」と呼んだ)制作を始めるという新聞の小さな記事が目にとまり、日動映画社のスタジオを訪ねる。日動はこのときすでに東映と合併することが決まっていた。

■作画監督になり、無名の高畑勲を抜擢

 日動を訪問したとき、大塚は、少年が杭に向かって槌を構えている絵を提示され、ここからこの少年が槌を打ち下ろすまでの動作を5〜6枚で表現するよう課題を出される。これを彼は、絵というより演技力をテストされているのだと考え、自分の体を使ってポーズを確認するなどしながら1時間半ほどで描いて提出した。結果は無事合格で、東映でアニメーション制作が始まるまで日動で練習することが許される。その日出会ったアニメーターの森康二と大工原章、日動社長の山本善次郎、演出担当の藪下泰司は、このあと東映動画の礎を築くことになる。大塚はとくに森と大工原に、その後の自分のアニメーターとしての考え方や人に接する上での姿勢について強い影響を受けたという(※2)。

 先述のとおり大塚は1956年、東映動画に第1期生として入社。半年間の養成期間中には、2カ月ごとに審査を受け、各段階で設定された基準に達すれば、正式に制作に参加できることになっていた。彼は最初の2カ月目の審査でパスし、東映動画初の作品である短編『こねこのらくがき』(1957年)の制作に加わる。この頃、東映の社内報の座談会に出席し、藪下泰司にこの仕事を始めてからの感想を求められ、《私は絵は“自分の絵”というものはなくてもいいと思うんです。ただ、うしろ向きだ、前向きだといういろんな方角を示したスタイルさえもらえれば、あとは自由自在、どんなふうにでも描けるという熟練した職人というか、そういう自由に動かせる“動きが生命だ”という高さに達したいと思います》と述べた(※1)。

 このあと、東映動画初の長編アニメーション『白蛇伝』(1958年)では、大工原班のセカンド(第2原画)として活躍。長編第2作の『少年猿飛佐助』(1959年)で原画に昇格して以降は、多くの作品で怪物やアクションを手がけ、その筋のエキスパートという評価を得ていく(※2)。初めて作画監督に抜擢されたのは1965年、東映動画10作目の長編となる『太陽の王子』の制作が決まったときだった。同作で大塚は演出として高畑勲の起用を申し出る。会社側は無名の新人の起用に反対したが、テレビアニメ『狼少年ケン』での高畑の演出を高く評価していた彼は、粘りに粘って認めさせた(※3)。ただ、『太陽の王子』の制作は難航し、一時中断を経て、1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』と改題してようやく公開される。この制作チームには、やはり新人だった宮崎駿も場面設計・美術設計で参加していた。

■『ルパン三世』という転機

 翌1969年公開の『長靴をはいた猫』では、作画監督の森康二のもと、宮崎駿とともに原画を担当した。その制作中にすでに退社を決めていた大塚は、1968年暮れ、東映時代の同僚・楠部大吉郎が退社して設立していた作画スタジオ・Aプロダクション(現・シンエイ動画)に移籍する。のち1971年にテレビアニメ『長くつ下のピッピ』の企画がAプロで持ち上がると、これに最適なスタッフとして東映動画の後輩である高畑・宮崎に加えて小田部羊一を誘った。結局この企画は日の目を見なかったが、3人の才能は、Aプロを経てズイヨーに移籍後に手がけたテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』(1974年)で結実する。

 大塚がAプロに移籍するきっかけとなった作品こそ『ルパン三世』だった。Aプロの親会社にあたるアニメ制作会社・東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の制作部長(のち社長)だった藤岡豊は、『ルパン』の企画を発案すると、楠部から大塚はクルマや銃にくわしいと推薦され、自らスカウトに乗り出した。このころ大塚が船橋サーキットへカーレースに通っていることを知った藤岡は、サーキットで偶然を装って大塚と接触して仲良くなると、3〜4度目ぐらいに会ったときにようやく素性を明かして『ルパン』に誘ったという(※3)。

『ルパン』はまずパイロットフィルムを制作し、テレビ各局に持ち込んだが、内容がかなり大人向けとあってなかなか採用されなかった。日本テレビ系のよみうりテレビで放送が始まったのは1971年、企画から2年後のことである。作画監督を務めた大塚は、演出の大隅正秋(現・おおすみ正秋)から、画面にリアリティと重みを持たせるべく、実在するクルマや銃を登場させるよう指示された。これを受けて、ルパンにはワルサーP38、凄腕のガンマン・次元大介には破壊力抜群のコンバットマグナムを、女性の峰不二子には小型で突起が少なく取り出しやすいブローニングM1910を……といった具合に、拳銃にしてもそれぞれのキャラクターに見合ったものを持たせた。ここには、麻薬Gメン時代に、押収品の拳銃のスケッチや分解掃除もしたという大塚の経験も生かされている(※4)。

■「ルパンの愛車をフィアット500に」宮崎駿のアイデア

 スタッフらが意気込んでスタートさせた『ルパン三世』第1シリーズだが、視聴率が低迷し、途中で大隅正秋が降ろされ、替わって高畑勲と宮崎駿が大塚の依頼により演出を務めた。演出の交代により、シリーズ前半で高級スポーツカーのベンツSSKに乗っていたルパンは、後半ではイタリアの大衆車フィアット500に乗り換えている。それというのも、大隅が「ルパンは生まれながらの金持ち」という原作者のモンキー・パンチによる設定からルパンの愛車をベンツに決めたのに対して、宮崎は「ルパンは泥棒だけど、結局なにも盗らない。だからカネがないはずだ」と主張したからだ(※3)。大塚はいずれの演出意図にも応じて、クルマとルパンが見事に一体化しているように描き、職人としての本領を発揮した。

 じつは制作当時の大塚の愛車であったフィアット500は、このあと、宮崎駿の初映画監督作品で、大塚が再び作画監督を務めた『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)にも登場し、ルパンの代名詞となる。このとき大塚は、藤岡豊が新たに設立したテレコム・アニメーションフィルムに移籍していた。その後、高畑勲監督の『じゃりン子チエ』(1981年)で作画監督を務め、藤岡肝煎りの日米合作の超大作『リトル・ニモ』の企画実現にも尽力したが、演出予定だった宮崎・高畑・近藤喜文があいついで退社、大塚も途中で現場をリタイアする。結局この作品は、『ニモ』として1989年に完成し、国内では不入りだったものの、アメリカではビデオが200万本のセールスを記録した(※2)。

 1990年代以降、大塚は代々木アニメーション学院のアニメーター科講師を務めるなど、後進の育成が主な活動となった。2002年には長年の功績を讃えて文化庁長官賞が贈られる。このとき、「アニメーション作家として表彰する」との選考理由に、大塚は《作家とは演出家のことで、私は一技術者に過ぎない》といったんは辞退していた。しかし翌日、今度は「練達のアニメーターとして表彰したい」と連絡をもらい、態度を改める。《それなら今後いい仕事をしたアニメーターも、城の石を積んだ職人として世間に認知されるでしょうし、その第一号となったのはとりあえず喜ばしいことだと思い直しました。森康二さんやお亡くなりになった諸先輩の代理のつもりで、お受けすることにしました》というのがその理由だった(※2)。いかにも東映動画に入った当初より職人を志した彼らしいエピソードではないだろうか。

※1 大塚康生『作画汗まみれ 改訂最新版』(文春ジブリ文庫)
※2 叶精二『日本のアニメーションを築いた人々』(若草書房)
※3 大塚康生・森遊机『大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽』(実業之日本社)
※4 『Pen』2012年6月15日号

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)