「ドイツから帰国して、“カミングアウトしたい”が爆発した」女子サッカー・下山田志帆選手インタビュー

「ドイツから帰国して、“カミングアウトしたい”が爆発した」女子サッカー・下山田志帆選手インタビュー

©深野未季/文藝春秋

 今年の2月、とあるサッカーのプロ選手がツイッターにこう投稿した。

「女子サッカー選手やってます。そして、彼女がいます。」

 投稿したのは、当時ドイツ女子2部リーグのSVメッペンに所属していた下山田志帆さん(24歳、現在はスフィーダ世田谷に所属、MF)。十文字高在籍時には全国高校選手権で3位に入り、慶應大学在籍時にはユニバーシアードの日本代表候補に選ばれるなど、華麗な経歴の持ち主だ。

 2014年に五輪憲章に「性的指向による差別の禁止」が明記され、多くのLGBTQアスリートが2016年リオデジャネイロ五輪に出場した。女子サッカーW杯で優勝し、「ホワイトハウスには行かない」と発言して一躍時の人となった米代表ミーガン・ラピノー選手も、2012年にカミングアウトしている。

 その一方で、日本では現役のプロスポーツ選手のカミングアウトは非常に稀だ。カミングアウトのきっかけや、今後の活動について改めて聞いた。

◆ ◆ ◆

――「 note 」上に掲載された、自身のカミングアウトについて話したインタビューが話題になりました。

下山田 思った以上に読まれて、正直驚いています。公開される前は、友人や知り合いからの反響がほとんどだろうと思っていたんですけど、「勇気をもらいました」「大きな一歩だと思います」とこれまでつながりのなかった方たちからもポジティブな言葉をたくさんいただきました。

――今年2月に公にカミングアウトしましたが、カミングアウトを決めた理由を教えてください。

下山田 慶應大学に在籍する学生アスリートだったんですが、大学を卒業して、女子サッカー界から違う世界にパッと出たときに、すごく苦しい思いをしたんですよ。

 女子サッカーの世界ではセクシャリティをオープンにしていたのですが、オープンにできない環境になったとき、言いたいけど言えないことが積み重なっていくつらさがあって。たとえば、「もっと髪伸ばしなよ」と軽く言われて、自分はそうしたくないのにと思うんだけど、うまく伝えられなくてモヤモヤしたり。

■女子サッカー界に存在する、便利な“枠”

――女子サッカーの世界では、「メンズ」という言葉があって、多様なセクシャリティが自然に受け入れられていると話していましたね。

下山田 そうなんです。 女子サッカーの世界では、「メンズ」がいるということが当たり前のこととして認識されているので、「メンズなんだよ」と言うと、「そうなんだ」とすんなり認めてもらえる。?

――「メンズ」を改めて説明すると、どういうことでしょう。

下山田「メンズ」の概念を女子サッカー界の外の人に説明するのは難しいんですが……。

 強いて言えば、ボーイッシュな言動を好んだり、女性とお付き合いする人のことを指すことが多いです。でも、レズビアンの人もいるし、トランスジェンダーの人もいる。「メンズ」という一言に、性的指向(注1)も、性自認(注2)も様々な人が含まれています。

 なので、改めて定義するとすれば、女子サッカー界で自分のセクシャリティを受け入れてもらうための便利なワード、便利な“枠”、という感じでしょうか。

注1……どの性別の人を性愛や恋愛の対象にするか
注2……自分の性別をどのように認識しているか

――「メンズ」と「LGBTQ」という言葉には、どういった違いがあるのでしょうか。

下山田 「メンズ」も「LGBTQ」も“枠”である、という意味では同じだと思いますね。

 性的指向や性自認も、かっちり決まったものではなく、グラデーションや流動性があるよね、と言われてきています。性自認で言えば、Xジェンダー(注3)や、ジェンダー・フルイド(注4)を自認する人も増えていますし。でも、当事者ではない人に「自分が何者か」を伝えるためには、やっぱり“枠”や“箱”があるとすごくラクなんですよ。

注3……性自認が男性・女性のいずれでもない人のこと
注4……性自認が一定せず、流動する人のこと

「メンズ」は女子サッカー界でのみ通じる“枠”だとすれば、「レズビアン」「トランスジェンダー」は全国区にバーンと意味が通じる“枠”、というイメージですかね。

――下山田さんの場合は、自身のセクシャリティをどう説明していますか。

下山田 自分の場合は、「メンズ」を名乗るのはしっくりくるんだけど、「レズビアン」を名乗るのは違和感があって。だから、女子サッカー界の外では「セクシャリティはわからないです」と前置きした上で、彼女がいるという事実があり、女性らしく見られることがあまり好きではない、といったことを一つ一つ言語化しています。

■ドイツで「カミングアウトしたい」という気持ちが爆発した

――カミングアウトしたタイミングにも、何か背景があったのでしょうか。

下山田 今年の5月まで、約2年、サッカーのドイツ女子2部リーグのSVメッペンでプロ選手としてプレーしていたのですが、その影響が大きいです。

 ドイツでは、LGBTQの権利が法律でちゃんと守られているし、同性婚も認められている状況。そんな社会に飛び込んでみたら、とにかく生きやすかったんです。

――日常生活でも、日本との差は感じましたか。

下山田 結構感じました。ちょっとした会話でも、意識の差がすごくあらわれますね。

 たとえば「彼氏いるの?」って質問って、答え方の選択肢が、彼氏がいるか・いないかしかないじゃないですか。向こうでは、「誰と付き合っているの?」とか、もっといろいろな答え方ができる質問がデフォルトです。

「どんなタイプが好きなの?」と聞かれて、女性的な特徴を挙げたとしても、「へー」で終わります。日本だと、「えっ、それってどういうこと」ってツッコミが始まると思うんですけど。

――たしかに、日本の現状とはだいぶ差があるように思います。

下山田 ドイツでは、LGBTQの存在がすでに当たり前なんですよね。向こうでの生活を経験してからは、自分を隠して苦しい思いをするくらいなら、オープンにしてありのままで生きたいなという気持ちがすごく出てきて。ちょうど、それが爆発したタイミングでした。

■LGBTQアスリートは、間違いなくいる

――下山田さんは大学時代の卒業論文(注5)で、慶應大学の学生アスリートやスポーツ指導者へのヒアリング調査と、慶應大学の学生アスリート267名を対象にした意識調査をしています。日本ではほとんど前例がないタイプの調査ですが、どういったことが明らかになったのでしょうか。

下山田 まず、「LGBTQの学生アスリートは、間違いなくいる」ということです。「わたしは当事者です」と答えたアスリートが21名いました。

 もう1つ、大きな発見だったのは、チームメイトが、チームに当事者がいることを必ずしも認識しているわけではない、ということ。「わたしは当事者です」と回答した選手のチームメイトで、自分のチームに当事者がいるかという設問に対して「確証はないがいないと思う」「いない」と回答している人は87名もいました。「いる」という事実と、「いない」と思っているチームメイトの意識のギャップがある。

――「いるかもしれない」という認識は、やはり大事なのでしょうか。

下山田 大事だと思います。

 LGBTQアスリートに対する考え方を調査した項目では、「受け入れる考え方」を示したアスリートは、ほとんどLGBTQアスリートにカミングアウトされているチームメイトでした。逆に、「壁のある考え方」を示したアスリートは、カミングアウトされていないチームメイトだった。

――関連性が見られたのですね。

下山田 はい。おそらく、カミングアウトされているチームメイトたちは、LGBTQアスリート当事者のことを、当人の人間性や考え方で評価しているために、受け入れる考え方を持ったのだと思います。

 逆に、カミングアウトされていないチームメイトたちは、マスメディア等の影響によるLGBTQ像が、そのままLGBTQアスリートへのイメージに繋がっている、と推測できます。

■調査でわかった、LGBTQアスリートのニーズ

――調査の対象となったLGBTQアスリート当事者が、周囲にして欲しいと思っていたことはなんでしょうか。

下山田 回答からは、「存在を認めてもらった上で、特別視せずに接して欲しい」という思いを持っていることを、強く感じました。

――「存在は認めるけど、特別視はしないでほしい」。

下山田 分かりやすい例が、「いじり」だと思います。調査を通じて「LGBTQアスリートのストレスになりうる事例」や「LGBTアスリートの心の支えとなる事例」を集めたのですが、「ゲイっぽい、女・男っぽいなど容姿や発言・プレースタイルをいじる」「公の場で『ゲイなの?』と否定的なヤジを飛ばす」などといった「いじり」は、「LGBTQアスリートにとってストレスとなりうる事例」として挙げられた。

 でも、同時に、当事者が可視化されていて、本人とのコミュニケーションがきちんと取れている場合は、むしろ「いじり」が心の支えとなることがある、という回答もありました。たとえば、LGBTQに寛容な女子サッカーだと、「メンズのくせに」などと気軽に冗談を言ってもらえることで、むしろ「存在を認めてもらえている」と感じる場合がある。

注5……下山田志帆(2017年)「スポーツチームにおけるLGBTアスリートを取り巻くチーム環境についての考察」慶應義塾大学湘南藤沢学会

――前者は「存在を認識せず、特別視する例」、後者は「存在を認めながらも、特別視しない」例と言えそうです。

下山田 その通りだと思います。誰かと冗談を言い合う際は、相手とどれくらい信頼関係があるかとか、何を言えば嫌がられそうで、何を言えば楽しんでくれそうか、相手がLGBTQかどうか関係なく考えますよね。当事者はそういった「当たり前」を求めているということじゃないでしょうか。

■「移動時のスカートとパンプスがつらい」

――制度上の問題では、どういったことへの指摘がありましたか。

下山田 既存の制度の改善は、特にトランスジェンダーの選手のニーズが強いと感じます。

 まず挙がったのが、服装規定がつらい、ということ。女性アスリートの場合、移動する際はスカートのスーツにパンプス、と決まっている場合が多いんですが、そういった服装を強制されるのがしんどいという声や、ことさらに男らしさや女らしさを強調するユニフォームを疑問視する声が挙がりました。

 思い返すと、自分もスカートやパンプスには違和感があったんですが、公に不満を表明するのはセクシャリティをフルオープンにするのと同義のような気がしていて、チーム内でしかカミングアウトしていなかった当時は何も言えなかったです。

――規定の服装に、ニュートラルな選択肢が増えるといいですよね。

下山田 そうですね。ほかには、合宿でのお風呂や、更衣室の問題。お風呂や更衣室が一緒なのが嫌だという当事者もいて、そういうニーズのある当事者がいると認識しているチームでは、お風呂の時間をずらしたりして工夫していることも多いようでした。

 選手を引退後、性転換手術を受けるアスリートも多いです。そうしたアスリートへのサポートもあったほうがいいのではないか、という意見もありました。

■なぜ日本では、LGBTQアスリートが可視化されないのか

――下山田さんの調査の中だけでも、LGBTQアスリートはたくさんいました。世界的な動きを見ると、2014年に五輪憲章に「性的指向による差別の禁止」が明記され、リオデジャネイロ五輪には少なくとも41人のLGBTQアスリートが参加。その一方で、なぜ日本では、LGBTQアスリートはこんなにも可視化されていないのでしょう。

下山田 まず、大きな社会状況があると思います。まだまだLGBTQを特別視する風潮がありますし、婚姻など社会制度の面でも不備がある。あとは、スポーツ界ではカミングアウトしている人があまりにいないので、何が起こるかわからない、というのがあると思いますね。

「メンズ」という言葉が定着し、LGBTQに寛容な女子サッカー界でも、公にカミングアウトしている選手はほとんどいません。チームの運営が、セクシャリティに限らず、選手のプライベートな情報を出したがらないという事情もありますし、指導者層には外からの見え方を気にしている人も多い気がしています。選手がLGBTQであることが、“クリーン”なことだと思われていない、と感じることもある。

■「あの人が大丈夫なら、自分も」と思ってもらえれば

――実際、カミングアウトしてみて、下山田さんはどう感じていますか。

下山田 正直、悪いことはなにもなかったです。むしろ、本当に生きやすくなったなと感じています。

 当事者として、LGBTQアスリートについて発信して伝えられたらいいな、と思うことは2つあって。まず、アスリートではない、一般の人たちには、「身近な人がLGBTQの当事者かも」と思うきっかけをギブできればいいな、と。

 LGBTQアスリートたちに対しては、ある意味生贄になるつもりというか……(笑)。これから下山田志帆がどうなっていくんだろう、って見守ってほしいです。

 カミングアウトにはメリットもデメリットもあるので、一概に「したほうがいいよ」と発信するつもりはないです。でも、自分が「カミングアウトして、生きやすくなったよ」と言うことで、「あの人が大丈夫なら、自分も」と2人目、3人目が出てくるのが理想だと思うので。

――今後はどのような活動をするのですか。

下山田 2020年の東京オリンピックに向けて、今後「多様性」がビッグワードになってくるはずです。LGBTQ当事者に限らず、いろいろな立場の人たちが自分らしく生きていくチャンスを掴める時期だと思いますし、だからこそ、ドイツから日本に帰ってきて活動したいと思いました。

 この夏からなでしこリーグ2部のスフィーダ世田谷の選手としてプレイします。この2年間でLGBTQアスリートとして発信できることはしていきたいし、マイノリティである、ないに関わらず、同じ意識を持った人がいれば、ぜひ一緒にタッグを組んでいろいろなことをやっていきたいです。今後も注目してください。

写真=深野未季/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)