【ヤクルト】尾崎世界観と考える「14連敗」と「10点差逆転」

【ヤクルト】尾崎世界観と考える「14連敗」と「10点差逆転」

©長谷川晶一

 47年ぶりとなる14連敗を喫し、7月22日にようやく屈辱の歴史を止めた東京ヤクルトスワローズ。その2日前、大のスワローズファンである人気ミュージシャン、クリープハイプ・尾崎世界観氏とグラスを傾けながらの対談が都内某所で行われた。連敗渦中にあった2人のスワローズファンによる苦悩の対談のごく一部をご紹介しよう。話は「7月7日の惨劇」、新守護神・ライアン小川がまさかの6失点。8対9で敗れた試合についてから始まった。(編集部注:文春野球の「代打制度」は別の人がコラム執筆することですが、今回は特別に対談形式でお送りします)

■2017年7月7日――あの日、僕らは一度死んだ……

長谷川 ……辛いですね。

尾 崎 ……辛いですね。

長谷川 47年ぶりとなる連敗記録更新。尾崎さん、精神やられてないですか?

尾 崎 7月7日があったので、あれ以来ずっと不思議な気分なんです。あの日、僕らは一回死んで、その後は死後の世界にいるような感じなんですよ。

長谷川 あの日、僕らは一回死んだ……。確かにそんな気分だよなぁ……。

尾 崎 あの日、テレビで見ていたんですけど、5点リードの場面で9回に一気に6失点。新ストッパーのライアン小川がまさかの大乱調。テレビの前で茫然としていました。

長谷川 僕、あの夜の記憶がないんです。あの晩、どこで呑んだのか? どうやって帰ったのか? ホントにあの日、僕は死んだのかもしれない。ゾンビのように朝方の東京をフラフラと徘徊していたのかもしれない。

尾 崎 まさに、黄泉の国にいる気分ですよ。7日に一度死んで、その後は成仏できずにこの世をさまよっていたんですけど、9日にまたライアンが新井さんに打たれて延長12回引き分け。あれで完全に天に召されて成仏しました。

長谷川 9日の広島との試合は3対2の場面で、9回からライアンが登板して、代打・新井貴浩に同点打。そのまま延長12回の引き分けでした。

尾 崎 でも、あの日も見所はあったんです。坂口智隆が初回にいきなりヘッドスライディング。あれは完全に間に合うのに、チームを鼓舞する意味があったと思うんです。その後も、センターフライをダイビングキャッチしたりして。

長谷川 僕もその場面はすごく印象に残っていますね。あの日、僕はチームの勝敗はいいから選手たちのがむしゃらなプレーが見たくて、感動したシーンをメモしていたんです。今言った、坂口の初回のヘッドスライディング、2回表のダイビングキャッチの他にも、2回裏には藤井亮太がヘッドスライディング。6回裏には中村悠平が打席で粘りに粘った。そして、結果的に打たれはしたけど9回のピンチの場面で、真中満監督が自らマウンドに行った場面……。見所はたくさんあった気がする。

尾 崎 でも、その後の巨人3連戦はズルズル行ってしまいましたね……。

長谷川 3戦目の巨人・宮國椋丞が先発した試合は、せめて勝ちたかったなぁ……。

尾 崎 そうですね。データで言っても、防御率6点台で1勝もしていなかった投手と、こっちは安定度抜群のブキャナンとの投げ合いでしたからね……。これで10連敗。

長谷川 僕たちはいつ、現世に戻れるのかな?

尾 崎 勝つしかないですよ。でも、逆に不安になりますよね、「もしも勝ったら、自分はどうなってしまうのだろう?」って。だけど、ヤクルトが勝ったとき、僕たちはもう一度、この世に戻れるんだと思います。

長谷川 この期間、何よりもショックだったのが、「僕はヤクルトの負けに慣れている」と思っていたのに、それでも10連敗を過ぎたあたりから動揺が始まり、11連敗で動悸が止まらず、12連敗で呼吸困難になり、13連敗で意識朦朧となってきたこと。「動揺しないはずの自分」が動揺していることに動揺するというスパイラル。

尾 崎 僕の観戦友だちにみっちゃんという長年スワローズファンの70代の女性がいるんです。普段は試合に負けても「こんなことで動じたら、ヤクルトファンはやってられないよ」と言っているのに、7日の広島戦だけは、「あの日は私もさすがに落ち込みました」と言っていました。僕の父親も7日の試合は「こんな負け方は今まで見たことがない」って言っていて……。

長谷川 あの試合はオールドファンにもダメージを与える試合だったんですね……。

尾 崎 父であれ、みっちゃんであれ、これまで、どんなに負けても仏のようだった人たちが落ち込む姿を見て、「あっ、やっぱり今はヤバいんだ」と、事の重大性をより感じましたね。

■オレたちの希望は、藤井、中澤、近藤、原樹理、星知弥!

長谷川 開幕の段階で、今年のヤクルトをどう見ていましたか?

尾 崎 もちろん、上位に行くと思っていました。だって、「一番・坂口、二番・川端、三番・山田、四番・バレンティン、五番・雄平、六番・畠山、七番・大引、八番・中村、そして九番・ピッチャー」と完璧なオーダーを思い描いていましたから。

長谷川 改めて考えてみると破壊力抜群のいいオーダーだけど、ずっと試合に出ているのは山田だけだもんな。ホントにみんな、どこに行っちゃったんだよ……。

尾 崎 ホントにショックですね。このオーダーだったら、他球団に引けを取らない豪華メンバーですよ。

長谷川 ケガ人の多さは別として、ここまでの「尾崎的誤算」って何ですか?

尾 崎 オーレンドルフの不振と杉浦の謎の離脱(編集部注:杉浦稔大は7月24日、日本ハムへの移籍が発表された)。もちろん、山田哲人の不調も計算外だけど、彼の負担を軽減してくれる畠山、川端、雄平がいない現状だと、山田は責められないですね。

長谷川 僕の場合、「誤算」というか、「期待外れ」というか、「歯がゆい」のは、谷内、荒木、西浦がせっかくのチャンスをまったくモノにできないこと。ケガ人の離脱は確かに痛いけど、その分、控え選手にとっては大チャンスなのに、まったくその穴を埋める選手が出てこない。それがもどかしくて仕方ないです。

尾 崎 谷内も、去年の甲子園の阪神戦でデッドボールをもらうまでは絶好調だったんですけどね。あれ以来、調子が出ないし。でも、藤井は見ていて気持ちいいですね。一生懸命やっているのが伝わるから、めちゃくちゃファンになりました。

長谷川 忍者のようなバント処理とか、ハマスタでネット際までファールフライを追いかける姿とか、必死さがすごく伝わりますよね。藤井以外に明るい収穫はありますか?

尾 崎 中澤、近藤などのリリーフ陣の奮闘と頑張りがすばらしいし、ルーキー星は投げっぷりが気持ちいいですよね。原樹理も頑張っているし。今永との投げ合いに勝てなかったのは残念でしたね(7月17日、DeNA戦)。

長谷川 僕もやっぱり、原樹理の覚醒かな? 則本昂大に投げ勝った6月15日のプロ初完投は忘れられない名試合だったから。あとは、鵜久森、荒木、大松のサヨナラホームランとかあるけど……。藤井、原樹理、星知弥たちはオレたちの希望の星だな。

■応援を続けている限り、オレたちはまだ負けていない

尾 崎 でも、今年は本当に辛いんですけど、多くのヤクルトファンと出会い、いろいろと話ができているんです。応援するチームがとてつもなく弱くて、負けまくっているおかげで、1勝の喜びがとても大きくなったし、こうやって、いろいろなヤクルトファンの人と知り合えて、ヤクルトを語れるようになったのは幸せなことだと思っているんです。

長谷川 他球団ファンから見れば「傷のなめ合いだ」とか、「負け犬同士の連帯だ」とか、意地悪な目で見られることもあるかもしれないですけどね。

尾 崎 でも、ここまで負け続けていても、まだそこにしがみついて応援しているということは、ある意味でまだ負けていないと思うんですよ。

長谷川 なるほど。昔の東映映画ではないけど、「堕ちりゃ地獄の底もある」し、坂口安吾の「生きよ堕ちよ」でもあり、堕ちきることのすがすがしさも感じるし、まだ執着している以上、「オレたちはまだ負けていない」って言える気がする。完全な屁理屈だけど(笑)。

尾 崎 今の僕たちに大切なのは「底を確かめる」という作業なのかもしれないです。それが、「オレたちのヤクルト」を応援する者の宿命だし、覚悟だと思いますよ。それをファン同士でわかち合い、確認することの何が悪いんだと思います。「オレたちのロッテ」が元ネタですけど、「オレたちのヤクルト」って、とってもいいフレーズじゃないですか。

長谷川 今年の戦いぶりを記憶していくことは、今後もヤクルトファンとして生きていく限り、ファンとして絶対に忘れてはいけないし、その象徴こそ「7月7日の惨劇」だと思うんです。

尾 崎 7月7日、あの日の夜は「何で、オレは他人の勝敗でこんなに落ち込むんだ」と腹も立ったのに、また翌日の試合開始が近づいてくると、ソワソワする自分がいる。やっぱり小学校2年生のときにファンになって以来、ヤクルトを見捨てることはできないんです。僕にとって、音楽よりもつき合いが長いのがヤクルトだから。僕も7月7日に一度死んだけど、もう一度生き返って、これからもヤクルトの応援を続けたいです。

長谷川 これからも、何度も死ぬかもしれないけど、何度でも生き返ってやる。今度の連敗劇でそんな覚悟を持つことができましたよ。

尾 崎 実際に選手たちが頑張っているのはわかるんです。今日、僕らがこうやって話していることだって、「そんなこと言われなくてもわかってるよ」と選手たちは思っているかもしれない。僕もネットで叩かれることも多いけど、「わかってるんだよ、オレたちだって」と思うこともあるので。だから、選手たちが頑張っている姿を感じられる限り、僕はヤクルトの応援を続けます。

長谷川 今度は、勝利の後の美酒を飲みながら語り合いましょう。次は本物の代打で登場してください!

尾 崎 うまい酒、飲みたいです……。

【追伸】7月26日、ヤクルトは0対10からの大逆転で、11対10の大勝利。その試合後。

長谷川 0対10からの大逆転! 尾崎さん、やりましたよ!

尾 崎 7月7日から、生き返りましたよ!

長谷川 長かった〜。

尾 崎 最高です!

長谷川 さっそく、祝勝会しましょう!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/3513でHITボタンを押してください。

(尾崎世界観)

関連記事(外部サイト)