「163キロ投手の肘のダメージは未知数」大船渡佐々木・登板回避に元日本代表クローザーは「英断だった」

「163キロ投手の肘のダメージは未知数」大船渡佐々木・登板回避に元日本代表クローザーは「英断だった」

大船渡・佐々木投手 ©共同通信社

「ケガの深刻さは球速に比例する」大船渡佐々木の登板回避に元プロ野球エース2人は一定の理解 から続く

 大船渡高校・佐々木朗希(ろうき・3年)投手の登板回避問題。準決勝までの4試合で435球を投げた佐々木投手に国保陽平監督(32)が下した判断は、疲労の蓄積と故障防止を考慮しての「欠場」だった。

「チームの甲子園出場がかかっていたわけですから、苦渋の決断だったと思います。でも、“十年に一度の逸材”を預かる指導者として、英断を下したのだと思います」

 そう語るのは、かつて日本を代表するクローザーとして活躍した元福岡ソフトバンクホークスの馬原孝浩氏(まはらたかひろ・37)だ。熊本市立高校(現・熊本市立必由館高等学校)から九州共立大に進み、2004年に福岡ダイエーホークスに入団。最速158キロの剛速球と鋭く落ちるフォークボールを武器に、絶対的なストッパーとして活躍した。だが右肩を故障し、2012年に手術を受ける。それでもかつての速球は戻ることなく、2015年をもって現役を引退することになったのだ。

 馬原氏は引退後、九州医療スポーツ専門学校で3年間学び、今年3月に柔道整復師、鍼灸師の国家資格を取得した。現在はセミナーや講演、解説、野球教室などを行いながら、オフにはプロ野球選手の自主トレで指導もしているという。

■土日に試合で“4完投”していた高校時代

 馬原氏が高校球児だった頃は「球数制限など無関係な時代でした」と話す。

「高校時代は火曜水曜で500球。木曜金曜で500球という投げ込みのノルマがありました。その上で、土日の試合で“4完投”していました。肩は消耗品ですが、『それで壊れたら自分の責任』という時代だった。

 今ではスポーツ医学もだいぶ進みました。高校野球でも球数制限はもちろんあっていいと思います。高校生なら1日休めば回復は全然違います。登板間隔を空けることができれば問題ありませんが、準決勝、決勝と進んで試合間隔が詰まってくれば、そうもいかない。その際に判断基準となるのは、やはり『投球数』です。まだ18歳で成長過程にある彼が、準決勝で129球、4回戦では194球を投げているわけですから、監督はその『投球数』から欠場を判断したのだろうと思います。

■肘にかなりの負担がかかる佐々木投手のフォーム

 大会映像で佐々木投手のフォームを見ましたが、肘にかなりの負担がかかっているのは明白です。腕をびしっと伸ばすタイプではなく、長い脚を高く上げることで反動をつけ、リリースの瞬間、長い腕をしならせ、肘をたたむようにしてボールを投げる。あの独得のピッチングフォームが最速163キロという高い“出力”を生み出しているわけで、彼の最大のストロングポイントだと言えます。

 しかし、その“出力”をすべて受け止めているのが、彼の肘です。1球1球、肘に受ける衝撃と消費は他の選手とは絶対的に違うはずです。しかも、大事な試合では、りきみも出る。ひとつ間違えれば、靭帯断裂や骨折までいったかもしれません」

■150キロ超えは指導する側も未知数

 馬原氏が高校生の時は140キロの球を投げても「豪速球投手」と呼ばれる時代だった。それが現在では、トレーニング技術が改善されたこともあり、高校生でも150キロ超えが珍しくない。しかし、そのぶんケガをしやすくなっているのも事実だという。

「当時、高校生で150キロを投げていたのは、松坂大輔さん(中日ドラゴンズ)や新垣渚さん(元ダイエーホークス)くらいでした。その頃は走り込みと投げ込みを繰り返して体力をつけるのが普通だったのですが、最近ではハイテクマシンなどを使った筋トレなどで体を大きくして、160キロ近くの球を投げるピッチャーがたくさん出てきているわけです。けれど、彼らについては、指導する側としても未知数なことが多く、監督も使い方が難しくなっているというのが現実です。

 大切なのは“休ませる”ことなんです。ただ単に何もしないで体を休ませるんじゃなく、上手に休ませるということが必要です。つまり、選手の表情や動きを見て、ケアしながら休ませる。投げた次の日は休ませる。高校野球では、監督に投げろと言われたら投げるというのが普通ですが、本来はトレーナーやコンディショニングの知識のある専門家が疲労の度合いを判断してストップさせるべきなんです」

 特に、甲子園常連校のような本格的に活動しているチームには「専門的なトレーナーが必要」と馬原氏は主張する。

「専門家であれば、筋肉の張り具合でわかります。筋肉にも張っていていい場所と、張っていたらダメな場所があるんです。ダメな場所で張りの症状が出てきたらストップをかけてあげればいい。資格を持っている人間ならば、選手の身体に触ることで適切な判断ができるんです。

 ケガをさせないコンディション作りは、まずは無理をさせないこと。知識さえあれば、日によってメニューが変わるのは当然です。精神ではなく、肉体を鍛えなければいけないわけで、大会本番で一番のベストコンディションに持っていってあげることこそが指導者の仕事なんです。それでも、選手の体のことを監督一人に委ねるというのは、なかなか難しい。怖さで判断しきれないんじゃないかなと思います。

■指導者側の資格制度をもっと充実させるべき

 私が現役のときもそうでしたけど、いまだに資格を持たない指導者って多いんです。マッサージとかストレッチとか。私自身も経験と知識を踏まえて教えて欲しかったという思いがあります。

 自分は肩を壊し、手術という経験を経て、最後にはトレーナーに対して自分で『マッサージはこういう風にしてください。ストレッチはこういう風にしてください』と指示をしながらコンディションを整えていました。そんなこともあり、勉強を始めたんです。今回の騒動を見ても、高校野球には休むことがダメという風習がなぜかまだ残っていますよね。

 本当は、大会中は軽く動くウォーミングアップだけで十分なんです。たとえば朝7時に起きて散歩をして、軽くキャッチボールをして、バットを振る。それだけで体は十分動くようになる。自分が高校の時は、本当に練習しすぎて疲れ果てて、試合で力が出せませんでした。

 高校野球でも指導者の資格取得をもっと進めるべきだと思います。指導者が講習を受けて、勉強会に出て、ちゃんと体のことを学ぶ。独学でやってきた指導者と、ちゃんとした知識を学んだ人では、選手に対して適切な指導ができるかどうかに大きな差が出る。実際には、経験と知識を兼ね備えているという人はなかなかいないのですが、大船渡・佐々木投手のような選手側の急激な技術革新に対応して、より高度な専門知識を持ったトレーナーが増えてしかるべきでしょう」

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)