「日本の国歌は耳に障る」 世界水泳“疑惑の男”孫楊は以前から問題児だった

「日本の国歌は耳に障る」 世界水泳“疑惑の男”孫楊は以前から問題児だった

表彰台に上がらず抗議の意思を示したホートン ©共同通信社

 7月28日に閉幕した世界水泳選手権(韓国・光州)でダークヒーローとなったのが、200、400m自由形で二冠に輝いた孫楊(中国)だ。開幕前、孫が昨年9月のドーピングの抜き打ち検査で血液サンプルを金づちで壊して妨害した事件が発覚。国際水連は違反はなかったと判断し、大会出場を許可するも、他の選手は納得していなかった。

 400m自由形の表彰式では2位のマック・ホートン(豪州)が表彰台に上がるのを拒否。同200mでは3位のダンカン・スコット(英国)が孫との記念撮影を拒んだ。その際、孫がスコットを「お前は負け犬!」と恫喝したため、更に批判の渦が巻き起こった。

「孫の言い訳は、『検査に来たのは資格のある検査員ではなかったから』というものですが、潔白ならサンプルを破壊する必要はないだろう、というのが選手たちの見解。ホートンが表彰式をボイコットした日、選手村の食堂にいた選手はみな、拍手で迎えたそうです」(一般紙五輪担当記者)

 この孫は、以前から“問題児”として知られていた。

「孫は、14年5月にも中国での大会中、興奮剤の陽性反応を示し、3カ月の出場停止処分となった。さらに、同年9月のアジア大会では『日本の国歌は耳に障る』と発言。中国国内からも『代表選手としてあるまじき言葉』と批判を集め、謝罪に追い込まれている」(スポーツ紙記者)

 孫の検査妨害行為に対し、「世界アンチ・ドーピング機関」がスポーツ仲裁裁判所に異議申し立てを行っており、9月に審理される見通しだ。

■孫が東京五輪に出場したらどうなるか

「欧米の選手やメディアは、『ルール』『フェアさ』を何より重んじます。さらにリオ五輪ではロシアの国家ぐるみのドーピングが問題になりましたが、欧米はスポーツを政治利用することを非常に嫌う。選手の意思や健康面を考えず、国威発揚のために薬を使うのは、人権を無視する行為ですから」(前出・一般紙記者)

 だからこそ中国の孫楊にも厳しい対処を望み、その結果は東京五輪にも影響する。

「リオでは欧米の記者から連日、ロシア選手に容赦ない質問が飛び、泣き出す選手もいた。孫が処分なく東京五輪に出場すれば、記者会見は大荒れになり、大会の雰囲気も悪くなるでしょう」(同前)

 孫の処遇は、日本にとっても対岸の火事ではないのだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月8日号)

関連記事(外部サイト)