84年前の甲子園熱闘レポート「延長実に25回 中京-明石戦」

84年前の甲子園熱闘レポート「延長実に25回 中京-明石戦」

©共同通信社

 昭和8年8月19日、甲子園の準決勝で対戦した中京商業と明石中学は延長実に25回を戦い1-0で中京商が勝った。この試合を全国放送したJOBKの高野アナは「吉田投手も中田投手も全選手もヘトヘトです。最後の力、人間以上のエネルギーをしぼって戦っています。アンパイアも全観衆も、場内はすっかり精根尽き果ててクタクタです」としゃべっている。この試合を記念して、今も両校OBの交流が続いているようだ。

 なお、延長25回という試合は、現在に到るまで高校野球甲子園大会における最長記録である。

出典:「オール讀物」昭和8年10月号

■熱戦25回!

 得点は0、0、又0の連続!

 両軍投手ともに25回の完投!

 何もかも、世界記録を破った、この中京商業対明石中学の試合は、去る8月19日午後1時10分から、大阪甲子園球場に於いて行われたのである。

 この日、夜明から素敵に晴れ渡った空だ。準決勝とは言え、事実上の決勝戦。明石か? 中京か? この一戦を見ずして中等野球を語れるかとばかり、観衆は続々と球場めがけてつめかけた。前夜から、スタンド下に、毛布などを持ちこんで泊りこむ御定連だけでも物すごい位で、実にこの日の人出は、この全国中等学校野球大会始って以来の大観衆でその数2万を超えたと言われている。

 この盛上る大観衆に取囲まれて戦う若き両雄、明日の優勝戦はどうでもあれ、この一戦こそ相手にとって不足のない試合、意地にも勝たねばならぬ。意気と熱と血の衝突だ、決死の色を漂わせて、相対するベンチを見れば今日のヒーロー吉田、中田両投手の眼、自信に満ちて明るく輝く。

 果然、試合は大接戦となった。観衆の肝を冷した9回の裏が終って、何時果つべしと思えぬ延長戦は、焼けつく真夏の太陽の下、息づまる緊張裡に続けられる。冴えた両投手の腕にバタバタ進んで、15回、16回、遥か中堅後方の、16回迄を記録出来るスコアボールドも、足りなくなって来た。大工が慌ててそれをつぎ足す。それを追っかけて、0の字の列が延びて行く。ユーモラスな光景、そして、それも感ぜぬまでに、満場は次第に不気味な静寂に沈んで行った。

 一投一捕、興奮も、感激も、陶酔も、すべてを通り越して魅する様な緊張の空気のみ重苦しく場内を圧する。中継放送のアナウンサーばかり、数時間の饒舌に舌を硬ばらせながらも、狂気のように状景を放送しているのだ。

「両軍の投手も選手も、クタクタになっています。が、最後の力、人間以上のエネルギーを搾って戦って居ります。アンパイアも2万の観衆も、場内はスッカリ精も根も尽き果ててヘトヘトになって居ります……」

 しかも、そのアナウンサーも、いたましき限りの奮闘だ。急造のスコアボールドでは、回数を記す字もなく、無造作に書かれた0の羅列に

「多分、只今は23回の裏と存じますが……」

 と放送する程の疲れ方……。

 遂に、25回の裏、中京は好機を?んで無死満塁、そして1番打者大野木の一打によりこの歴史的大試合を閉じるサイレンが鳴り響いたのである。この瞬間、観衆も、選手も、暫らくは呆然として立ちつくすより他なかった。やがてスタンドの一隅から、目が覚めた様に歓声が上ると、それにつけて、始めて全観衆が狂った様に、ただウオーウオーと叫んで帽子を投げる、座蒲団を放り出す――嵐の如き光景を現出した。その中を両軍選手は喜びも悲しみもなく、ただ涙、涙の中にグラウンドを引き上げて行ったのであった。

■今回の試合は世界新記録

 さて、今回の驚異的延長戦記録に鑑み、わが国従来の球界史上に残る延長戦を参考までに左に記してみるならば、大正15年の全国中等学校大会の準決勝に於いて静岡中学対前橋中学が延長19回戦を行い5対4で静中が勝った事は読者の記憶にまだ残っているであろう。この時のバッテリーは、静中が上野、福島、前橋は丸橋、片桐であった。

 昭和四年の夏、大阪藤井寺球場に於いて行われた日本選抜中等大会の優勝戦で、松山商業と和歌山中学が1対1のまま延長戦に入り、21回戦を演じて遂に和中の優勝に帰した記録がある。この時のバッテリーは和中が山下、島本、松山は三森、藤堂であった。またこの試合の所要時間は4時間半で、午後1時試合開始、終了が5時半と言うのだから驚くべきものである。

 尚、中等学校の試合としては、水戸中学と水戸商業が対校試合を行った際、延々実に26回という記録を出してはいるが、大会としての試合では、25回がまさに延長戦の記録を破ったものである。

 その他、大学専門学校の試合記録を調査してみると、大正2年に来朝したスタンフオード大学対慶応の一戦が19回戦を行っており(3A-2で慶応の勝ち、投手は菅瀬)、大正15年7月京大グラウンドに於て行われた全国高専大会の決勝戦で、明大予科と五高がやはり19回戦を演じた結果、4対2で五高が勝っている。

 六大学リーグ戦に於ては、昭和2年秋の明立1回戦が17回、3対3の無勝負に終った記録がある。この時のバッテリーは、明大が中村(峰)、中津川、中村(国)に手塚、立教は縄岡、野田であった。

 終りに本場米国の例を2、3挙げてみよう。1720年5月1日ブルックリン対ボストンが、26回の大延長戦を行い、遂に1対1の引分に終ったのが最長である。この時の両軍の投手は最後まで完投して大なる賞讃を博しているが、今度の吉田、中田の完投は丁度、これに対比し得るものと言える。また、1728年にセントルイス対シンシナチが17回戦を行って、5対4でシ軍が勝っている。

 以上の記録を見るに、そのすべてを通じて、今回の明石対中京の如く、両軍無得点のまま延々実に25回もの延長戦を行っている記録は一つもなく、この意味から今回の試合は世界新記録を出したものである。

 8月19日午後1時10分、開始。

 審判、水上(球)、浜井、富永、伊藤(塁)4氏。

 先攻、明石中学。

 まず明石は意表に出て、中田をプレートに送る。中田は御存じのサウスポー。浮き気味の直球と大きく破れるインドロップを以て、不敵のピッチングを続けて、遂に13回を過ぎるまで、中京にあたえし、安打僅かに1であった。

 が、守備に於ては、明石、最初より意外にも不安の蔭を宿した。

 1回には、三塁手の暴投で無死走者を3塁に至らしめ、7回には、2死ながら走者2、3塁に置くの危機を惹起した。かくて、9回の裏明石は遂に無死満塁の大ピンチに襲われた。吉田まず遊撃左の内野安打に出て、杉浦のバントは永尾ハンブルした後、2塁上の吉田を狙って高投し、その球をバックアップした。中堅手がすぐ2塁に返球した。しかるに何事ぞ塁手は3塁に走る吉田に気をとられ、1塁から走って来た杉浦を殺し損なって失った。走者は無死で3、2塁と言う機に襲われ、明石の陣に動揺の色は更に濃くなった。が、中田はあくまで自信に満ちた投球を以て、田中を敬遠の四球に送り、冷然と満塁策をとった。

 中京には、早くも勝利の女神がほほえむかに見えた。しかも打者神谷に対して中田の投球は1-2と形勢益々不利。この時、中田の投じた必死の第四球を、待ち構えていた神谷逃さじとばかりに、これも必死にバットを振れば物凄い当りが投手強襲のライナー。が、その瞬間、中田のグローブはハッシとこれを受け止め、返すボールを3塁に送れば、吉田併殺されて忽ち2死。空を揺るがし、大地も割れんばかりの歓声、乱舞の中に、岡田の三振でこの回は終り、明石の危機は去り、中京絶好の機会を失して、試合は遂に両軍無得点のまま補回戦に入った。

 延長戦に於ける両軍は互いに一進一退、相変らずの中田、吉田の好投と、バックの死物狂いの防備に、全く白熱的とも言うべき回を重ねて行ったが、9回迄不振であった中京の打撃は、次第に脂が乗って来たかの如く、然も一方明石は、自軍の危き守備に幾度か白刃首に触れるが如き思いをしながらも、遂に25回目を迎うるに至った事は、矢張り、中等大会なればこそと言う感を抱かせるものがあった。――が遂に中京は巧みにチャンスを?んだ。第25回目に。俄然、勝利の女神は明石中学チームを見放してしまったのである。

 即ち、1番打者前田を四球に出した明石中田投手の無造作な投球は、たとえ疲れからとは言え次打者野口の行った、捕手前のバントを捕手福島が当然処理すべき筋のものでありながら呆然直立していたために中田が1塁へ投げたが間に合わず、無死走者1、2塁となしつづく鬼頭の3塁前寄りのバントを中田3塁へ投げて前田を刺さんとしたがこれまた間に合わず野選となって無死満塁のピンチとなり、大野木の2塁凡ゴロに対する加藤の本投も正鵠を得ずして前田の生還を許したのであって、力闘に疲れ果た明石はここに誤れる頭脳的プレーによってあきらめられぬ勝を譲るの止むなきに至ったのである。かくて、本邦野球史始まって以来の歴史的試合はここに悲壮なる幕を閉じたのであった。

 ここにスコアを掲げて、この画期的大試合を記念することにしよう。

 この一戦に示した両軍投手の鉄腕には唯々驚嘆の外なく、その技倆はまさに神技というべきである。この日、中京の吉田投手は前日の対浪華商業との一戦に受けた負傷を物ともせず、最後までプレートを固守した姿には、敵も味方も感服賞讃を惜しまず、一方明石の中田投手も楠本の補助の域を出で、最後に刀折れ矢尽きたとは言えその健闘は野球史上に永く残さる可きである。

(「オール讀物」編集部)

関連記事(外部サイト)