記者泣かせの“ソルティー”岩崎優 現状に満足しない男の秘めたる思い

記者泣かせの“ソルティー”岩崎優 現状に満足しない男の秘めたる思い

「ちびまる子ちゃん」に出る ©スポーツニッポン

 初めて投げかけた質問は「ちびまる子ちゃん」だった。13年11月18日、阪神タイガースからドラフト6位指名された岩崎優は故郷・静岡のホテルで仮契約に臨んでいた。日本人なら誰もが愛する名作アニメは、地元の清水市(現静岡市清水区)が舞台設定だ。どう猛で何でも食らいつく「虎番」にとってこれほどおいしい“ネタ”はない。

 取材前に立ち寄った静岡駅のカフェでどんな原稿に仕立てようか1人作戦会議をしても、もう「まるちゃん」が頭から離れない。野球に関する質問も用意しながら“岩崎 ちびまる子とコラボ”……そんな見出しの躍る紙面がグルグルと頭を巡っていた。

「将来的にちびまる子ちゃんに出演するのが究極の目標になるのかな?」。気づけば、囲み取材で真っ先に聞いていた。今振り返れば、強引過ぎる誘導尋問に左腕は「ちびまる子ちゃんと言えば、清水というイメージ。(将来的に)出られたらいいですね」と大人の解答をしてくれた。

■ありふれた意気込みににじんでいた強い気概

 あれから5年。まだ20代だった若手記者は虎番10年目になり、入団前の大学生はチームで中堅組になった。「あの質問ね……。いきなり何を聞くんだこの記者は、と思ったのは確かです」。今でも、あの取材現場について話題になる。初対面の記者からいきなり「ちびまる子ちゃんに出たい?」と聞かれたのだから、困惑するのも当然。ただあの日、岩崎はもう一つの誓いを立てていた。

「1日でも早く1軍で活躍できるようになりたいですね」

 誰でも口にできそうなありふれた意気込みは、立場を思えば強い気概がにじんだ。13年のドラフト組ではチーム内では最も下位指名で、同期入団には1位の岩貞祐太をはじめ、陽川尚将、梅野隆太郎と同世代が名を連ねた。国士舘大時代、練習試合で対戦した横浜商大のエース・岩貞を見て「ああいう投手がプロに行くんだ」と実感した無名のサウスポーは、1年目で開幕ローテーション入りを果たすなど「下克上」という名の有言実行を果たしてきた。 

 そして、今、ブルペンの中枢を担う。守護神・藤川球児、来日1年目のピアース・ジョンソンとともに「勝利の方程式」を形成し7、8回を任される。プロ入り2年間は先発として起用されたが、16年のシーズン終盤から中継ぎに転向。新たな持ち場で潜在能力を一気に開花させ、17年からは2年連続で60試合以上登板と、ポジションを確立した。矢野監督の就任1年目となった今年も、春季キャンプではチーム事情もあり先発再転向にも取り組みながら、開幕後はブルペンの一角に加わった。

■岩崎優の人間性、内面を感じられる時

 取材対象者としては、マウンド上だけでなく24時間、ポーカーフェースを貫く「難攻不落」な人物。「はい」「そうですね」「良かったんじゃないですか」……。登板後、虎番に発する言葉はどれもシンプルで素っ気ない。記者泣かせな“ソルティー”な男な一方で、時々、投じる質問に対して「温度」を感じるアンサーが返ってくる時もある。そんな岩崎優の人間性、内面を感じられる時が、聞き手としては、ちょっぴり嬉しくもある。

 今年で言えば、5月上旬にインフルエンザを発症して戦線離脱を余儀なくされた。更に、下半身の故障も併発するという負の連鎖で昇格のアピールどころか、コンスタントに登板を重ねることも困難だった。身心ともに滅入ってしまいそうな当時の状況について聞くと、予想以上の言葉数が返ってきた。

「(インフルに)なったものは仕方ないんで。この期間を無駄にしないように、あの時間があったから、と思えるようにやってきたので。それしかないと思いますよ」。言うは易し行うは難し。窮地にも立ち止まることなく、前へ踏み出し、感情を露わにすることなく、無表情のまま1軍にはい上がってきた。

 ならば、セットアッパーを託されるこの夏、勝敗の行方を左右する立場でどんな心構えでいるのだろうか。優勢、劣勢関係なく、ロングリリーフもこなした昨年との変化、違いを知りたかったが……。

■自ら強調した「現状維持」への強い抵抗感と脱却

「じゃあチャリコは鳴尾浜と甲子園で取材する気持ちは変わりますか? 変わらないでしょう。それが答えですよ」。いきなりの“けん制”に不意を突かれたが、分かっていても、口に出すことで理解が深まる言葉があることを教えてもらった。役回りが変わっても、目の前の打者、アウト1個を奪い取る仕事に変わりはない。そこに気負いもなければ、浮つくこともない。さらに、自ら強調したのは「現状維持」への強い抵抗感と脱却だった。

「(中継ぎで)3年目なんで。(ポジション的にも)昨年と同じではダメ。今の状況にも満足はしていないですし。もっと上を目指せるように」。現在は相手が上位打線ならジョンソンを前倒しで7回から起用することも多い。そこに人知れず悔しさを感じる男は、勝ちパターンに昇格して1カ月経たずで現状を打破し「迷わず岩崎」の形へ進化をはかろうとしている。

 向上し続けるサウスポーにとってただ一つ、不変なのがアマチュア時代から駆使する下半身の粘りを生かした独特の投球フォーム。プロ入り後も、全くいじることなく腕を振ってきた。「この投げ方でずっとやってきた。それができなくなったら終わりだと思っているので」。28歳にして「引き際」にすら思い至る。なかなか真似できることではない。周辺環境に惑わされず、ブレることのない芯の強さが、背番号67を支えてきた。

 アイキャントライ――。甲子園に左腕の信念を代弁する歌声が響き渡る。後半戦から突如として本拠地での登場曲を変更してファンの間でも話題になった。2軍で汗を流していた5月にリリースされた歌手・河野万里奈の「真人間入門」に収録されている1曲。多くを語ることは無くても「2軍にいる時、励みになった曲なので」とだけ言った。岩崎優は、挑み続ける。幼い頃から富士山を目にしてきた男は、今日もこの一瞬に満足することなく、高みを見据えている。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13155 でHITボタンを押してください。

(チャリコ遠藤)

関連記事(外部サイト)