「宇宙人には爪がなかった」 “UFOから生還した”青年が語った“あの6日間”【体験告白編】

「宇宙人には爪がなかった」 “UFOから生還した”青年が語った“あの6日間”【体験告白編】

テレビ出演中のトラビス(左) ©文藝春秋

「身体調査で激痛が……」 “UFOに誘拐された”トラビスの証言はウソか本当か?【生還編】 から続く

 1975年11月、アメリカ合衆国アリゾナ州で森林作業員をしていたトラヴィス・ウォルトンが失踪した。 

 失踪現場に戻るのを拒むほど、恐怖に震えていた同僚の若者たちが話したのは「トラヴィスはUFOに誘拐された」という衝撃の証言だった。

 70年代の米国は、「アメリカ人の51%がUFOの実在を信じており、11%が目撃した経験がある」(73年、ギャラップ調査)という調査結果もあったくらいの“SF・オカルト大国”だった。当時の空気感をあますことなく伝える、前述のトラヴィス・ウォルトン事件”を追った記者のレポートを再掲載する。

?

初出:文藝春秋デラックス『古代の遺跡とUFOの謎』1976年7月号
※本文中は当時の表記のまま「トラビス」に統一しています

(全3回の3回目/ #2 より続く)

◆◆◆

■「トラビスの体験は真実であると確信している」

 10日後、トラビスは事件後はじめて姿を現わした。ロレンゼン氏と共にCBS系のテレビ番組「フェイス・トゥ・フェイス」に出演したのだ。この中でAPRO会長はようやく次のように語った。

「トラビス事件は、3カ月前にニュー・メキシコで起きたものと酷似していて驚いている。8月13日の午前1時半頃、ある男(名前は公表できない)がUFOに誘拐された。あとで地上に帰されたが背中に負傷しており、放射性障害も受けた。この人は、トラビスが語ったのと全く同じタイプの“宇宙人”と“UFO内部”の描写をしている。ところがこの事件は、APROのみに報告され、公表されていないから、トラビスが知っていたということは、絶対にありえない。我々はこの点からも、トラビスの体験は真実であると確信している」

――この番組で、質問に答えるトラビスは弱々しい声で、終始伏し目がちのオドオドした感じだった。この時の彼の“体験談”を、のちに筆者が直接インタビューして得た話と合わせて、以下に再現してみよう。

■トラビスがようやく語った”宇宙人と暮らした6日間”

 逃げようとした時、頭を殴られたような衝撃をうけ、あとはわからなくなった。光線などは、何も見えていない。気がつくと、頭と胸がひどく痛み、目がカスんでいる。

 やがて低い天井と上から射し込む光に気づき、小さな病室のような部屋のテーブルみたいなものに寝ているのがわかった。3体の小さな人間のような生物が、上にかがみこんでいたので、ギョッとして起きた。その拍子に胸の上にあった箱のようなものが床に落ち、音がした。それは少し弓なりになっており、はだけた胸にのせてあったが、何もコード類などはなかった。箱が床で揺れ、それから出た光も揺れていた。

 彼らも驚いたようだった。胎児のように未発育の生物に見え、頭の皮膚はマシュマロのようで真っ白く、目だけが大きくて耳、口、鼻は小さい。眉毛も髪もなかった。手には5本の指、しかし爪がない。身長は1メートル半か、それ以下で、同じような茶がかったオレンジ色の、ゆるい上衣を着ていた。手首と首の部分はしまっていたが、ベルト、ボタンの類は見えなかった。

 私は大声をあげて飛びおり、部屋の隅に寄って身を守るものを探した。透明なプラスチックの筒のようなもの、50センチぐらいの棒が手に触れた。手に握って身構えた。“連中”は「やめろ」というような身振りをし、さっと部屋から出てしまった。

■UFOの中を歩いた

 部屋は蒸し暑くて息苦しい。奴らが戻って来ないうちに、と部屋を出て、廊下を反対方向に進んだ。ボンヤリと光が射しているが、どこからの光かわからなかった。廊下の壁も、なにかの金属のように感じた。

 入口を一つ見つけたので入ったところ、円形のドームのような部屋で、中央に金属製の椅子が一脚あった。周囲には星がたくさん見えた。ドームが透明で外が見えるのか、プラネタリウムのように内部から投射したのかわからない。

 椅子に坐ってみた。10センチほどの脚が1本、床からつなぎ目なしに出ていた。固いがラクな椅子だった。右腕の当たるところにテレビのようなスクリーンと、ボタンが25個ほど並んでいる。スクリーンには目盛のついた線がX形に写っていて、ボタンを押してみると、線上に光が走り、線は回転するように動いた。左腕にはレバーがついていた。力を押すとゆっくり動く。と、ドームの周囲の星たちが、急にすごいスピードで動き始めた。急いでレバーをもとに戻すと、止まった。

■微笑するだけで返事がない”人間”

 その時、1人の“人間”が入って来た。走り寄って声をかけたが、相手がふつうの人間ではないとすぐ悟った。微笑しているその人物は、頭には金魚鉢を逆さまにしたようなヘルメット、身体にぴったりしたライト・ブルーの着衣、黒いベルトという身なりで、顔色は褐色に近く、髪は伸ばしていた。上手には言えないが、アメリカの大都会なら、見かけそうな顔つきだった。

 無言で私の腕をとると、彼は廊下に出て進み、左手のドアの前に立った。左右にドアがスライドし、小部屋に入った。2分ほどいて別のドアを通り、廊下を通って外部に出た。今の小部屋は外部の空気と入れ替えるエア・ロックのようなものか、と思った。外に出ると、今までは大きな乗り物(UFO)の中にいたとわかった。それは私が山で見たものより大きく、筋も入っていなかった。外は大格納庫のようで、大変明るかった。斜面を下って床におりる。そこには他にも2、3台の別な形のUFOがあった。出てきたばかりのUFOは角ばっていて艶消しをした金属のような表面だったが、他のものは光っていて丸みがあった。

 格納庫の壁にある入り口を抜けて通路を歩き、突き当たりの部屋に入った。

 そこには、ヘルメットはつけていないが同じような“人間”がいた。2人が男、1人は女だったろう。全員同じユニフォームを着ていて、見たこともないハシバミ色の瞳と金褐色色の真っすぐな髪をしていた。

 案内して来た男は、そのまま別のドアから出て行った。3人に話しかけたが、やはり微笑するだけで返事がない。彼らはまず私を右手にある椅子に坐らせ、次いでテーブルに寝かせた(なぜ素直に指示に従ったのか、よくわからない)。そして、チューブもコードもない、酸素マスクのようなものを私の顔にかぶせた。それは黒いボールのようなものがついているだけだった。私は、かぶらせるとすぐ、また意識を失ってしまった。

■「喚きながら走った」ものすごいスピードで舞い上がったUFO

 次に気がついた時、私はアスファルトの上に横たわっていた。冷気を感じた。10メートル先の路上にUFOが光っており、それはアッという間に、ものすごいスピードで夜空に舞い上がって行った。音は全然聞こえなかった。

 闇に包まれて、あたりを見回すと、遠くにヒーバーらしい明りが見えた。とたんに恐怖に襲われ、私は喚きながら走った。どこをどう走ったのか、とにかく村はずれのガソリン・スタンドにたどり着いたのが真夜中だったのだろう。義兄に電話したが興奮していたので何を喋ったろうか。義兄は最初のうち、私を誰だかわからないようだった。彼らに助けられ、6日間も行方不明、と聞かされてびっくりした。1、2時間ほどのこととしか覚えていなかったからだった。

 落ち着いてからも頭と胸が痛く、吐き気がした。体重が5キロも減っていた。身体の具合が悪くなったのではないか、とすごく心配だったが、スチュアード博士のところに行ったら、催眠術をかけるというので、話が違うと帰ってきてしまった。

 私が昔からUFOマニアだったという人がいるが、全然そんなことはない。テレビを持っていないから、CBSが放送したというUFOの番組も知らないのだ。もちろん今ではUFOに興味をもっており、これからは謎の解明のために協力するつもりでいる。

■「その部屋には変な生物がいたか?」「イエス」

 年が明けて2月7日、APROがトラビスの回復を待って行なったポリグラフ・テストは、次のようなものであった(テストはフェニックスのイーゼル・ポリグラフ研究所、ファイファー技師によった)。

「11月5日以前、あなたはUFOマニアだったか?」
「ノー」

「11月1日以降、なにか麻薬を服用したか?」
「ノー」

「APROに真実を話したか?」
「イエス」

「11月5日夕方、青緑色の光線に打たれたか?」
「どんな光線かはわからないが、何かに打たれて倒れた。仲間は青緑色の光線だと言っている」

「UFO内の記憶は2時間くらいか?」
「イエス」

「変な部屋のテーブルに寝かされたことがある?」
「イエス」

「その部屋には変な生物がいたか?」
「イエス」

「他人と共謀してこの話をデッチアゲたのか?」
「ノー」

「体験を正確に話したか?」
「イエス」

 この日、兄のデュエインもテストをうけ、パスした。APROはこの結果をマスコミ関係者に通報したが、トラビス事件についての関心は冷め切っており、アリゾナでは全く報道されずに終ってしまった。

■UFO研究の権威が語る「トラヴィス・ウォルトン事件」

 3月22日、アメリカで最も信頼されているUFO研究科学者のハイネク博士(ノースウェスタン大学天文学部長、1949年、米空軍のUFO研究機関の依頼でコンサルタントをつとめた)が、フェニックスでトラビスと会見した。会見後、同博士はおよそ次のように語っている。

「少くとも彼はウソを言ってはいない。UFOに連れ去られたかどうかはわからないが、彼が『事件を体験した』と心から信じていることは確かだ。彼がこれまで、根拠のない中傷などに不当にさらされてきたと思う。私は“UFOの宇宙人と会った”人たち多数から話を聞いたが、トラビスの話は、それらのどれと比較しても、遜色がない。事件当時の現場は、夜間の気温で華氏8度(摂氏零下13度)。もしあのへんに彼が隠れていたとすると、ジーンズの上着とズボンでは6日間も生きられない。事件は終止符を打たれたわけではないのだ。結論を下す前に、慎重に、逆睡眠テストなど、いっそうの調査を続けるべきである」

 この発言は同日の『フェニックス・ガゼット』紙一面に大きく報道された。「ウォルトンはウソを言っていない。UFOの権威が語る」と題したこの記事を皮切りに、それまでUFO事件を黙殺してきたアリゾナのマスコミは、再び、「トラヴィス・ウォルトン事件」や、それ以外のUFO関係事件に目を向けるようになった。ハイネク発言の3日後、フェニックス上空でUFOが目撃された際には、テレビも含めて、大きく取り上げたものである。

 今後、「トラヴィス・ウォルトン事件」について、より詳細な調査が進むにつれ、これまで知られなかった事柄が明るみに出ることだろう。そしてマスコミもまた、それを競って報道することになるだろう。

(冨山 正弘)

関連記事(外部サイト)