UFOに誘拐されたのか、少年たちに殺されたのか 人口600人の村で起こった奇妙すぎる事件【誘拐編】

UFOに誘拐されたのか、少年たちに殺されたのか 人口600人の村で起こった奇妙すぎる事件【誘拐編】

©iStock.com

 1975年11月、アメリカ合衆国アリゾナ州で森林作業員をしていたトラヴィス・ウォルトンが失踪した。 

 失踪現場に戻るのを拒むほど、恐怖に震えていた同僚の若者たちが話したのは「トラヴィスはUFOに誘拐された」という衝撃の証言だった。

 70年代の米国は、「アメリカ人の51%がUFOの実在を信じており、11%が目撃した経験がある」(73年、ギャラップ調査)という調査結果もあったくらいの“SF・オカルト大国”だった。当時の空気感をあますことなく伝える、前述のトラヴィス・ウォルトン事件”を追った記者のレポートを再掲載する。

?

初出:文藝春秋デラックス『古代の遺跡とUFOの謎』1976年7月号

※本文中は当時の表記のまま「トラビス」に統一しています

(全3回の1回目/ #2 へ続く)

◆◆◆

■アメリカでは半数以上が「UFOは実在する」と回答

 アメリカでは一般大衆のUFOに対する関心が高い。73年のギャラップ調査では「アメリカ人の51%がその実在を信じており、11%がUFOを目撃した経験がある」という結果が出ている。

 地方都市の成人向け夜間講座には「UFOLOGY」なる課目が堂々と存在し、毎回受講希望者が殺到している。多くの科学者や技術者、専門家もUFO現象解明に力を注いでおり、昨年10月にはアーカンサス州フォート・スミスで、「UFOコンファレンス」と銘打った大規模な会議が催され、全米はもちろん世界各国から、著名な科学者や研究者が集まって、意見交換を行ったほどである。

 こんな状況だから、アメリカのマスコミのUFO関係記事も、からかい半分の取り上げかたは比較的少なく、出来るだけ客観的に伝えようとする努力がうかがわれる。たとえばここにご紹介する「トラヴィス・ウォルトン事件」などは、アメリカ人のUFOへの関心度、マスコミの対応のしかたなどを示す好例であるといえそうだ。

■「夕陽かな?」空中に浮かぶ、光り輝く物体が出現!

 アリゾナ州の州都フェニックス市。そこから北東へ車で3時間、サボテンの生えた丘陵地帯を越えたところに、ナバホ群ヒーバーという小さな村がある。人口600というこの片田舎で、驚くべき大事件が発生したのは、75年11月5日、水曜日の午後6時15分頃のことだった。

 村から南へ約20キロ、国有林の山道をガタガタの小型トラックが走っていた。

 1日の伐採作業を終えた作業員が7人。マイケル・ロジャース(28)、彼の妹の婚約者トラビス・ウォルトン(22)、ケネス・ピーターソン(25)、アラン・ダリス(21)、ジョン・ピアス(17)、いずれも若者たちばかりだった。

 運転台にいたロジャースは、ふと前方右手の松林の向こうに、黄色っぽく輝くものを見つけた。「夕陽かな」と一瞬思ったが、それにしては向きがおかしいなと、なおも車を進めた。そして、7人はそこに大変なものを発見したのである。

 車の右手の、約20メートルあまり離れたその空地に、光り輝く物体が、5メートルほどの空中に浮かんでいたのだ。

 直径約5メートル、高さ約2.5メートルのその物体は楕円形に見え、黄白色に輝いていた。窓のようなものはなく、黒っぽい“わく”のような線が何本か見えた。

 助手席の(右側)にいたトラビス・ウォルトンが「止めろ!」と叫んだ。そしてまだ止まり切らないうちにドアをあけ、好奇心に駆られたように、その物体のすぐ下まで走って行ってしまった。残った仲間たちは、「早く戻って来い」と口々に叫んだ。異変が起こったのは、その時だった。

■「UFOに誘拐された!?」青緑色の細い光線がトラビスに貫通 

 空中の物体から「ピーッ、ピーッ……」という断続音が聞こえ、ついで発電機が始動する時のような、「ウォーン、ウォーン、グォーン、グォーン……」といううなりが聞こえた。物体は振動を始め、まるでコマが揺れるような、おかしな動きが始まった。

 トラビスは、危険を感じたのか一瞬、うずくまったが、次に立ち上がった途端、物体の底部から青緑色の細い光線が流れた。

 それは、トラビスの頭から胸にかけて閃いたようだった。彼は虚空をつかみ、頭をのけぞらせると、3メートルほど後方にすっ飛んで、仰向けに倒れてしまった。

 この光景に仰天した6人には、トラビスを助けることなど思いもよらなかった。ロジャースは、あわててアクセルを踏み、現場から一目散に逃げだしたのである。

 4、5メートルも走ったところで、責任者のロジャースは、ようやく車を止め、うしろを振り返って見た。光る物体が飛び上り、東北の空へ遠ざかって行くのが、木立を通して認められた。そこで、現場に戻ってトラビスを助けることにしたが、こわごわさっきの道を引き返してみると、怪しいものはもちろん、15分ほどの間にトラビスの姿もかき消えていた。

■「ウソの演技をしていたんだとすれば、まったく名優ぞろいだね」

 一行はヒーバー村へ急ぎ帰った。そして7時35分頃、ナバホ郡副保安官チャック・アリソンに助けを求めたのである。

 副保安官が応対してた時、彼らは非常に動転しており、中にはすすり泣いている者もいた。アリソンはのちに語っている。「もし連中がウソの演技をしていたんだとすれば、まったく名優ぞろいだね」

 アリソン副保安官は早速、本部に連絡をとると、捜索隊を出すことにした。6人の若者のうち3人は、現場に戻るのをこわがって拒否した。他の村人達を加えた捜索隊は夜の9時半頃、現場に着いたが、怪物体もトラビスも、何の手がかりをも残していなかった。そこで翌11月6日は、早朝から本格的に捜索が行われた。ヘリコプターも動員し、50人以上の人が出て、付近の山林一帯をくまなく探した。しかしトラビスは、どこにも見つからない。翌日もその次の日も、捜索は続行され、現場から1キロ以上も離れた南の断崖のあたりを重点的に、ヘリによる捜索を試みたが、あいかわらず手がかりはなかった。

■「丘の頂上に着陸した」主婦も目撃! 相次ぐUFO情報

 大騒ぎになった。事件が地元のマスコミと、UFO研究団体に伝えられたからだ。アリゾナ州には、テューソン市にUFOの科学的捜査活動で有名なAPRO(空中現像研究機構)の本部がある。フェニックス市にも、やはり科学的調査をモットーにしているMUFON(ミューチュアル・UFO・ネットワーク)の姉妹機関GSW(グランド・ソーサー・ウォッチ)がある。

 両団体ともそれぞれの調査員を現地に送りこみ、またアメリカ最大のUFO研究団体NICAP(全米空中現像調査委・本部ワシントン)も調査員を派遣した。調査員たちは、現場の三流放射能・磁器測定、目撃者のインタビューなどを開始。一方では地元アリゾナの新聞、ラジオ、テレビが、続々と記者を送りこんで取材を開始したことも、もちろんである。

 保安官事務所では、6人の供述が一致していることから、ウソとは思えないとしながらも、デッチアゲまたは共謀による「トラビス殺し」の可能性もある、としていた。11月7日、ナバホ郡保安官のマーリン・レスピーは記者会見でこう言った。

「地域一帯を捜索したがトラビスは発見できなかった。ウソとは断定できないが、来週早々、ポリグラフ・テストを行なう。」

 副保安官サイク・ロモはこう語った。「事件発生以来、多数のUFO目撃報告が寄せられている。ある主婦はUFOが丘の頂上に着陸したのを見たと言ったし、巨大なUFOがヒーバーの西にある高圧線上空を舞っていると言う者もいた。あまり多すぎて記録しきれないほどだ。……」

 事実、この辺一帯の町や村は、UFOでもち切りだった。事件の2週間前、テレビ番組にUFO目撃談が放映されたため、関心は強かった。番組に刺激された7人の若者の大芝居だとの説も現われ、いっそう、ポリグラフ・テストが注目されたのである。

■確度97%のポリグラフテストで「UFOを見た」と証言

 ガレスピー保安官の要請により、アリゾナ州公衆安全局の専門家サイ・ギリソン技師によるテストは、11月10日、月曜日にホルブルックの町で行われた。

 結論を先に記せば、6人の目撃者のうち5人がテストをパス、アラン・ダリスは興奮しすぎていて不確定、とされた。

 合計11問の内、事件に関係のある質問と答は次の通りである。

「先週水曜日の午後、トラビスに重傷を負わせたか?」
「ノー」

「仕事仲間の誰かがトラビスに重傷を負わせたか?」
「ノー」

「トラビスがどこに埋められたかどうか知っているか?」
「ノー」

「トラビスがいなくなった時、UFOをみたというのは本当か?」
「イエス」

 ギリソン技師は、次のように発表した。

「目撃者たちがUFOだと考えた“何か”を見たのは確かだ。ポリ・テストは97%の確度を持つ。これだけ多数の人間が、ウソをついてテストをパスするということは、考えられない。ただしその“何か”がUFOだったかどうかは、不明である」

UFO誘拐事件【生還編】 へ

「身体調査で激痛が……」 “UFOに誘拐された”トラビスの証言はウソか本当か?【生還編】 へ続く

(冨山 正弘)

関連記事(外部サイト)