“主題歌男子“急増中 「あなたの番です」田中圭も……なぜ俳優たちは歌い始めたのか

“主題歌男子“急増中 「あなたの番です」田中圭も……なぜ俳優たちは歌い始めたのか

現在放送中ドラマ「TWO WEEKS」にて主演で主題歌を担当している三浦春馬 ©文藝春秋

 最近、主題歌男子が増えている。「主題歌男子」とはドラマに出演しながら主題歌も歌っている男性俳優のこと。勝手にそう呼んでいるだけだが。

■「あなたの番です」田中圭、「TWO WEEKS」三浦春馬も

 今期だと「あなたの番です 反撃編」(日本テレビ系 日よる10時30分)の田中圭が役名・手塚翔太名義で主題歌「会いたいよ」を歌い、9月にはCDをリリースする。また、「TWO WEEKS」(フジテレビ系 火よる9時)では三浦春馬が 「Fight for your heart」を歌い、すでにCDが発売された。前クールでは高橋一生が「東京独身男子」(テレビ朝日系)の主題歌「君に会いたい??Dance with you??」を、亀梨和也が「ストロベリーナイトサーガ」(フジテレビ系)の主題歌「Rain」を彼のファーストソロシングルとして発表、山下智久が「インハンド」(TBS系)で13年の「SUMMER NUDE」(フジテレビ系)以来5年半ぶりにドラマとタイアップ、主題歌「CHANGE」を歌った。

 また、自身は出演していないが、菅田将暉が同じ事務所の松坂桃李が主演の「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)の主題歌「まちがいさがし」を歌うというケースもあった。

 主題歌男子は織田裕二や反町隆史、古くは中村雅俊、水谷豊など存在してはいるのだが、最近の主題歌男子はちょっと違う。その違いが新時代のドラマを物語る鍵になっていると見ることができる。ここでは利点及び心配な点、両方について考えてみたい。なお、福山雅治や星野源などミュージシャンが俳優をやって主題歌を歌うケースはここでは省く。武田鉄矢も。

■“主題歌男子”と言えばジャニーズ

 主題歌男子といってまっさきに思い浮かぶのは、ジャニーズである。むしろ、主題歌男子の専売特許といってもいい。ジャニーズの場合、歌と芝居が両輪なので、ミュージシャンが主演ドラマの歌も歌うという、福山、星野、武田的なパターンといえないこともないが、それはさておく。ジャニーズの主役のドラマでは、嵐やV6、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMPなどなど彼らが所属するグループが主題歌を担当することが少なくなく、主人公と主題歌がパッケージ化されることが多かった。そんななかで山下や亀梨のようなソロで、よりドラマと密な雰囲気を醸すことも時々ある。ちなみに亀梨は過去にも、劇中の役のなまえ・修二と彰として山下智久と主題歌を歌ったこともある。直近だと、「家政婦のミタゾノ」(テレビ朝日系)で、 TOKIOの松岡昌宏が主人公のドラマの主題歌「戯言」を、メンバーの城島茂が島茂子という演歌歌手設定で歌うという企画もあった。

■俳優が歌う流れを作った「カルテット」

 ドラマの主題歌を主役ひとりが歌うより、主役が所属するグループが歌うことで、ドラマと一定の距離が取れる。これが、登場人物名義だと企画感があって話題にはなる。一方、主人公と主題歌がまとまってしまうと、主演のプロモーション映像的なイメージができて、主演以外の視聴者が置き去りにされる不安もややある。

「あなたの番です 反撃編」は田中圭が亡き妻を思って泣くときに主題歌がかかることがコーナー視されていて、それはそれでお楽しみなのだが、 田中圭の圧倒的な叙情性とコメディのハイブリッドで大成功した「おっさんずラブ」のように作品として昇華できるか、おもしろコーナーで終わるか注目したい。

 ジャニーズの場合は圧倒的にファンが多く、彼らのスターのポテンシャルありきで制作されたドラマが多数なので、主役と主題歌のオールインワンで全然良かったのだ。ところが、昨今、ジャニーズではない俳優たちが続々歌いはじめた。

 この流れの最初は、配信だった。2017年、1月期の「カルテット」(TBS系)で共演する松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平がドラマ限定ユニット・Doughnuts Holeとして主題歌「おとなの掟」のフルバージョンの配信を行った。その後、夏のドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)では、窪田正孝、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜が「DISH//と凡下高がやりました」として主題歌を歌って配信。ちなみに主題歌担当のDISH// (ディッシュ)は窪田正孝と同じ事務所の北村匠海が所属している。

■新時代の“主題歌男子“の先駆けはディーン・フジオカだった

 その後、ディーン・フジオカが「今からあなたを脅迫します」(17年 日本テレビ系)、「モンテ・クリスト伯??華麗なる復讐??」(18年 フジテレビ系)と主演と主題歌のワンパッケージ化を続けざまに行う。かれこそ最近の主題歌男子の先駆けといってもいいだろう。これで、いけるぞ、と業界が踏んだのか、その後、高橋一生、田中圭、三浦春馬と続々、配信企画でなく、しっかり主題歌を歌い出した。ドラマの感情を増幅できることや話題性にもなるとはいえ、どれも、かつての織田裕二や反町隆史時代のように高視聴率ドラマではないので、小商い感が拭えない。いま、視聴率のとりにくいドラマはこういう小商い(グッズなどを売る)に力を入れるしかなく、その点では人気俳優と歌というパッケージは正解であろう。

■主題歌のヒットとドラマのヒットは比例している

 かつて、KinKi Kidsの「愛されるより 愛したい」と「僕らの勇気 未満都市」のドラマのマッチングは傑作だったし、主人公と主題歌もハマればドラマの盛り上がりを増幅させる。もともと、月9全盛期などは、「東京ラブストーリー」の小田和正、「ロングバケーション」の久保田利伸など、ここぞというところに主題歌がかかって盛り上げるテクニックの極地で、主題歌の力はドラマのヒットにかなり寄与していた。いまも、米津玄師やback number、あいみょん、Superfly、椎名林檎に宇多田ヒカルに中島みゆきなどなど、この人のこの歌がかかると問答無用にドラマが盛り上がるというアーティストは多くいる。

 とはいえ、最近は音楽業界も景気が悪い。ミュージシャンとのタイアップ作戦よりも、出演俳優の人気にあやかる作戦??要するにジャニーズものと同じ戦略にシフトせざるを得なくなっているのではないか。それが主題歌男子である。 ジャニーズの専売特許のようなところもあったが、今後はますます主演と主題歌、オールインワン体制が増加してくる可能性はある。

■これからの俳優は「歌えないといけない」のか

 ……となると大変なのは、俳優は歌も歌えないといけなくなるということ。ビジネス業界で推奨される、副業、小商いの波はドラマにも来ていて、余計なお世話だがご苦労しのびない。

 その点、三浦春馬は、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」で歌唱力の高さを誇っていたので、「Fight for your heart」にも安心感がある。田中圭も高橋一生も極めて器用であるし、俳優だから情感がこもっているところが良い。ほかに、歌えて演じられる人物としては、もともと音楽活動もやっていた小池徹平がいる。彼もミュージカルにも出ていてその歌はハンパない。ほかに注目は中村倫也。中村もミュージカルに主演もしているうえ、「アラジン」の主題歌をテレビの歌番組などで披露している。舞台「クラッシャー女中」では帝劇(ミュージカル)を意識してという演出家の指示に従って(公演パンフレットより)朗々と歌っていた。最近の人気の高さから、ドラマ出演と歌の組み合わせが誕生しないとも限らない。

 ほかに山田孝之がうまい。竹内涼真も主題歌男子予備軍だ。ほかにもまだまだ主題歌男子候補はたくさんいそう。でも実はうまいということが大事なのではなく、求められているのは、“意外”と歌がうまいというサプライズ感であろうか。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)